こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

プラネタリウム

更新日:平成30年1月1日

ページ番号:0007490

施設の概要

所在地東京都世田谷区弦巻3丁目16番8号
電話番号03-3429-0780
ファクシミリ03-3429-0780
公共交通機関電車
世田谷線 上町駅下車・徒歩10分
田園都市線 桜新町駅下車・徒歩10分
バス
弦巻営業所下車・徒歩1分
東急バス「渋05」系統(渋谷駅~弦巻営業所)
東急バス「黒07」系統(目黒駅~弦巻営業所)
松が丘交番前下車・徒歩5分
東急バス「渋23」系統(渋谷駅~祖師ヶ谷大蔵駅)
東急・小田急バス「渋24」系統(渋谷駅~成城学園前駅西口)
小田急バス「渋26」系統(渋谷駅~調布駅南口)
東急バス「等11」系統(等々力操車所~祖師ヶ谷大蔵駅)
東急バス「園02」系統(田園調布駅~世田谷区民会館)
休館日 第3日曜日および12月28日~1月4日
整備内容等 補聴支援システム(磁気誘導フラットループ)が設置されています。対応補聴器をお持ちの方は、常時ご利用いただけます。
車椅子で入場できます。
定員は、140人です。

教育会館(教育センター・中央図書館)
・車椅子対応駐車場 あり 
(注意)車椅子対応駐車場をご利用の場合は、教育センター受付にご予約ください。電話番号 03-3429-8791 ファクシミリ 03-3429-2844
・エレべーター あり
・車椅子用トイレ あり
・オストメイト対応トイレ あり
・ベビーチェア設置トイレ あり
・ベビーシート あり
・授乳室・授乳スペース あり
・AED あり

・ベビーベッド なし 
・大人用ベッド なし
・音声案内 なし

 投影のご案内

  • 土曜日・日曜日(第3日曜日を除く)
  • 国民の祝日・休日
  • 都民の日(10月1日)
  • 世田谷区立小・中学校の春・夏・冬季休業日(第3日曜日および12月28日~1月4日を除く)
     

1月の投影日

土曜日・日曜日・祝日(21日を除く) 
  ※学校の冬休み期間「5日(金曜日)」

2月の投影日

土曜日・日曜日・祝日(18日を除く)

                                                            

投影開始時間

  • ちびっこタイム   午前11時 
  • 一般投影      午後1時30分および午後3時30分

(注意)

  • 投影開始後の入退場はお断りしています。
  • 入場は各投影開始時間の10分前です。

 

 投影番組のご案内

ちびっこタイム(約50分)

幼児から小学校低学年を対象とする、こども向けの投影です。


「すばる星」のお話
(「すばる星」のお話)


 当日の星空を見ながら、星の明るさや色の違いを見つけたりします。

さらに、季節に合わせた星のお話も紹介します。

プログラム一覧
投影期間 テーマ          
12月2日(土曜日)~1月28日(日曜日) 「すばる星」のお話
2月3日(土曜日)~2月25日(日曜日) カノープスを見つけて長生きしよう

 
一般投影(約1時間)

オリジナルオート番組

前半の星空解説では、当日の夜空に見られる月・惑星・星座を始め、各種の天体現象を紹介します。後半は、プラネタリウムやビデオプロジェクターの映像とダイナミックな音響がコンピューターにより自動演出されます。星や宇宙をテーマにした番組をご覧いただきます。

オリジナル解説番組(新しい一般投影)

前半の星空解説では、当日の夜空に見られる月・惑星・星座を始め、各種の天体現象を紹介します。後半は、教育センタープラネタリウムの解説員が、番組テーマに沿って、ライブでお話しします。ドーム一杯に広がる迫力ある全天周デジタル映像や、宇宙の写真、説明図などを交えて紹介します。これまでのオリジナルオート番組とは異なる、新しいスタイルの一般投影をお楽しみください。
    

星空世界旅行
(星空世界旅行)

(新番組)星空世界旅行~オーストラリア・南極・ケニア~(字幕付)(オリジナル解説番組)
投影期間 12月23日(土曜日)~平成30年3月31日(土曜日) 13時30分~のみ

地球は丸い形をしているため、緯度によって見える星空が異なります。日本では、北半球の中緯度の星座に見慣れていますが、南半球や南極、あるいは赤道といった場所では、どのような星空が見られるのでしょうか。また、太陽や星はどのように動いて見えるのでしょうか。

東京を出発して、オーストラリア、南極点を経て、アフリカのケニアまで、現地の動物などにもふれながら、各地の特徴的な星空の様子を当センターのプラネタリウム解説員がご紹介します。

もうひとつの地球
(もうひとつの地球)


 もうひとつの地球~太陽系外惑星をさがせ~(オリジナルオート番組)

投影期間 12月23日(土曜日)~平成30年3月31日(土曜日) 15時30分~のみ

この広大な宇宙に、地球のような星がほかにあるのだろうか?

人間が昔から考えていたこの問いに、科学的に答えを出せる時代になってきました。1995年にペガスス座51番星を回る惑星が太陽系外惑星として初めて発見されたのをきっかけに、次々と太陽系外惑星が発見されています。そして、その中には、地球に似た惑星も発見されているのです。

番組では、太陽系外惑星の探査を通して、地球とはどういう星なのかということを考えていきます。 

観覧料 (ちびっこタイム・一般投影)

個人

観覧料一覧(個人)
観覧者 観覧料金
おとな(高校生以上) 400円
こども(小学生・中学生) 100円(土曜日・日曜日、祝日、休日は無料)
幼児(小学生未満) 無料

(注意)

  • 無料の場合も観覧券が必要です。
  • 身体障害者手帳、愛の手帳をお持ちの方は、観覧料が半額になります。
  • 観覧券は、当日午前9時から販売します。

団体

観覧料一覧(団体)
観覧者 団体料金
おとな(高校生以上) 320円
こども(小学生・中学生) 80円(土曜日・日曜日、祝日、休日は無料)
幼児(小学生未満) 無料

(注意)

  • 団体料金は(有料対象者が)20名以上の場合となります。
  • 予約申し込みは1か月前の月の初日から、観覧しようとする日の前日までです。
    (予約先電話番号) 03-3429-8791 世田谷区立教育センター受付 (直通)
  • 身体障害者手帳、愛の手帳をお持ちの方は、観覧料が半額になります。 

観覧にあたってのご注意

  • 満席の場合は観覧できませんのでご了承ください。 各回先着140人 。
  • 投影開始時間までにご入場をお願いします。 投影開始後の入退場は、足元が暗く危険ですのでお断りしています。
  • 両替はできませんので、つり銭のないようご用意をお願いします。
  • 駐車場はありませんので、自動車でのご来館はご遠慮ください。
  • 未就学のお子様をお連れの方は、周りのお客様にご配慮くださいますようお願いします。
  • 運営に支障があると判断した場合は、退場をお願いすることがあります。 

その他のイベント案内

詳細は、世田谷区ホームページ「イベント」をご覧ください。

星空CDコンサート(9月と3月を除く第2土曜日)

満天の星の下で、CDによる音楽を聴くコンサートです。

コンサートの中では、星空の紹介もお楽しみいただけます。

12月に限り、第1土曜日に実施します。

 

 開催日

日にち 時間 テーマ

1月13日(土曜日)

午後6時30分~7時30分 サイモン&ガーファンクル特集

2月10日(土曜日)

星空に響くピアノの旋律~辻井伸行特集~


  観覧料

観覧者 観覧料金
おとな(高校生以上) 400円
こども(小学生・中学生) 100円
幼児(小学生未満) 無料

大人のための星空散歩(毎月第4土曜日)

高校生以上を対象にした、大人向けの投影です。(観覧料400円)

当日の夜空に見られる星空解説の他、星や宇宙などの天文の話題を取り上げてお話しします。

12月に限り、第3土曜日に実施します。

開催日

日にち 時間 テーマ

1月27日(土曜日)

午後6時30分~7時30分 赤い満月を見上げて~1月31日・皆既月食~

2月24日(土曜日)

ベテルギウス~星の最期~

3月24日(土曜日)

めぐる季節~二十四節気~


  (注意)毎月第3日曜日は休館日です

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

世田谷区立教育センタープラネタリウム

電話番号03-3429-0780

ファクシミリ03-3429-0780

トップページへ戻る

このページのトップへ