こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

FMラジオ区提供番組「区長の談話室」紹介・平成31年3月の「区長の談話室」(ゲスト:香山桂子氏)

更新日:平成31年3月11日

ページ番号:0124227

「区長の談話室」とは

コミュニティFMラジオ局「エフエム世田谷」では、世田谷区提供番組「世田谷通信」の中で、保坂区長がゲストと対談する『区長の談話室』を放送しています。

毎回、様々な分野に精通するゲストをお迎えして世田谷の魅力や今後の区政について様々な角度からお話していきます。

放送日時 

毎週第1・2日曜日 午前11時30分~正午

(補足)第2日曜日は再放送です。

平成31年3月の「区長の談話室」

 3月3日・10日放送 区長の談話室 「あなたの『働きたい』『雇いたい』を応援します!」

(補足)10日は3日の再放送です。 

三茶おしごとカフェは就労支援だけでなく、区内事業所の人材確保も併せて支援する施設で、発足から5年を迎えました。

また今年1月末からは、子育てをしながら働く人が、個人のライフスタイルに合わせて、子育てと仕事を両立させることができる多様な環境整備のため三茶おしごとカフェ内に「子育てしながら働くことができるワークスペース事業」(愛称:チャチャチャ)を試験的に運用しています。

おしごとカフェと合わせて新しくできた「チャチャチャ」を紹介します。

 あいさつ、ゲストとテーマ紹介   

  • (パーソナリティ)区長の談話室の時間です。保坂区長、今日もよろしくお願いいたします。
  • (区長)よろしくお願いします。
  • (パーソナリティ)さて、私たちは今日、三軒茶屋の世田谷産業プラザ2階にあります「三茶おしごとカフェ」というところに来ているんですよね。
  • (区長)そうですね、本当に賑わっている施設なんですが、このおしごとカフェの中にですね、新たな場所ができたと聞いて、ちょっとワクワクしながらやってきたわけです。
  • (パーソナリティ)はい。この「三茶おしごとカフェ」ご案内して頂けるのは、世田谷区工業・ものづくり・雇用促進課長の香山桂子さんです。よろしくお願いします。
  • (香山氏)よろしくお願いいたします。
  • (パーソナリティ)私、ここのスペースに初めて足を踏み入れたんですけれども、明るくって、なんかいろんなことがはかどりそうだなってことを、とっても感じられる、そんなスペースですね。
  • (香山氏)ありがとうございます。今、お話いただいたように、明るい雰囲気で気軽に来て頂けることを期待しております。
  • (パーソナリティ)はい。ということで今日は『あなたの「働きたい」「雇いたい」を応援します!』と題しまして、この「三茶おしごとカフェ」を、そして新しくできた「子ワーキングスペース」という施設もご紹介していきたいと思います。よろしくお願いします。
  • (区長・香山氏)はい、よろしくお願いします。

 三茶おしごとカフェの概要 

  • (パーソナリティ)では早速なんですけれども、香山課長、この「三茶おしごとカフェ」というのはどういった施設なんですか。
  • (香山氏)はい、「三茶おしごとカフェ」は、平成25年10月に世田谷区三軒茶屋就労支援センター、愛称「三茶おしごとカフェ」として開設いたしました。この施設は、主に区内にお住まいで就職を希望される方への支援と、区内企業の人材確保事業のふたつの機能があります。平成26年1月には、ハローワーク渋谷の分室「ワークサポート世田谷」が併設され、就職を希望する方は、渋谷に行かずに三軒茶屋で求人を検索することができ、窓口で紹介することができるようになりました。また、どうやって仕事を探していいか分からない方は、専門のカウンセラーによる相談でセミナーなどを受けることもできます。もうひとつの機能は、区内企業の人材確保です。求人ニーズにあった人材マッチングを行い、来年度からは求人開拓員を配置して、区内企業に訪問して人材確保に力を入れたいと思っております。
  • (パーソナリティ)はい。いろんなことが双方向にちゃんと成り立っているというね、そういう場所なんですね。
  • (区長)そうですね。藤咲さん、ここは区の施設ではあるんですが、極力役所っぽい雰囲気を出さないようにということで、香山さんたち女性が中心になって、知恵を出して設営してくれました。お母さんたちが、お子さんを連れて仕事を探しにやってくるキッズコーナーなどもあってですね、なにより世田谷区内で仕事を探すときに、これまでは渋谷の駅から少し歩くハローワークに行ったわけなんですが、ここには実は端末が10台も導入されているんですね。そしてハローワークの職員さんがいつも5人常駐しています。ここを作るのに厚生労働省の東京労働局というんですが、何度も交渉というかお願いに行きまして、実はふるさとハローワークという制度の最後にですね、この世田谷区の「三茶おしごとカフェ」ができあがったということで・・・
  • (パーソナリティ)そうすると、当に自分が住んでいるところでお仕事を探したり、自分のところでお仕事をしてくださる方を見つけたりすることが、ここで全部成り立つということで、気軽に来られる、そういうスペースなんですね。ここの「三茶おしごとカフェ」というのは、香山課長は設立からずっと携われたということなんですけれども、スタートから5年ですか。今、どうですか。
  • (香山氏)はい、私が係長のときにここを立ち上げまして、以前ここは太子堂出張所だったんですね。太子堂出張所がお隣に移転すると聞いたので、私はぜひここを就労支援センターにしたいということで提案して、区長にお願いして変えていただきました。その前は4階のほうでやっていたんですが、窓口が3つしかなくて、その頃は紙ベースで台帳で広げていたので場所もなく。
  • (区長)壁に貼ってあったりしましたね。
  • (香山氏)貼ってありましたね。皆さんにはご不便をかけていたと思うんですね。なのでぜひ就労支援センターを2階にどうしてもということでお願いしてここを作っていただきました。5年たって今お話にあったように、カフェのような雰囲気で求職者の方や求人の方が気軽に立ち寄ってできる場になったということは大きなメリットだと思います。また区長がお話して頂いたように、子連れの方がバギーでここに入ってきて支援ができるっていうのは、今までになかった施設だと思います。渋谷のほうにマザーズハローワークがありますけども、渋谷の坂をバギーで上がって行かなければならないという所だったので、ここにできたっていうことは、女性の就労支援センターということでもね、すごく活躍できる場だったということが成果だと思っています。
  • (パーソナリティ)三軒茶屋の駅からもとても近いですしね。では、早速なんですけれども、今のお話を聞いていて、リスナーの皆さんもどういう場所なのかっていうことがとても気になると思うので、ちょっとご案内して頂きたいと思うんですけれども。「三茶おしごとカフェ」の中を、香山課長、案内して頂けますか。
  • (香山課長)はい、わかりました。
  • (パーソナリティ)よろしくお願いします。

   三茶おしごとカフェの施設案内

  •  (香山氏)それではおしごとカフェのご案内をさせて頂きます。まず入って右側ですが、右側には先ほどお話したハローワークがあります。検索機10台と反対側にはカウンセラーの方が紹介状を渡すようなコーナーになっております。
  • (区長)モニターがね、並んでますよね。
  • (香山氏)今日も何人かが利用されているようですね。
  • (区長)検索して、これっていうものがあると、ちょうど反対側のハローワークの方に色々とお尋ねするということですね。
  • (香山氏)コーナーを回りますと、検索機でもうまく自分のお仕事が探せない方は、こちらのカウンセラーの方にご相談して、どういう支援を受けたらいいかっていうような、綿密なご相談を受けるようなコーナーになっています。そして反対側ですね。こちらの反対側には広く机が並んでいるんですが、ここは自由に情報を収集するコーナーですので、見たり、こちらに端末機がありますのでネットで色んな検索したりとかできるような形です。また何かここで商談みたいなことをしたりする方もいるかと思います。
  • (区長)書類を書いたりっていう事もね、ちょっと面接に行く前に、とかいう事もありますもんね。
  • (香山氏)そうですね。あと、応募できるようなシステムもあります。
  • (区長)奥に進んでいくと、カラフルですね。真っ赤な椅子とか。キッズコーナー。
  • (香山氏)そうですね。ここが今までにない女性コーナーと言いまして、キッズコーナーもありますので、女性の方がお子様連れで支援を受けたい時にこちらに来て頂いて、お子様はそこでちょっと遊んで頂いて、ここでカウンセラーの相談も受けるような場所になっています。
  • (パーソナリティ)こちらの方にもちゃんとスペースがあるので、お子さん遊ばせておければ安心して相談できますね。
  • (香山氏)そうですね。
  • (区長)またオープンスペースの相談コーナーがあるけれども、ちゃんと扉が閉まって声が漏れない、そういうプライベートが保たれる相談コーナーもあるんですよね。
  • (香山氏)はい、こちらの方は、社会保険労働相談だとかメンタル相談だとかも定期的に行ってますので、応募して頂ければ利用できるようになっております。
  • (パーソナリティ)プライベートなことをちょっと聞かれたくないなって方はこちらを利用してっていうこともできるわけですね。
  • (香山氏)そうですね。はい。
  • (区長)一番奥には、これかなり広い部屋になりますよね。
  • (香山氏)そうですね。こちらの方はセミナールームですが、以前はこの隣になかったので3階でやっていたんですが、すぐにこちらでできるようなセミナールームがあります。月に10回から13回くらいやってますね。
  • (区長)何人くらい入るんでしたっけ。
  • (香山氏)50人くらい入りますかね。
  • (区長)研修会とか。
  • (香山氏)そうですね。
  • (区長)あと、僕が来たときには保育士さんが欲しい保育園と、保育園で働きたい保育士さんのマッチング。色々こう、うちの保育園はと訴えて、ここは聞きたいなってところとお話するような、そんなこともやってましたね。
  • (香山氏)そうですね。保育のマッチング事業もやっていますね。ハローワークの方やマザーズハローワークの方が来て、ここで面接会をやることもあります。
  • (パーソナリティ)色々なセミナーに活用しているスペースもあるというわけですね。わかりました。さぁそして、エレベーターのすぐ手前のところにあるお部屋は。
  • (香山氏)はい、こちらが新しくできました「子ワーキングスペースチャチャチャ」と言います。
  • (パーソナリティ)その「チャチャチャ」という可愛らしい名前ですけれども、こちらについてはこの後ゆっくりと香山課長にお伺いしていきたいと思います。よろしくお願いいたします。
  • (区長)はい、ドアを開けるのが楽しみなんですよ。
  • (香山氏)はい、区長も初めてですね、今日が。
  • (区長)はい。
  • (パーソナリティ)よろしくお願いします。

 子ワーキングスペースの紹介、

  • (パーソナリティ)さぁ香山課長、早速この「子ワーキングスペース」と書いてあるところ、中に入ってみたいと思います。ちょっとドキドキしますね。
  • (区長)わぁすごい。落ち着いて仕事ができる環境が、6人分ですか、6人が同時に使えるんですね。
  • (パーソナリティ)机が並んでますね。
  • (香山氏)はい、やっと6席できた感じでしょうかね。明るい雰囲気でよくできたかなと思っております。
  • (パーソナリティ)この「子ワーキングスペースチャチャチャ」というものなんですけれども、香山課長、ここはどういう所なのかということを詳しく説明して頂いてもいいですか。
  • (香山氏)はい、区では子育てと仕事が両立できるような保育施設を預けるには、0か100で保育園に預けるか、預けられなければ働けないっていう選択肢しか今までなかったと思うんですね。しかし今、多様な働き方で週三日とか、そういう働きたいっていう方のためにこういうスペースがあったらいいなぁっていう風に私が係長の時代から考えてまして、区長とご相談してやっと3年越しでここに達成したといったところです。
  • (パーソナリティ)じゃあ実際に、具体的にどういう方が利用できるんですか。
  • (香山氏)はい、一応ですね、区内の保育所の一時預かりに預けた方が、ここを利用するような形になってます。
  • (パーソナリティ)お子さんを預けて、そしてご自身がお仕事をするために、こちらにいらっしゃってお仕事ができるっていう。
  • (香山氏)はい、そうですね。理想はワークスペースのそばに保育施設と一体になっているとよかったんですが、なかなか立地状況も上手くいかなかったので、どちらかというと先ほどご説明した、おしごとカフェの良さを活かして、ここをワークスペースにしました。
  • (パーソナリティ)そういう方だったら、どなたでもご利用できるっていうことなんですけれども。
  • (区長)実際にね、一時預かりのお子さんを、一時的に預けたお母さん達の中には、例えば保育園付近のですね、カフェとかで仕事をされてる方も多いって聞いたんですね。ですからこういう場所が近くにあれば、安心して集中して仕事ができて、また朝から夜までの保育園で必ずしもなくても、こういう場所があれば自営業の方とか自分のリズムで仕事が作っていける、そんな特徴ですね。
  • (香山氏)そうですね。一時保育所の方にヒアリングに行きましたところも、預けて、ご自宅に帰ってまた来てっていう方もいますし、区長がお話しましたように喫茶店でっていう事がありますので、子育ての方って時間がとても大事だと思うので、その保育所とワークと自宅の三角形をなるべく小さくしてあげたいなっていうのが理想ですね。
  • (パーソナリティ)料金とか時間っていうのはどういうふうになっているんですか。
  • (香山氏)はい、一応4時間で300円頂いています。8時間の場合は500円頂いています。
  • (パーソナリティ)そうすると本当に短時間お子さんを預けて、ちょっとこの時間だけ仕事を集中したいっていう方にはとってもいいですね。
  • (香山氏)そうですね。やはりお子さんが小さいうちはまぁ4時間くらいっていうのが多いのではないんでしょうかね。
  • (区長)このスペースね、三軒茶屋にちなんで何て命名されてますか。
  • (香山氏)はい、三軒茶屋なので「チャ」が三つで「チャチャチャ」っていう名前を付けました。
  • (パーソナリティ)ちょっと覚えやすいですしね。
  • (区長)そうですね。
  • (パーソナリティ)そしてデスクが6席と。それからここの時間帯としては朝何時からですか。
  • (香山氏)9時から使えるようになっております。
  • (パーソナリティ)9時から夕方まで。
  • (香山氏)夕方5時までですね。
  • (パーソナリティ)Wi-Fiも使えてということで。もうこれはね、ちょっとフリーランスとかでお仕事されている方とかにももってこいですね。
  • (香山氏)そうですね。ご自宅でやらないでここでやって頂いて、お買い物して、お迎えに行くっていうパターンがいいんじゃないかと思います。
  • (パーソナリティ)沢山の方に利用してほしいですね、区長。
  • (区長)そうですね。まだ1月の末からですから、初めて知ったっていう方はぜひね、試してみて頂きたいなと思います。
  • (パーソナリティ)はい。で、実はですね、ここを利用されているという方とお電話が繋がっているので、このあと利用されている方の声っていうのを一緒に聞いてみたいと思います。

 利用者の声 

  • (パーソナリティ)今日は『あなたの「働きたい」「雇いたい」を応援します!』というふうに題しまして、三茶おしごとカフェと、そして新しくできた子育てをしながら働くことができるワークスペース、愛称「チャチャチャ」というところをご紹介しているんですけれども、ゲストは世田谷区工業・ものづくり・雇用促進課長の香山桂子さん、引き続きよろしくお願いいたします。
  • (香山氏)よろしくお願いいたします。
  • (パーソナリティ)先ほど「チャチャチャ」のスペースを一緒に見て来たんですけれども、このスペースをご利用なさっているというA子さんとですね、今日はお電話が繋がっていますので、利用されてどうだったかということなど、感想などお聞きしたいと思います。区長、ぜひよろしくお願いします。
  • (区長)A子さん、世田谷区長の保坂です。よろしくお願いいたします。
  • (A子氏)もしもし、はい、よろしくお願いします。
  • (区長)この「チャチャチャ」をですね、使って頂いた第一号というふうに聞いているんですが、お子さんはおいくつくらいなんですか。
  • (A子氏)はい、今、子どもが2歳にちょうどなったところです。
  • (区長)なるほど。この「チャチャチャ」を知ったきっかけはどんなとこだったんでしょうか。
  • (A子氏)私よく、そちらの「チャチャチャ」があるスペースの下の方ですか、よく散歩とかで通るので、たまたまポスターを見かけたんですね。もともとそういうワークスペースみたいなのに興味があったので、あ、ちょっとこれはと。はい。
  • (区長)なるほど。今はお仕事を育児休業中とかですか。
  • (A子氏)はい、そうです。今、仕事自体は育児休業中で、また4月から復帰予定というような状態です。
  • (区長)なるほど。そうするとなんかこう、やっておきたい作業とか、仕事っていうのがおありだったわけですよね。
  • (A子氏)はい、そうですね。やっぱり育児休職中にしかできない事と言いますか、やりたいなっていうのがありまして。
  • (区長)はい。そしてそのポスターを見てですね、訪れてみていかがでしたか。お使いになってみて。
  • (A子氏)はい、空間もかなり静かで、作業しやすいスペースが用意されていて、すごく使い心地は良かったです。
  • (区長)そうですか。そうするとまたこれからも使ってみたいというふうに思われましたか。
  • (A子氏)はい、そうですね。これからもやはり駅が近いっていうのもいいなっていうのもあって、預けるスペースから近いので、家に帰らなくていいっていうところでは、ちょっと度々利用したいなとは考えています。
  • (区長)ありがとうございます。じゃあちょっと香山課長に代わりますね。
  • (香山氏)こんにちは、香山です。
  • (A子氏)はい、お世話になっております。
  • (香山氏)第一号と聞いてとても嬉しかったです。今、お話伺って、やはり駅に近いというところがメリットかと思いますし、また育休中に何か仕事がしたいという方がA子さんのようにたくさんいるんじゃないかなと思いますので、ぜひまた引き続きお願いいたします。
  • (A子氏)はい、こちらこそお願いします。
  • (区長)この「チャチャチャ」はですね、ひとつの社会実験っていいますか、こういうスペースがあったら、ちょうどA子さんのようなお母さん方、使って頂けるかどうかっていうことを、きっとニーズがあるっていうことをですね、昨年から始めたおでかけひろばに子ワークがあるというタイプのですね、事業もはじめて、大変多くの人が申し込んでくれているものですから。ここ自体はワークスペースと一時保育との組み合わせっていうことなんですけども、こういう場を活かして頂けたらなと思うので、ぜひお友達とかですね、広げて頂けたらと思います。
  • (A子氏)はい、わかりました。
  • (パーソナリティ)はい、どうもありがとうございました。上手にね、活用して頂いているということでお話伺いました。A子さん、これからも子育てとお仕事との両立、大変でしょうけれども頑張ってください。どうもありがとうございました。
  • (区長)今日はありがとうございました。
  • (香山氏)ありがとうございました。
  • (A子氏)はい、ありがとうございました。

 区の就労支援策、まとめ

  • (パーソナリティ)ということで、お電話で利用していらっしゃる方の声をお聞きして、いかがですか、香山課長。
  • (香山氏)今、A子さんのお話ですと、育休中にご利用頂いたということで、やはり女性が何か活躍したいなという時に、働いてても何か勉強したいなっていうことがあるんだと思うんですね。そういう場所として使って頂けるのがとても嬉しい事だと思います。
  • (パーソナリティ)そうですね。区長、いかがですか。
  • (区長)そうですね。どうしても家の中で子育てということになると、四六時中というか朝から晩まで夜中も含めて子供とぴったり一緒になってますよね。そういった中でやっぱり自分の時間を持とうとしても、ちょっと色々なことが家庭内であったりして、分断されますよね。
  • (パーソナリティ)はい。
  • (区長)それが例えば2時間でも3時間でも、集中して自分の時間が持てて、例えばこの本が読めたとか、本当に大事な人に自分のこれまでの仕事についてまとめるレポートを書いたとか、色々なことができるはずですよね。
  • (パーソナリティ)はい。
  • (区長)そういった環境がなかなか難しいので、この一時預かりと、静かな環境でのワークスペースっていう組み合わせで、駅の近く、歩いて雨に濡れても大丈夫くらいの距離ですから、活用されていくとだいぶもっとうちの地域にも欲しいという声が出てくるんじゃないかなと思いました。
  • (パーソナリティ)そうですね。今、活用していくっていうお話があったんですけれども、今後どんなふうにしていきたいっていうことをお考えなのかっていうことを、最後にお聞きしたいんですけれども、まず、香山課長からお願いできますか。
  • (香山氏)はい、今回の子ワーキングスペースは、事業実施の検証なんですね。今、ご利用になった方とかに、ニーズを把握して課題を見出してどういうふうにしたら皆さんが働けるようになるかっていう事を検証したいっていうふうに考えています。この形ですごく利用者が多ければ、このまま検証ではなく本格実施に進めたいと思っています。また区長がお話あったように、もっとうちの近くでもっていう声があれば、新たな展開としても広げたいと思っています。保育所に預けて働くだけではなく、新しく、働き方に合わせた保育行政っていうのもやっていかなければいけないなって思っていますので、保育課とも連携しながら、新しい働き方と新しい保育、そして区内には色々な知識を持っている人材がいると思いますので、多くの方に活躍して頂きたいなと思っております。
  • (パーソナリティ)はい。
  • (区長)あの、仕事によってですね、やっぱりどうしても顔を出さないと難しいよ、という仕事もまだまだ多いとも思うんですが、一方で、例えば経理の書類であるとか、あるいはちょっと長めのレポートを提出する、調べたことを取りまとめるとか、むしろこういう静かな環境でならできる、いわゆるテレワークですね、いうような中でもこれを使って頂ければ、育児休業中に、最長2年取れますから、会社なり企業の中での仕事のプロジェクトと、当然ずれますよね。育休の期間っていうのは。
  • (パーソナリティ)そうですね。
  • (区長)重要なことで自分が参加するプロジェクトがはじまろうとしているっていう事前情報とか、そういうことを知るという事。これは直接仕事じゃありませんけれども、でもすごく重要なことですよね。育児休業終わって仕事に戻ったらなんかこう、重要なラインからちょっと外れてしまったっていう声も聞くんで、そういう働いている仲間との情報共有ということも、こういう場を利用してやって頂きたいなと思います。
  • (パーソナリティ)働き方は本当に今、多様ですからね。お仕事だけじゃなくて、仕事に関する情報集めだったりとか、それに関することだったら、お子さん預けて利用することがどなたでもできるっていう事なんですよね。
  • (区長)実はここは預かり機能がないんですが、お子さんを預けることができて、また、たった2席ですがワークスペースがあるという、おでかけひろば型という、これに近い事業も昨年から始めてるんですね。これを利用する方が意外とですね、女性の経営者の方、事業を実際きり回している方が、まとめた時間、それこそしっかり帳簿付けたりとか、色んな調べものしたりとか、そういう需要が思った以上にすごく多かったですね。自営業の方、フリーランスの方、あるいは一種の独立した資格を持って仕事をされている方。社会的に必要なんだなと改めて思ったんで、この「チャチャチャ」もね、活用されて欲しいなと思います。
  • (香山氏)そうですね。多くの方に使って頂いて、応援していきたいと思っております。
  • (パーソナリティ)はい、わかりました。では最後に一言ずつリスナーの皆さんへ、ぜひ利用して頂きたいということでメッセージをお願いできますか。香山課長からお願いします。
  • (香山氏)はい、この子ワーク「チャチャチャ」がはじまったのは今年の1月の末ですから、まだまだご利用の方は少ないので、ぜひこのお話を聞いて、見学でもいいので来ていただければ嬉しいと思います。よろしくお願いいたします。
  • (パーソナリティ)はい、わかりました。区長、最後にお願いいたします。
  • (区長)「チャチャチャ」にはですね、6つの比較的ゆったりしたワークスペースのほかに、ちょっと休憩してお食事をしたり、あるいはちょっと打ち合わせをしたりする二人掛けのテーブル、そして驚いたのはですね、音楽メーカーが作った完全防音の電話ボックスですね、そこで話していても、一切音が漏れない、仕事上の機密もありますし、そんなものも揃ってるので、4時間まで300円、最長で8時間まで500円です。
  • (パーソナリティ)はい、わかりました。ということで今日は「三茶おしごとカフェ」そしてこの「チャチャチャ」ということでお伺いしてきました。こちらの場所なんですけれども、三軒茶屋の茶沢通りにある世田谷産業プラザの2階にあります。エレベーターもありますので、ぜひ興味のある方、まずは一度お越しになって頂きたいですね。ということで、今日は香山課長、そして保坂区長、どうもありがとうございました。
  • (香山氏・区長)ありがとうございました。

写真3月放送

   左から、パーソナリティ、香山氏、保坂区長

過去の「区長の談話室」 

平成30年2月の区長の談話室「考えよう!自然エネルギー~電気が結ぶ自治体間連携」(ゲスト:干臺俊氏、松下洋章氏)の内容

平成30年3月の区長の談話室「東日本大震災から7年、3・11を忘れない!」(ゲスト:佐藤仁氏、二宮裕氏、大塚茂之氏)の内容

平成30年4月の区長の談話室「世田谷の「はっぴい」がここにある~フェリーチェお店紹介」(ゲスト:池田奈津世氏)の内容

平成30年5月の区長の談話室「中学校の夜間学級で多文化を学ぶ」(ゲスト:牧野英一氏)の内容

平成30年6月の区長の談話室「人と人との交流から世界が見える~バンバリー市との姉妹都市提携25周年」(ゲスト:ポーリーン・ビューケリック氏)の内容

平成30年7月の区長の談話室「空き家が親子の憩いの場に生まれ変わった!」(ゲスト:橋本陽子氏、武部文子氏、中野瑞子氏)の内容

平成30年8月の区長の談話室「悲しみを生きる力に!グリーフサポート」(ゲスト:入江杏氏)の内容

平成30年9月の区長の談話室「待って!その電話、詐欺かもしれません!」(ゲスト:鈴木佳枝氏)の内容

平成30年10月の区長の談話室「文化財を伝える守り人」(ゲスト:今田洋行氏)の内容

平成30年11月の区長の談話室「郷土資料館でボロ市の歴史を感じよう!」(ゲスト:武田庸二郎氏)の内容

平成30年12月の区長の談話室「健康長寿の秘訣はこれだ!」(ゲスト:山木正義氏、山木静枝氏)の内容

平成31年2月の区長の談話室」「若者が情報を発信、「ねつせた!」を知っていますか?」(ゲスト:「ねつせた!」メンバー)の内容

このページについてのお問い合わせ先

広報広聴課

電話番号03-5432-2009

ファクシミリ03-5432-3001

トップページへ戻る

このページのトップへ