若林小学校避難所運営訓練を行いました

最終更新日 令和元年5月13日

ページ番号 153836

令和元年5月12日(日曜日)に若林小学校にて避難所運営訓練を行いました。今年度は若林小学校PTAによるサバイバル教室との同時開催となりました。

地域の方は発災後の自分と家族・身の回りの安全確認をイメージした後、避難所に集合しました。今回は、サバイバル教室参加の若林小学校の子どもたちもこの集合訓練に参加しました。

午前10時に開会し、最初に参加者全員で消防署によるレスキュー訓練、消防団による放水訓練を見学しました。その後は避難所の資機材訓練とサバイバル教室に分かれて訓練を行いました。資機材訓練では、バーナーや発電機など様々な資機材の操作や組立てを学びました。サバイバル教室に参加の子どもたちは、初期消火や煙中訓練、AEDの体験を行いました。

最後の消防署による講話では、クイズを通して参加者全員が防災に関する知識を深めることができました。

令和元年度の若林小学校避難所運営訓練は終了しましたが、若林町会では丁目ごとに防災教室も行っています。災害はいつ起きるか分かりません。いざという時に備え、訓練に参加することで自身の防災力を高め、将来的にはまち全体の防災力を高めていけるよう、ご協力をお願いいたします。

訓練の流れ
時刻 訓練内容
午前9時20分 集合訓練
午前10時 開会挨拶、消防署・消防団訓練見学
午前10時15分

2つに分かれて訓練実施

1.資機材操作訓練

(参加者:町会・サバイバル教室参加の保護者)

間仕切り、プライベートルーム、担架付きリヤカー、発電機、調理用バーナー、

仮設トイレの組み立て・展示を見学し、説明を受けました。

2.サバイバル教室

(参加者:若林小学校児童)

煙中訓練、初期消火、AED訓練を行いました。

午前11時45分 消防署講話
午前11時55分 閉会
消防団が放水している写真
消防団による放水訓練
子どもたちが消火器で初期消火訓練をしている写真
サバイバル教室(初期消火)
防災資機材について説明を受けている写真
資機材操作訓練

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

世田谷総合支所 若林まちづくりセンター

電話番号 03-3413-1341

ファクシミリ 03-5486-7666