こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

「ふれあい飯ごう炊さん会」を開催しました

更新日:平成30年12月6日

ページ番号:0150742

おいしかったよ!!

平成30年11月11日(日曜日)、絶好の天気の中「第29回ふれあい飯ごう炊さん会」が開催され、地域の小学生(桜丘小学校・世田谷小学校・経堂小学校・笹原小学校)205名が飯ごう炊さんに取り組みました。薪で火を焚き、飯ごうでご飯を炊き、カレーを作り、焼き芋を焼いて食べました。みんなで作ったご飯をみんなで食べると「おいしいー!」笑顔の花が咲きました。

経堂地区では、毎年たくさんの子どもたちが、中学生のサポートと地域の大人とのふれあいの中で飯ごう炊さんにチャレンジし、楽しい時間を過ごしています。子どもたちは飯ごう炊さん会をとおして、調理の仕方、道具の使い方、一緒に作って、一緒に食べるなど、さまざまな体験をしています。

 「ふれあい飯ごう炊さん会」を主催する青少年経堂地区委員会は、次代を担う青少年が心身ともにたくましく成長することを目指し、地域の方々の協力により生活体験を豊かにする活動のひとつとして、この飯ごう炊さん会を行っています。「いろいろなことが経験。失敗も貴重な経験。」と考えています。今回も子ども達は地域の人とふれあい、楽しみながら経験を積むことができました。ご協力下さった地域の皆様、小中学校PTAの皆様、学校関係者の皆様、ご協力本当にありがとうございました。

薪で火を焚いてご飯を炊き、カレーを作っているところ
(飯ごう炊さんとカレーづくり)
ご飯が炊けたよ
(ご飯が炊けた!)

ボランティアの皆さんありがとうございました

この会では、大勢の地域の中学生(桜丘中学校・桜木中学校・緑丘中学校)が、当日の会場設営、小学生のサポートなどにボランティアとして協力しています。

他にも、中学生は、地域環境美化清掃活動やふれあいドッジボール大会の審判など、様々な行事にボランティアとして参加し、地域に貢献しています。

これらの行事のボランティアに参加する中学生を桜丘・桜木・緑丘の3つの中学校の名前から「さくさくみどりボランティア」と称しています。この「さくさくみどり」という名称は元々、中学生対象事業であった「さくさくみどり事業」からきています。当時の中学生が考えてつけた名前でした。この「さくさくみどり」という名前を残したいという地区委員会の思いと、さくさくみどり事業の一環として、行事に参加している中学生にボランティアで交流してもらいたいという意味合いを込めて「さくさくみどりボランティア」という名称がつきました。今回のふれあい飯ごう炊さん会では、15名の中学生ボランティアが参加してくれました。

また、東京農業大学の学生のみなさんにも、ボランティアとして10名参加していただきました。学生のみなさんは率先して資材の搬送や食材の配布、飯ごう炊さんの指導などを行ってくれました。児童と一緒に遊んで交流する場面も見られて、「小学生がとても元気でパワーをもらった」「子ども達がかわいくて元気が出た」という声が聞かれました。

中学生ボランティアが調理道具を確認する様子
(中学生が調理道具を確認)
ボランティア中学生がかまどで火を焚いている様子
(かまどの火を調節)

「中学生ボランティア募集ポスター」展示会を開催しました

中学生ボランティアを募集するために制作された「中学生ボランティア募集ポスター」の展示会を経堂まちづくりセンターで行いました。今年度も中学生の力作がそろいました!30年度は19点の応募がありました。展示会は約1ヶ月間、2回に分けて行われました。(現在は終了しています。)

ポスター展示会1回目
(ポスター展示会1回目)
ポスター展示会2回目
(ポスター展示会2回目)

このページについてのお問い合わせ先

世田谷総合支所 経堂まちづくりセンター

電話番号03-3420-7197

ファクシミリ03-5477-7921

トップページへ戻る

このページのトップへ