東京外かく環状道路(関越~東名)工事現場付近における調布市道の陥没・空洞事象について、世田谷区から事業者に要請を行いました(令和2年12月)

最終更新日 令和2年12月22日

ページ番号 189459

東京外かく環状道路(関越~東名)本線シールドトンネル(南行)工事現場付近の調布市道において10月18日に発生した陥没事象につきましては、10月20日に保坂区長から外環事業者に対し、4項目の早急な確認とその結果を区へ報告し、区民に周知を行い、原因究明がなされるまで工事を再開しないよう、要請しております。

こうした中、12月18日に開催された「第5回 東京外環トンネル施工等検討委員会 有識者委員会」の陥没・空洞事象に関する調査状況の中間報告を受け、12月22日に保坂区長から国土交通省、東日本高速道路株式会社、中日本高速道路株式会社へ下記の4項目について、要請を行いました。

要請の概要

・陥没・空洞事象に関する説明会を1月を目途に開催し、区民に説明を行うこと。

・陥没・空洞事象の原因究明調査及び掘進完了箇所における調査について、進捗状況及び結果の詳細を引き続き区に情報提供すること。

・十分な再発防止策、安全対策が講じられるまでは、工事の再開をしないこと。

・ランプシールドトンネル、地中拡幅の施工に際しては、十分な事前調査を行い万全の安全対策を講じること。

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

道路・交通計画部 道路計画課

電話番号 03-5432-2548

ファクシミリ 03-5432-3067