新型コロナウイルス感染症に対して高齢者として気をつけたいポイントについて

最終更新日 令和2年9月4日

ページ番号 185520

「新型コロナウイルス」に対して高齢者として気をつけたいポイントが、日本老年医学会のホームページに掲載されました。

 (以下、日本老年医学会ホームページより抜粋)

                                                                                                           .

新型コロナウイルス感染症は、高齢者や基礎疾患がある方は重症化しやすいことが明らかになっています。
 自分自身を守るために手洗いを中心とする感染予防が必要です。
また、人が多く集まる場所を避けることなどが言われており、家に閉じこもりがちになりますが、高齢者にとっては合わせて「動かないこと(生活不活発)」による健康への影響が危惧されます。 

「生活不活発」により、フレイル(虚弱)が進み、心身や脳の機能が低下していきます。
 動かない時間を減らし、自宅でもできるちょっとした運動でフレイルを予防しましょう。

日本老年医学会では、先の見えない自粛生活でのフレイル予防について一般向けにポイントをまとめました。ご覧いただき、フレイルを予防し、抵抗力を下げないようにしましょう。

PDFファイルを開きます「新型コロナウイルス感染症」高齢者として気をつけたいポイント(PDF:723KB)

                                                                                                      .

また以下のページにて、ご自宅でできるフレイル予防のご案内をしておりますので、ぜひご覧ください。

自宅でできるフレイル予防について

【高齢者の方へ】新型コロナウイルスの影響による外出自粛での「体力の低下」に気をつけましょう【4月24日17時更新】(生活文化政策部市民活動・生涯現役推進課)

コロナ禍にて運動不足になりがちな方々へ、自宅でも簡単にできるエクササイズの動画です。(公益社団法人世田谷区スポーツ振興財団)

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

介護予防・地域支援課 介護予防・地域支援担当

電話番号 03-5432-2953

ファクシミリ 03-5432-3085