【受付を再開しました】令和2年度 世田谷区民向け蓄電池の導入補助事業を開始します!

最終更新日 令和2年10月16日

ページ番号 185009

世田谷区では、再生可能エネルギーの区内での有効利用及び災害時における有効な小規模分散型電源の普及拡大に繋げるため、蓄電池を導入する区民等に対し、導入費用の一部を補助いたします。

補助の対象機器は、定置型蓄電池システム、小型ポータブル蓄電池(小型可搬式)の2種類です。詳細は以下をご覧ください。

受付の再開について

予算額に達する見込みであったため、10月12日より一時的に受付を終了していましたが、10月19日より受付を再開いたします。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、以下とおりご理解、ご協力をお願いいたします。

交付申請書等の提出について

書類の提出先への郵送が可能です。ご協力をお願いいたします。

書類の審査期間について

今後の区の業務態勢により、書類の審査に設定期間(4週間)以上かかる場合があります。

受付期間

令和2年4月20日(月曜日)から令和3年2月頃まで

(注意)予算の執行状況によっては、令和3年2月より前に受付を終了する場合があります。

補助金を申請できる者

区内に住所を有する個人(以下の条件を満たすこと)

  • 自らが居住している、又は、今後居住しようとしていること。
  • 住居を所有している、又は、今後所有しようとしていること。(賃貸による居住の場合は、所有者から蓄電池システムの設置について承諾を得ていること。(定置型蓄電池システムのみ))
  • 自己の責任において機器を導入・購入し、適切に管理できること。
  • 納付すべき区民税を滞納していないこと。

区内に住所を有する集合住宅の管理組合(以下の条件を満たすこと)

  • 集合住宅の共用部分のために対象機器を導入・購入すること。
  • 機器の導入・購入について、管理組合の総会の決議が得られていること。
  • 集合住宅の管理組合の責任において機器を導入・購入し、適切に管理できること。

対象機器(以下の2種類)

  • 定置型蓄電池システム
  • 小型ポータブル蓄電池(小型可搬式)

補助金額・機器の条件

定置型蓄電池システム

補助金額

初期実効容量(kWh)×1万円(上限5万円。千円未満切捨て)

機器の条件

  • 蓄電池システムは、太陽光発電システム(蓄電池と同時導入、または既に導入していること)を利用して充電できること。
  • 蓄電池システムは、国が平成28年度以降に実施する補助事業の対象機器として一般社団法人環境共創イニシアチブ新しいウインドウが開きますにより登録されていること。
  • 太陽光発電システムは、一般財団法人電気安全環境研究所新しいウインドウが開きますによる認証、または国際電気標準会議のIECEE-PV-FCS制度に加盟する海外認証機関による認証を受けていること。(ただし、既に太陽光発電システムを導入しており、過去に世田谷区が実施した「住宅用太陽光発電システム機器設置費補助金」、もしくは、株式会社サービス公社が実施した「せたがやソーラーさんさん事業」の対象となっていた場合は、上記認証を受けている必要はありません。)
  • 太陽光発電システムにより供給される電力を、原則として申請者の住宅の住居用(集合住宅の場合は、共用部)に使用すること。

(補足1)蓄電池システムとは、リチウムイオン蓄電池部(リチウムの酸化及び還元の作用により電気を供給する蓄電池をいう。)に加え、インバーター等の電力変換装置を備えた定置型のシステムのことを言います。

(補足2)太陽光発電システムとは、太陽光を電気に変換するシステムであって、太陽電池、パワーコンディショナー(太陽電池が発電した直流電力を住宅で使用できる交流電力に変換する設備をいう。)その他これらに付随する設備で構成されるもののことを言います。

小型ポータブル蓄電池(小型可搬式)

補助金額

機器費(消費税を除く)の5分の1以内(上限1万円。千円未満切捨て)

機器の条件

  • 持ち運びが可能な太陽光発電パネル(蓄電池と同時購入、または既に購入していること)を利用して充電できること。
  • 蓄電容量が400Wh以上のもの。
  • 直流交流変換器で構成された可搬用の完結型電源装置であって、交流100V出力端子を備えたもの。

注意事項

  • 中古品及び個人売買により購入した機器は補助の対象外です。
  • 導入済・購入後の機器は補助の対象外です。 
  • 補助は対象機器のいずれか一方1台、1回限りとなります。

手続きの流れ

1 見積もり・カタログ等の準備

導入・購入予定の対象機器の見積書やカタログ等をご用意ください。

対象機器により準備するものが異なるため、詳細はページ後方の「交付申請時に必要な書類」をご覧ください。

2 交付申請書提出(令和2年4月20日から令和3年2月頃まで)

必要書類(ページ後方の「交付申請時に必要な書類」参照)を添え、交付申請書をご提出ください。提出は、窓口に持参、又は郵送でも可としますが、郵送の場合は、書類の到着日が申請受付日となります。

交付申請書は、ページ後方の「添付ファイル」よりダウンロードいただくか、エネルギー施策推進課(世田谷区世田谷4-21-27 第一庁舎5階53番窓口)でお渡しできます。

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、郵送による書類の提出にご協力をお願いいたします。書類の提出先はこちらをご覧ください。

3 審査(4週間程度)

提出いただいた申請書の内容について審査します。書類の不備等がある場合、申請者に連絡をすることがあります。

(注意)新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、今後の区の業務態勢によっては、審査に4週間以上かかる場合があります。

4 交付決定

審査終了後、交付決定通知書を郵送します。

5 対象機器購入・設置(令和3年3月10日まで)

交付決定通知書が届きましたら、対象機器を購入・設置してください。

6 実績報告書提出(令和3年3月20日まで)

機器購入・設置後、必要書類(ページ後方の「実績報告時に必要な書類」参照)を添え、実績報告書をご提出ください。提出は、窓口に持参、又は郵送でも可としますが、郵送の場合は提出期限までに到着するように郵送してください。

実績報告書は、ページ後方の「添付ファイル」よりダウンロードいただくか、エネルギー施策推進課(世田谷区世田谷4-21-27 第一庁舎5階53番窓口)でお渡しできます。

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、郵送による書類の提出にご協力をお願いいたします。書類の提出先はこちらをご覧ください。

7 審査(4週間程度)

提出いただいた報告書の内容について審査します。書類の不備等がある場合、申請者に連絡をすることがあります。

(注意)新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、今後の区の業務態勢によっては、審査に4週間以上かかる場合があります。

8 交付額確定

審査終了後、交付額確定通知書を郵送します。

9 請求書提出

交付額確定通知書が届きましたら、請求書及び口座振込依頼書兼登録申請書をご提出ください。提出は、窓口に持参、又は郵送でも可とします。

請求書及び口座振込依頼書兼登録申請書は、ページ後方の「添付ファイル」よりダウンロードいただくか、エネルギー施策推進課(世田谷区世田谷4-21-27 第一庁舎5階53番窓口)でお渡しできます。

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、郵送による書類の提出にご協力をお願いいたします。書類の提出先はこちらをご覧ください。

10 補助金の支払い

請求書受理後、指定された口座に補助金を振り込みます。

交付申請時に必要な書類(機器購入・設置の前に申請してください)

必要書類(交付申請時)

定置型蓄電池

小型ポータブル蓄電池

対象機器の見積書

×

対象機器の規格等がわかるカタログ等

×

対象機器の規格・価格等がわかる見積書又はカタログ等

×

対象機器設置前の現況写真

×

対象機器と太陽光発電システムとの接続図(単線結線図等)

(補足)新築のため接続図がない場合は、平面図でも可

×

太陽光発電システムが条件に適合することを証明する書類(以下のいずれか1つ)

  • 太陽光モジュールの型番を証するもの(既設の場合は保証書の写し。新設の場合はカタログ等)
  • 世田谷区住宅用太陽光発電システム機器設置費補助金の交付決定通知書の写し
  • 株式会社サービス公社が実施した「せたがやソーラーさんさん事業」により導入したことを証するもの
  • 再生可能エネルギー発電事業計画の認定を受けていることを証するもの(売電明細等)

×

持ち運び可能な太陽光パネルの購入状況がわかるもの

×

(申請者が個人の場合)以下の2点全て

  • 申請者の住所が確認できるものの写し
  • 特別区民税・都民税 納税証明書(令和2年度相当分)

(申請者が管理組合の場合)以下の3点全て

  • 管理組合の規約の写し
  • 現在の理事長が選任されたことを確認できる書類の写し
  • 蓄電池システムの購入に係る管理組合の総会の決議書又はそれに代わるものの写し

実績報告時に必要な書類(機器購入・設置後に提出してください)

必要書類(実績報告時)

定置型蓄電池

小型ポータブル蓄電池

対象機器の購入に係る内訳が記載された領収書の写し

対象機器の設置日が確認できるものの写し(工事完了報告書等)

×

対象機器(パッケージ型番に含まれる全ての機器)の設置完了後の写真

×

対象機器及び持ち運び可能な太陽光発電装置の写真

×

太陽光発電システムの設置が確認できる写真

×

提出書類に関する注意事項

このほか、関係する書類の提出を求めることがあります。なお、提出いただいた書類はお返しできません。詳しくは、お問い合わせください。

提出書類は、ページ後方の「添付ファイル」よりダウンロードいただくか、エネルギー施策推進課(世田谷区世田谷4-21-27 第一庁舎5階53番窓口)でお渡しできます。

書類の提出先及び窓口

〒154-8504

世田谷区世田谷4-21-27(第一庁舎5階53番窓口)

環境政策部エネルギー施策推進課

TEL:03-5432-2273

FAX:03-5432-3062

よくある質問と回答(Q&A)

PDFファイルを開きますこちらをご確認ください。

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

エネルギー施策推進課

電話番号 03-5432-2273

ファクシミリ 03-5432-3062