大山道と子どもたちの取り組み

最終更新日 平成23年8月23日

ページ番号 27140

とうろうづくり

子どもたちの作ったとうろう(用賀)の写真
子どもたちの作ったとうろう(用賀)

瀬田や用賀では、かつて夜通し歩いて大山詣をする人たちのために大山どうろうを灯していたことから、大山道沿道の京西小学校や二子玉川小学校の子どもたちが、地域で子どもの見守り活動を行っている大人たちの支援のもと、ダンボールなどを利用したとうろうをつくり、用賀の夏まつりや二子玉川大山みちフェスティバルで飾りました。

サッカー交流

サッカー交流の写真
サッカー交流

二子玉川、瀬田、用賀の大山道沿道のサッカーチームの小学生たちが、伊勢原の小学生とサッカーの交流試合を行なっています。

丸子川にかかる治大夫橋に絵タイル

子どもたちの描いた絵タイルが、新しくなった橋を彩っています。
治大夫橋と絵タイル

このページについてのお問い合わせ先

玉川総合支所地域振興課地域振興・防災

電話番号 03-3702-1603

ファクシミリ 03-3702-0942