こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

都市復興プログラム

更新日:平成22年3月5日

ページ番号:0004930

「世田谷区都市復興プログラム」のご案内 もし、震災が起きたらまちをどのように復興していくか

世田谷区都市復興プログラムの概要

ハウス君の画像
ハウス君

世田谷区都市復興プログラムは、世田谷区地域防災計画及び世田谷区震災復興マニュアルのうちハード面の計画としての都市復興について、「自助」「共助」「公助」(注釈)の基本理念の上に立って、区民の皆様や事業者、区が協働して震災復興に取り組むための方針や行動手順等を、街づくりの視点から復興プロセスの時間経過とともに分かりやすくまとめています。

(注釈)「自助」「共助」「公助」とは?

  • 自助 復興を進めるためには、被災者が生活の変化にうまく適応しなければなりません。そのためにはまず被災者自らが立ち上がる活動を指します。
  • 共助 被災時には、個人の力では解決が困難な様々な課題も発生します。こうした課題に対応するために、事業者、NPOやボランティアなどと連携しながら、地域が持っている力(地域力)を活かして、住民主体のお互いを支えあう活動を指します。
  • 公助 行政が行う自助・共助の活動を助け、支える活動を指します。

世田谷区都市復興プログラムの策定経緯

区民の皆様と一緒に「復興計画提案セミナー」を平成12年6月から9月に開催し、復興街づくりについて考え、いただいた様々な意見をもとに検討を重ね、平成13年3月に完成しました。その後、国や東京都等の動向を踏まえながら更なる検討を加え、平成18年3月に改訂版を作成しました。

世田谷区都市復興プログラム関連資料

  1. 『都市復興プログラムパンフレット(概要版)』(PDF形式:9,415KB)
  2. 『地震が起きたらせたがやのまちは…?復興まちづくり読本』(PDF形式:4,814KB)
  3. 『被災建築物の応急危険度判定』

都市復興の取組み

平成23年度の取組み

都市復興プログラムを区職員が学ぶ訓練や復興について日頃から地域の方と共に考える取組みを行っています。
平成23年度世田谷区都市復興プログラム実践訓練を開催しました

平成24年度の取組み

平成24年度世田谷区都市復興プログラム実践訓練を船橋一丁目及び三丁目地区を対象にして実施いたしました。
平成24年度世田谷区都市復興プログラム実践訓練を開催しました。

このページについてのお問い合わせ先

都市整備政策部 都市計画課

電話番号03-5432-2455

ファクシミリ03-5432-3023

トップページへ戻る

このページのトップへ