区のおしらせ「せたがや」令和3年4月25日号

あなたのまちでも取り組んでみませんか
二子玉川の交通安全まちづくり

あなたのまちでも取り組んでみませんか 二子玉川の交通安全まちづくり

かつてのシンボル「二子玉川園」の時代から、二子玉川は交通利用の移り変わりにより発展してきました。
地域主体の交通安全まちづくりは、社会の変化に対応しながら、安全に安心して移動できるまちを支え続けています。
その取組みを振り返りつつ、あなたのまちのミライについて考えてみましょう。

問合せ先:交通安全自転車課 電話番号:03-5432-2515 ファクシミリ番号:03-5432-3084
(5月6日から電話番号:03-6432-7966 ファクシミリ番号:03-6432-7996)

 

二子玉川地区交通環境浄化推進協議会交通部会長 中村さん
二子玉川地区
交通環境浄化推進協議会
交通部会長 中村さん

 二子玉川地区交通環境浄化推進協議会では、町会を中心に商店街、事業者、学校・PTA、警察署・区が協働して交通安全に取り組んできました。
 行政にお願いするのではなく、まずは自分たちが主体的に動き、できることを工夫してやれば、後は自然と付いてきます。頑張りすぎず、楽しみながら活動するのが秘訣(ひけつ)でしょうか。皆さんもぜひ。

 

国士舘大学理工学部教授 寺内先生
国士舘大学
理工学部教授 寺内先生

 二子玉川には橋があるため、どうしても交通が集中します。そこで「交通安全」をまちづくりのテーマに掲げるのがスゴイ。地域主導による「ゾーン30」導入をはじめ、アイデアあふれる活動の数々は全国でも例がありません。行政との協働も上手で、お手伝いしながら、いつもパワーに圧倒されています。
 あなたのまちのミライにどうぞ活かして下さい。

 

協力:OpenStreet(オープントリート) 株式会社

 

交通とともに発展してきた二子玉川

1954
二子玉川園再開

二子玉川園再開

1969
玉川電車(玉電)最後の運行 玉川髙島屋S・C開店

玉川電車(玉電)最後の運行 玉川髙島屋S・C開店
写真提供:大勝庵 玉電と郷土の歴史館大塚勝利さん

 

これまでの主な取組み

2014
「ゾーン30」導入標識除幕式

「ゾーン30」導入標識除幕式

「ゾーン30」とは、時速30kmの速度規制を面的に実施する交通安全対策です。都内で初めて住民組織の発意によって制定されました。

2016
「たまチャリルール」の制定

「たまチャリルール」の制定

自分たちで決めたことだから、自分たちが率先して守り広める自転車のローカルルール

2017
フタコレンジャー初登場

フタコレンジャー初登場

その後、区報にも登場し、交通安全活動に取り組んでいます

2020
民間シェアサイクル実証実験開始

民間シェアサイクル実証実験開始
区コミュニティサイクルも好評運営中

ホームページ:https://www.city.setagaya.lg.jp/mokuji/kusei/010/005/002/d00005236.html

 

二子玉川の取組みはふたこたまご通信Webもご覧下さい

2次元コード

ホームページ:http://tamagawa30.info/wp/新しいウインドウが開きます

 

   令和3年(2021年)4月25日号のもくじへ |  次のページへ

このページについてのお問い合わせ先

上記お問い合わせ先参照

このページは広報広聴課が作成しました。