世田谷区耐震改修促進計画

最終更新日 令和元年5月1日

ページ番号 13086

切迫性が指摘されている首都直下地震による建築物の被害・損傷を未然に防ぎ、区民の生命・財産を守ることを目的として、区内の建築物の耐震化について、その目標、促進を図るための施策等を定めています。平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の被害や平成27年度までの計画の進捗状況を踏まえて計画の改定を行いました。

世田谷区は、令和2年度までに住宅の耐震化率95%を目指します。

今後、世田谷区はこの計画をもとに早期の耐震化の実現に向けた取り組みを図ってまいります。

また、重点的に以下の施策に取り組んでいきます。

  1. 緊急輸送道路沿道建築物の耐震化
  2. 民間特定既存耐震不適格建築物等の耐震化
  3. 分譲マンション管理組合への積極的働きかけ

自助・共助・公助による「安全・安心まちづくり」にむけて、皆様方のご理解、ご協力をお願いいたします。

計画は、このページの下の添付ファイルをご覧ください。

耐震改修促進計画は、次の場所でもご覧になれます。

防災街づくり担当部防災街づくり課 (世田谷区役所第一庁舎4階)区政情報センター(世田谷区民会館内)、各総合支所区政情報コーナー図書館

添付ファイル添付ファイルの閲覧方法

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

防災街づくり担当部 防災街づくり課 耐震促進担当

電話番号 03-5432-2468

ファクシミリ 03-5432-3043