こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

せたがやノーマライゼーションプラン-世田谷区障害者計画-(平成27年度~平成32年度)・第4期世田谷区障害福祉計画(平成27年度~平成29年度)

更新日:平成28年2月1日

ページ番号:0138322

区は、平成27年度から32年度までの6ヵ年を計画期間とする、新たな「せたがやノーマライゼーションプラン(世田谷区障害者計画)」と、平成27年度から29年度までの3ヵ年を計画期間とする「第4期世田谷区障害福祉計画」を一体的に策定しました。

「せたがやノーマライゼーションプラン」では、「障害の有無に関わらず、誰もが住み慣れた地域で自分らしい生活を安心して継続できる社会の実現」という基本理念に基づき、「障害に対する理解や配慮の促進」「共生社会実現のための区民、事業者、区の連携・協働」「ライフステージを通じた支援のしくみづくり」という基本的な方向性を定め、施策別、事業別に項目を整理して、今後の方向性を定めました。

「第4期世田谷区障害福祉計画」では、第3期計画の評価・検証を通じて明確になった課題を「主要テーマ」として設定するとともに成果目標の達成に向けて、障害者(児)を対象とした障害福祉サービスや地域生活支援事業等の実施に関する考え方及び見込量、見込量確保のための方策について定めました。

表紙イメージ
(表紙イメージ)
わかりやすい版表紙イメージ
(わかりやすい版表紙イメージ)

また、新たなノーマライゼーションプラン(障害者計画)・障害福祉計画を策定するための基礎資料を得ることを目的に、障害のある方や区内の障害福祉サービス事業者及び障害者施設等3,000人を対象にした実態調査を行いました。
詳しい結果は下記の添付ファイルよりご覧ください。

計画書の冊子及び音声版(デイジー版、テープ版)は、区政情報センター(世田谷区民会館内)や区政情報コーナー(北沢・玉川・砧・烏山総合支所内)、図書館(音声版は中央図書館)でもご覧いただけます。また、せたがやノーマライゼーションプラン(世田谷区障害者計画)は、有償刊行物として販売も行っております。(216円)

この度「せたがやノーマライゼーションプラン(わかりやすい版)」を作成しました。あわせてご覧下さい。

過去のせたがやノーマライゼーションプラン・世田谷区障害福祉計画

過去の計画は下記のリンク先よりご覧になれます。

せたがやノーマライゼーションプラン-世田谷区障害者計画-(平成17年度~平成26年度)

せたがやノーマライゼーションプラン-世田谷区障害者計画-後期事業補足版(平成22年5月)

第3期世田谷区障害福祉計画(平成24年度~平成26年度)

このページにはオープンデータを掲載しています

このページに掲載している添付ファイルは、オープンデータとして使用可能です。

なお、世田谷区では、本区が公開するオープンデータの利用に際して遵守すべき事項をまとめた世田谷区オープンデータ利用規約を定めており、本区のオープンデータのご利用をもって、当該規約の内容を承諾いただいたものとみなします。当該規約の内容は必要に応じて事前の予告なしに変更することがありますので、ご利用に際しては、最新の内容をご確認ください。

オープンデータせたがやのロゴ

ライセンスの取扱い

本サイトで公開しているオープンデータは、クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 表示 2.1

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示2.1のホームページ新しいウィンドウが開きます)

当ライセンスは、上記対象データのみに適用されますので、それ以外のデータについては、当区ホームページにおける著作権の取り扱い(著作権・リンク・免責事項)に準じてください。

添付ファイルのダウンロード

添付ファイルの閲覧方法

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

障害施策推進課 計画担当

電話番号03-5432-2958

ファクシミリ03-5432-3021

トップページへ戻る

このページのトップへ