こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

FMラジオ区提供番組「区長の談話室」紹介・平成30年12月の「区長の談話室」(ゲスト:山木正義氏、山木静枝氏)

更新日:平成30年12月10日

ページ番号:0124227

「区長の談話室」とは

コミュニティFMラジオ局「エフエム世田谷」では、世田谷区提供番組「世田谷通信」の中で、保坂区長がゲストと対談する『区長の談話室』を放送しています。

毎回、様々な分野に精通するゲストをお迎えして世田谷の魅力や今後の区政について様々な角度からお話していきます。

放送日時 

毎週第1・2日曜日 午前11時30分~正午

(補足)第2日曜日は再放送です。

平成30年12月の「区長の談話室」

 12月2日・9日放送 区長の談話室 「健康長寿の秘訣はこれだ!」

(補足)9日は2日の再放送です。 

世田谷区では、いつまでも安心して暮らし続けられる地域社会の実現をめざし、「参加と協働の地域づくり」を推進しています。なかでも高齢者が元気に活動できる「健康寿命」を延ばすことはとても大切です。

最近の研究では、運動や食事と併せて社会参加が健康長寿に効果的であることがわかっています。地域には高齢者の力を必要としている様々な活動があります。健康で長生きするため、地域に出て活動してみることも重要です。百歳を迎えたゲストから健康長寿の秘訣をお伺いします。

 山木ご夫妻のこれまで   

  • (パーソナリティ)さて今日も区長の談話室お送りしていきたいと思います。保坂展人区長、今日もよろしくお願いいたします。
  • (区長)よろしくお願いします。
  • (パーソナリティ)今日のゲストをご紹介したいと思います。成城にお住まいの山木正義さん、静枝さんご夫妻です。よろしくお願い致します。
  • (山木夫妻)よろしくお願いします。
  • (区長)よろしくお願いします。
  • (パーソナリティ)正義さんなんですが、なんと今年で100歳になられたという事ですね。
  • (正義氏)はい。100歳になりました。
  • (パーソナリティ)本当にお元気ですよね。ということで、今日はですね、区長、「健康長寿の秘訣はこれだ!」と題しまして、100歳になられた山木正義さんと、奥様の静枝さんと一緒にですね、健康で長生きするその秘訣を教えて頂こうということでお送りしていきたいと思います。よろしくお願いします。
  • (区長)よろしくお願いします。区のお知らせのですね、10月15日号にめざせ健康長寿ということで山木さんのお写真と、ガッツポーズなんですが、お祝い100歳という写真が入っています。実はお宅を訪問させて頂きましてお話を伺って、こういうお話はもう少し多くの人に聞いてもらいたいなぁと思って、今日はぜひよろしくお願いします。
  • (正義氏)よろしくお願いします。
  • (区長)まず、山木さんは大正のお生まれですか。
  • (正義氏)大正7年4月5日でございます。
  • (区長)で100歳になられて。西暦だと1918年。まさに100年前ということになりますよね。お子さんの頃、少年時代は身体が弱かったとお聞きしたんですが。
  • (正義氏)はい、私が生まれた頃はね、母親の乳が飲めないくらいね、大変弱かったようです。大丈夫かな、なんて話もあったそうでございます。
  • (区長)で子どもの頃ですね、病気をしたりとかそういうこともあったんですか。
  • (正義氏)もうしょっちゅう風邪をひいておりまして、物心ついた時もそうですが、小学校に入りましても大体2,3か月に一回はもう風邪をひいて休みましてね、特に3年か2年の時は休んだ方が多かったみたいですね。
  • (区長)じゃあ、少し弱かったんじゃなくて、うんと弱かったかもしれないですね。
  • (正義氏)ええ。弱かった。
  • (区長)どちらかというとね。で、山木さんの世代だとやはり戦争の時期がありますよね。山木さん自身は大学で研究されていたということですね。
  • (正義氏)ええ、ちょうど大学におりましてね、戦争が始まったのが昭和16年の12月ですけれども、翌年の4月に大学に入りまして。その当時は大学の先生や雰囲気ではこの戦争はもう負けるよと、専らそういう話だったんです。それで私は身体がわりあい今の話のように丈夫じゃないもんですから、何と言いますか、簡単に言いますと、船をね、軍艦を造ろうと思ったんですよ。戦争に、海軍兵学校は無理なんで、じゃあ軍艦でも、優秀な軍艦をこしらえて国のためになろうという単純な考えで鉄を専門にやりましたです。鉄鋼ですね。
  • (区長)鉄鋼の研究ですか。
  • (正義氏)そうです。軍艦は鉄の塊ですから、特に軍艦用の鉄鋼を勉強しておりまして。それで卒業しましたけれども、大学にいる間は海軍の出身のプロフェッサーについて勉強しておりました。
  • (区長)そして戦争にはそういうことで行かずに。
  • (正義氏)ですから、戦争中は大学には通っておりましたけど、第一線には行っておりません。
  • (区長)そして戦後はやはりその鉄の研究を活かして。
  • (正義氏)ええ、それで戦争が終わったんですけれども、これは困ったなと。重工業はやらせないという話もあったんですけれども、そのうちにやってもいいということになりまして、それでどうしようかと思ったんですけれども、ちょうど私のプロフェッサーが、東京にある、ある鉄鋼会社の顧問になって、私もずっと生まれてから東京におりましたので、それじゃあその会社に入ろうかということで、終戦直後にですね、その会社に入ったんです。
  • (区長)そうですか。山木さんはいつ頃から世田谷区成城にお住まいですか。
  • (正義氏)私は今の家におりますのは終戦直後です。
  • (区長)そうですか。まさに戦後と共にずっと世田谷暮らしを。世田谷暮らしはいかがですか。
  • (正義氏)大変快適に過ごさせてもらってます。
  • (区長)そうですか。また奥様の静枝さんとはいつどんな形でお知り合いになったんでしょうか。奥さんいかがですか。
  • (静枝氏)はい、私、和歌をやっておりまして、それで白蓮先生の弟子になりまして、白連先生と男の方がお友達でして、その男の方が主人の方の家族と知り合いでございまして、それでこういう人がいるからっていうんで、お見合いになりまして、それで一緒に結婚しました。
  • (区長)なるほど。もう長い人生を共に過ごされてきていかがですか。
  • (静枝氏)大変なこともございましたけれども、主人も優しい方ですので、まぁ幸せでございました。
  • (パーソナリティ)素敵ですね。
  • (正義氏)私のね、両親がわりあい長生きだったもんで相当苦労したと思いますよ。
  • (区長)なるほど。それでも先ほど子どもの頃病気がちだったと。でもお勤めを定年で終えてからですか、あるいは会社にいた頃ですか、何か大きな病気もされたようなことも。
  • (正義氏)実はですね、会社を辞めてからね、70歳くらいで辞めましたけれども、それからね、丈夫になったんです。わりあい元気になった。
  • (区長)会社を辞めて丈夫になったんですか。
  • (正義氏)それからわりあい元気になりましてね。
  • (区長)ああ、そうですか。
  • (正義氏)ただね、大きな病気は3度ほどやりました。
  • (区長)どんな病気でしたか。
  • (正義氏)一つは、心筋梗塞。急性心筋梗塞。これはやっぱり救急車に乗って運ばれたんですが間に合いましてね、ですからここに今もステントが入ってます。
  • (区長)そうですか。
  • (静枝氏)30分遅かったらもう駄目だった。もう主人は救急車に何回乗ったか分かりません。
  • (区長)そうなんですか。
  • (静枝氏)それで救急車呼びますよって私が言うと、呼ばなくてもいいって言うんですけれどもすぐ呼んで。そうするともう、今晩一晩大丈夫でしたら奥さん大丈夫ですよ、30分遅かったら駄目ですよとか、そういうことばっかり言われて。
  • (区長)かなり危ない状態だったんですね。
  • (静枝氏)はい。それで、子どもたちが幼稚園の時、お子さんを幼稚園からお呼びになってください、って。危ないですから、お父さんが危ないですからって。
  • (区長)それを乗り越えて。まず心筋梗塞をやられて、そこは30分早かったんで間に合った。
  • (正義氏)もう一つは皮膚がんになりまして。それもですね、なかなか皮膚がんというものが分かりませんでしたけれども、その辺のお医者さんには。ある病院でようやく皮膚がんだということで、先生に診てもらったら、これはもう皮膚がんだと。ただまだ間に合うよっていう話になってすぐに即入院しましてね、手術をして、お陰様で治りました。
  • (区長)手術は大変な手術でしたか。
  • (静枝氏)大変でした。
  • (正義氏)はい、ひざの辺りの皮膚を二枚とりまして、それを悪いところ、相当広い範囲をとって、悪いところに貼る・・・
  • (区長)どこが皮膚がんだったんですか。
  • (正義氏)へそ下三寸ですね。
  • (区長)へそ下三寸。なるほど、その辺り。そこをじゃあ皮膚を取って取り換えるというか。
  • (正義氏)皮膚を取って貼るのは大変らしいですね。
  • (静枝氏)うちに帰りましても出血しますしね、もう大変でした。
  • (区長)そういう意味では、ずーっとお元気で100歳ということではなく。
  • (静枝氏)ではないです。
  • (区長)かなりヒヤヒヤすることも。
  • (静枝氏)はい、そして眼もやりました。
  • (区長)眼の手術をされたんですか。
  • (正義氏)ええ。やっぱりあの虹彩炎なんですね。虹彩炎のちょっとひどいのにやられましてね、両方とも。それを先生に治してもらって。
  • (区長)ただ会社の勤めを終えられてからですか、お宅に行きましたら世界中色々と旅行に行ったよというお話もお聞きしました。随分行かれたんですね。
  • (正義氏)もう方々回りましたね。ちょっとオーバーに言えばほとんど地球の上を歩いた感じにも。
  • (区長)ほとんどですか。
  • (パーソナリティ)素晴らしいですね。
  • (区長)じゃあヨーロッパとか、アメリカとか。
  • (正義氏)ヨーロッパは全部行きましたけどね。
  • (区長)全部、ほとんどの国。
  • (正義氏)アイスランド、グリーンランド、南米もパタゴニアまで行きました。ブラジルも全部。それからアフリカもね、喜望峰も行きました。
  • (区長)奥様も一緒に。
  • (静枝氏)いえいえいえ、私は留守番でした。
  • (正義氏)ヨーロッパには一緒に行きました。
  • (パーソナリティ)そうなんですね。
  • (静枝氏)私は血圧が高かったもんですから、ですからそういうところには行きませんって言って。
  • (区長)世界中を旅行しながらも少し危ない事もあるという、そのあたりどうやって健康を維持してきたのかっていうのを。
  • (正義氏)旅行するのにはね、差し障りのある病気じゃないわけですよね。
  • (パーソナリティ)奥様は今ちょっとえーっていうお顔をされていますけれども。
  • (正義氏)さっきのような病気だったら治ればもう。
  • (区長)じゃあその秘訣をちょっと後半に。
  • (パーソナリティ)そうですね。この後後半に伺っていきたいと思います。

 健康長寿の秘訣とは

  • (パーソナリティ)さて今日の区長の談話室は「健康長寿の秘訣はこれだ!」と題しましてお送りしています。ゲストは世田谷区内にお住まいの山木正義さん、そして静枝さんご夫妻です。引き続きよろしくお願いいたします。
  • (正義氏)よろしくお願いします。
  • (区長)10月15日の世田谷区のおしらせに大々的に山木さんのガッツポーズ、お写真も載りましたし、何か周りの方から見たよっていうそんなお声ありましたか。
  • (静枝氏)はい、随分ございました。
  • (区長)いかがですか。山木さん。
  • (正義氏)なんていいますか、私もこれは世田谷区で有名人になったなっていう、そういうふうな感じでございました。
  • (区長)そうですか。
  • (正義氏)随分方々から反応がありました。
  • (区長)それは良かったです。旅行以外のね、趣味を色々お持ちになったって事ですが、どんな趣味があるんですか。
  • (正義氏)会社におりますときはね、当時のサラリーマンは三つね、趣味を持つべきだっていう話が、当時はそうだったんです。一つは囲碁ですね。それからゴルフ、もう一つは小唄なんです。
  • (区長)小唄。
  • (正義氏)はい。たまたま私がね、会社の雰囲気もそうだったんで、鉄鋼会社っていうのは派手ですから、ゴルフはやったんです。あまりうまくなりませんで、ハンデ20ぐらいで終わりました。それから小唄はですね、当時の私の会社の偉い人がみんなそれこそやったんですよ。特に鉄鋼会社は派手ですから、それはお師匠さんについてやりまして、会社やめてからもやりまして、唄はね、300くらい習いましたね。
  • (区長)じゃあ随分お歌いになったんですね。
  • (正義氏)三味線もやりましてね。
  • (区長)あぁそうですか。
  • (正義氏)男性は三味線はほとんどやらないんですが、私は欲張りましてね、師匠に頼んで三味線までね、習わしてもらいました。
  • (静枝氏)大変でした。大変でございました。
  • (区長)大変でしたか、奥さん。
  • (静枝氏)はい、唄がね、下手なもんですから。子どもたちが主人の唄を聞いてて「お父さん、ここはこうだよ」「こうですよ」って言って、随分注意されて、子どもの方が上手くなりました。
  • (正義氏)私の両親はいましたけれども、そういうことを全然教えない、音楽がね、みんな音痴なんですよ。それで音楽については関心がないもんで。それよか勉強をしろという方でしたから、そういうことは私も全く音痴で。一緒になりましてからね、こちらの親父さんがね、そういう方が上手いんですよ。それで私もね、今言ったように会社で何か歌えるくらいにならないとダメなもんですから、家で色々やってましたけれどね、全然もう笑われました。
  • (区長)そうですか。
  • (正義氏)随分ね、骨を折りました。
  • (区長)でも健康のためにはね、唄を歌うっていうのは。
  • (静枝氏)はい、声を出すことは・・・
  • (正義氏)今になってみれば大変脳のために良かったんですけれど。随分それは骨を折りました。みんなに笑われました。
  • (区長)そしてもう一つ囲碁。囲碁ですね。
  • (正義氏)囲碁ですか。囲碁はね、手がね、現役のころは回らなかった。
  • (区長)あ、手が回らなかった。
  • (正義氏)ゴルフと小唄だけは。囲碁はね、やらなかったんで、辞めたあとでやっぱりちょっと全然やらないのは残念だなと思いまして、84歳から始めたんです。
  • (パーソナリティ)へぇー。
  • (区長)84歳からですか。
  • (パーソナリティ)囲碁を。
  • (正義氏)83歳でパソコンを勉強しまして。
  • (区長)83歳で。
  • (パーソナリティ)パソコンを。うわぁ素晴らしい。
  • (正義氏)はい、その頃は、私の頃はパソコンがないですから、やりまして、84歳でやっぱり囲碁をやらないのはしゃくだと思いましてね、習いまして。
  • (区長)これは今も続けていて。
  • (正義氏)はい、今も囲碁は続いて、毎週水曜日に行っております。上野毛まで。
  • (区長)成城から上野毛までけっこう距離がありますが。
  • (正義氏)たまたまね、上野毛の先生に習い始めたもんですから、上野毛の先生の教室に。
  • (区長)そうですか。
  • (正義氏)もう一回は囲碁の友達が増えましたんでね、これはちょっと余談ですが、本来の友達がみんな駄目なんですよ、亡くなっちゃって。
  • (区長)100歳になられてね。
  • (正義氏)それで囲碁を習ってから新しい友達がだいぶ増えまして。
  • (区長)囲碁の仲間。囲碁教室で。
  • (正義氏)はい、それでまぁそのうちの一人の方とは毎週木曜か金曜にですね、新宿の碁会所に行ってやっております。
  • (区長)すごい活発ですね。
  • (パーソナリティ)ほんとですね。
  • (区長)奥さまの静枝さんの方は元々ね、唄をお作りになるということですけれども、
  • 趣味の方はいかがですか。
  • (静枝氏)はい、もう私はこれってのはございません。今は囲碁が趣味で。
  • (区長)じゃあ一緒に行ってらっしゃる。
  • (静枝氏)いいえ、別々です。喧嘩しますから。
  • (区長・パーソナリティ)(笑)
  • (正義氏)こっちの方がずっと上手いですから。
  • (区長)これも我々にとっては参考になるお話かもしれない。
  • (パーソナリティ)そうですよね。
  • (区長)やはり距離が少しあった方がいいですか。
  • (静枝氏)そうですね。ですから家ではいたしません。二人では。
  • (パーソナリティ)囲碁をしないんですか。二人では。
  • (静枝氏)どっちかが負けると、男の人はなんですかね、悔しいんですかね、だからお父さんしますかって言っても、今日はいい、今日はいいって。
  • (区長・パーソナリティ)(笑)なるほど。
  • (静枝氏)余談ですけどね、上の娘が私の教室に来てるんですよ。一緒に。その娘の方が早く上手くなりましてね。やっぱり若い時からやらないとダメですね。それで主人とはやるし、主人も娘とはするんです。
  • (パーソナリティ)奥様とはしない。
  • (静枝氏)私とはしません。
  • (区長)別々の教室に通ってらっしゃって。
  • (静枝氏)はい。その方がいいみたい。
  • (正義氏)頭の体操のつもりでやっております。
  • (区長)もう一つ、健康長寿ということだと食生活とか、運動ですね、そういうことは一応何か心掛けていらっしゃることはありますか。
  • (正義氏)私はですね、食べる方はですね、なんでも満遍無く食べるようにしております。特に肉が多いですね。
  • (区長)ああ、そうですか。
  • (正義氏)なんでも全部家内に任せておりますから、余り好き嫌いはございません。
  • (パーソナリティ)好き嫌いがないっていうのはいいですね。
  • (区長)お料理の方は何か工夫されてることは。
  • (静枝氏)そうですね。でも今、娘が10日に1回くらい来てくれまして、冷凍できるものはしといてくれて、カレーライスとかシチューとかそういうものは娘が作ってくれます。
  • (区長)ああ、そうなんですか。
  • (静枝氏)今、私はそういうものは作らない。あとはお野菜とかお魚とかそういうものだけ私が作って。私の作ったものを美味しい美味しいって、娘の作ったものも美味しい美味しいって。もう必ずご飯のあとは美味しかったねって言ってくれます。
  • (区長)山木さん、幸せですね。
  • (正義氏)そうでございますね。
  • (区長・パーソナリティ)(笑)
  • (正義氏)もう習慣になってましてね、食べ終わった後はごちそうさまと美味しかったって自然に出ちゃう。でもまぁ幸いだと思います。ありがたいと思っております。
  • (区長)それと何か運動をされる、そういうことはどうですか。
  • (正義氏)それはですね、ゴルフはもうやめましたし、あとは簡単に言いますと、身体の関節ね、あれが錆びないようにしょっちゅう動かしてます。そのために自己流のですね、体操ですね、いわば。毎日必ずやっております。できれば朝晩もやっております。色々新聞雑誌なんかを見ましてね、書いてありますね、それを自分なりに集約してですね、首の関節、手の関節、これが錆びないように。
  • (区長)なんだか部品みたいですね。
  • (パーソナリティ)錆びないように。さすがですよね。鉄を扱ってたから。
  • (正義氏)結局は足ですね。下半身が弱くなりますと。それを防ぐために歩く運動ですね。
  • (区長)そうですね。
  • (正義氏)それをやっております。
  • (区長)そうですね。でも結構囲碁教室までも出掛けられますから。それは大事ですよね。
  • (正義氏)そうです。普段でもしょっちゅう外をね、歩いております。
  • (静枝氏)雨の日はうちの中を歩くんでございます。それなもんですからね、せっかくお掃除してるからゴミが出るからやめてくださいって言うんですが、私が。それがもう、上から下、階段をそれをもう50回くらいやるんです。
  • (パーソナリティ)ええ!
  • (静枝氏)今は20回くらい。
  • (正義氏)今はね、階段の上り下りはやっておりませんけれども、平らな所をですね。昨日も実は1時間ほど家の周りを歩きました。
  • (パーソナリティ)1時間ですか。
  • (正義氏)はい。休まないでですね。
  • (パーソナリティ)休まずに。すばらしい。
  • (正義氏)今言ったように雨が降った日は狭い部屋ですが部屋の中をですね、歩きまわって1000歩から1500歩くらい歩いております。
  • (区長)もう一つですね、気持ちの持ち方でどうですか、わりと楽観的な方ですか、それともくよくよする方ですか。
  • (正義氏)やっぱり楽観的ですね。
  • (区長)楽観的。
  • (正義氏)どうかするとやっぱりね、しょぼんとすることもありますけど、こりゃいかんっていうんで、すぐ変えましてね。
  • (区長)変えるの大変じゃ。
  • (正義氏)悪い事は考えない。
  • (区長)それは奥様からご覧になっていかがですか。
  • (静枝氏)そうですね、わりあい切り替えが早いんじゃないかと思いますけれど。
  • (区長)やっぱりストレスを抱えてしまう方も多いじゃないですか。
  • (静枝氏)溜めないように。そうですね。
  • (区長)それでわりとふさぎ込んでしまったりとか。今お話しててもね、次から次へと色んな話題が出て来ます。
  • (静枝氏)そうなんです。
  • (区長)やはり普段話すお友達がね、囲碁の関係などでもいるということは大事なことですよね。
  • (正義氏)やっぱり外へ出て他人様を色々と話しないとだめですね。
  • (静枝氏)でも家でもよくしゃべります。二人で。そうすると娘たちが、お母さんたちは、年取れば普通はおしゃべりはしないでぶすっとしてるようだけど、うちはどうしてこんなにおしゃべりするのって言ってますけど。
  • (パーソナリティ)素敵ですよね。
  • (静枝氏)よくしゃべりますね。
  • (正義氏)やっぱり皆さまとね、お会いしててもね、しゃべらないと困っちゃいますよこっちが。つい私の方からね、しゃべったりそういうふうな感じでございますね。
  • (区長)ご夫婦ではどんな話題が多いんですか。
  • (静枝氏)そうですね、やっぱり何が多いってわけじゃないんですけど、囲碁に行ったときはお互いに今日は負けたとか勝ったとか、こうだとかああだとか言ってますけどね、だけど普段は別になんていうわけじゃないんですけど、喋ってますね。
  • (正義氏)テレビを話題にするとか。
  • (静枝氏)テレビの。そう世間の。
  • (区長)今日のニュースとか出来事とかね。
  • (区長)たぶん世界中行かれてるんでね、テレビのニュースでも、あぁ行ったことあるっていうのもね、そういった国も多いでしょうね。
  • (静枝氏)はい。
  • (パーソナリティ)仲のいいのが秘訣のようなそんな感じがしますね。
  • (区長)なんかね、常にこうお話をしてご夫婦でもお話をして、また活発にね、動かれて。ぜひですね、これからもお元気で過ごされてください。
  • (正義氏・静枝氏)ありがとうございます。
  • (パーソナリティ)区長、最後に一言ぜひリスナーの皆さんにお願いできますか。
  • (区長)今日はですね、山木さんご夫妻、お二人とも囲碁をやって教室に出て行くってこともすごいなと思うんですが、別々のとこに行くってとこがね、またすごくて、やはり一人ひとりご夫婦であってもね、お互いを尊重されて、その上で努力もされて、そうやってお話をするってことも本当に大事だなと、出歩くことも大事だなというふうに思いましたんで、聞いてる皆さんも山木さんのお話を参考にですね、元気でやってほしいなと思いました。
  • (パーソナリティ)わかりました。今日はですね、健康で長生きする秘訣についてということで色々とお話を伺いました。どうもありがとうございました。
  • (山木夫妻・区長)どうもありがとうございました。

写真12月放送

(左から、山木正義氏、パーソナリティ、保坂区長、

山木静枝氏)

過去の「区長の談話室」 

平成30年2月の区長の談話室「考えよう!自然エネルギー~電気が結ぶ自治体間連携」(ゲスト:干臺俊氏、松下洋章氏)の内容

平成30年3月の区長の談話室「東日本大震災から7年、3・11を忘れない!」(ゲスト:佐藤仁氏、二宮裕氏、大塚茂之氏)の内容

平成30年4月の区長の談話室「世田谷の「はっぴい」がここにある~フェリーチェお店紹介」(ゲスト:池田奈津世氏)の内容

平成30年5月の区長の談話室「中学校の夜間学級で多文化を学ぶ」(ゲスト:牧野英一氏)の内容

平成30年6月の区長の談話室「人と人との交流から世界が見える~バンバリー市との姉妹都市提携25周年」(ゲスト:ポーリーン・ビューケリック氏)の内容

平成30年7月の区長の談話室「空き家が親子の憩いの場に生まれ変わった!」(ゲスト:橋本陽子氏、武部文子氏、中野瑞子氏)の内容

平成30年8月の区長の談話室「悲しみを生きる力に!グリーフサポート」(ゲスト:入江杏氏)の内容

平成30年9月の区長の談話室「待って!その電話、詐欺かもしれません!」(ゲスト:鈴木佳枝氏)の内容

平成30年10月の区長の談話室「文化財を伝える守り人」(ゲスト:今田洋行氏)の内容

平成30年11月の区長の談話室「郷土資料館でボロ市の歴史を感じよう!」(ゲスト:武田庸二郎氏)の内容

このページについてのお問い合わせ先

広報広聴課

電話番号03-5432-2009

ファクシミリ03-5432-3001

トップページへ戻る

このページのトップへ