「せたがや版RE100」の実現に向けた取組み

最終更新日 令和2年5月1日

ページ番号 181957

概要

 「RE100(アールイー100)」とは、地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの削減のため、企業が事業運営で消費する電力を100%再生可能エネルギーでまかなうことを目標に掲げる取組みです。「Renewable Energy 100%」の頭文字を取り、RE100と呼ばれており、国際的な取組みとして注目を集めています。

区は、この取組みに賛同し、区民・事業者のみなさんと一緒になって、「せたがや版RE100」の実現に向けて取り組んでいきます。

 「せたがや版RE100」を達成するために

「せたがや版RE100」では、区民・事業者・区がそれぞれの立場で再生可能エネルギーの理解・活用を進めることで、世田谷区全体で再生可能エネルギーの利用拡大をめざします。

(1)区民のみなさんにできること

 例えば、自宅に太陽光パネルを設置したり、家庭で使用する電力を再生可能エネルギー電力に切り替えたりすることで、再生可能エネルギーを利用することができます。再生可能エネルギーを利用することが難しい場合には、再生可能エネルギーに関する知識や理解を深め、それを周りの人に伝えてもらうことで、区内の再生可能エネルギーの気運を高めることができます。

(2)事業者のみなさんにできること

 例えば、事業所に太陽光パネルを設置したり、事業所で使用する電力を再生可能エネルギー電力に切り替えたりすることで、再生可能エネルギーを利用することができます。再生可能エネルギーを利用することが難しい場合には、お客様向けに再生可能エネルギーの紹介等をしていただくことで、区内の再生可能エネルギーの利用拡大につなげることができます。

(3)区がやること

 区では、公共施設への太陽光パネルの設置を進めるとともに、公共施設で使用する電力を再生可能エネルギー電力に切り替える取組みを進めます。平成31年(2019年)4月から区役所本庁舎(第1・2・3庁舎)の電力を、令和2年4月からは一部の出張所やまちづくりセンター等の電力を再生可能エネルギー100%に切り替え、区内最大級の事業者である区が率先して再生可能エネルギー電力の導入に取り組んでいます。

卒FIT電力を区内で活用します

 2009年11月に始まった「太陽光発電の余剰電力買取制度(2012年7月からは「再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)」)」が、創設から10年が経過する2019年11月より、順次、固定価格での買取りが満了(卒FIT)します。卒FITの電力については、小売電気事業者に引き続き売電するか、蓄電池を活用して自家消費に切り替えるか、選択することが必要となります。

世田谷区では、再生可能エネルギーの地産地消の推進を図ることを目的に、区内の卒FIT電力を区内で消費する取組みを進めていきます。

具体的には・・・

(1)卒FIT電力の対象となる区民の方が小売電気事業者に電力を売電し、その小売電気事業者を通して区民、区内事業所、区公共施設に卒FIT電力を供給する取組みです。

ズ

「せたがや版RE100」では、上記の取組みに賛同する小売電気事業者を以下に掲載しています。卒FIT電力の区内での活用に興味・関心のある方は、ぜひご検討ください。

ロゴマーク新しいウインドウが開きます  ロゴマーク新しいウインドウが開きます

(2)卒FIT電力の対象となる区民の方が、昼間に発電して余った電力を蓄電池に貯めておき、夜間に使用することで、再生可能エネルギーの自家消費割合を増やす取組みです。蓄電池に貯めてもなお、電力が余っている場合は、(1)と同様に小売電気事業者に売電することができます。

「せたがや版RE100」に賛同いただける方を募集しています

区では、「せたがや版RE100」の取組みに賛同いただける方を募集しています。賛同いただいた方でご希望される方は、区ホームページにお名前や事業所名を掲載いたします。(※一部制限あり)

賛同いただける方は以下の関連リンク先より、お申込ください。たくさんのお申込をお待ちしています。

以下の方に賛同登録をいただいています

賛同者については、添付ファイル「賛同者一覧」をご覧ください。

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

環境政策部 エネルギー施策推進課

電話番号 03-5432-2273

ファクシミリ 03-5432-3062