令和元年度自然エネルギー活用による自治体間ネットワーク会議を開催しました

最終更新日 令和元年7月30日

ページ番号 180737

自然エネルギー活用による自治体間ネットワーク会議について

世田谷区は、低炭素社会の実現に向けた自然エネルギーの利用拡大を目指し、自然エネルギーの活用に取組む交流自治体との連携を進めています。会議では、関係者が一堂に会し、構築した連携モデル等の紹介と現在の電力政策の課題と方向性に係る意見交換を行いました。

会議の概要

テーマ

「自然エネルギーを通じた都市と地方の連携の発展可能性について」

開催日時

令和元年7月23日(火曜日) 午後2時00分から午後4時30分

会場

北沢タウンホール3階ミーティングルーム(所在地:世田谷区北沢2-8-18)

開催内容

1 区長あいさつ

2 世田谷区及び連携自治体の取組み紹介

(1)世田谷区 エネルギー施策推進課

(2)川場村(群馬県) むらづくり振興課

(3)長野県 企業局 電気事業課

(4)弘前市(青森県) 企画部企画課

3 環境省調査 「平成28年度『低炭素・循環・自然共生』地域創生実現プラン策定事業」にかかる自治体のエネルギー活用等の取組み紹介

(1)八幡平市(岩手県) 企画財政課

(2)十日町市(新潟県) エネルギー政策課

(3)郡山市(福島県) 生活環境部環境政策課

4 環境省による講評

環境省大臣官房 環境計画課 地域循環共生圏推進室 室長補佐

5 講演「最近の環境変化を踏まえた電力政策の課題と方向性」

経済産業省 電力基盤整備課長 曳野 潔 氏

6 意見交換

開催結果

参加者総勢71名(自治体、事業者、区民等の傍聴49名を含む)

会議の様子(1)
冒頭あいさつする保坂区長
会議の様子(2)
発表の様子

このページについてのお問い合わせ先

エネルギー施策推進課

電話番号 03-5432-2222

ファクシミリ 03-5432-3062