等々力渓谷清流化プロジェクト

最終更新日 平成31年3月1日

ページ番号 154149

等々力渓谷(世田谷区等々力1丁目22番、2丁目37番~28番)は東京都23区唯一の渓谷であり、東京都の名勝にも指定される自然豊かな景勝地です。
その等々力渓谷に関する環境調査と環境対策を目的として、清流化と小魚が生育できる環境づくりを目指して平成27年より東京都市大学が中心になり、プロジェクトを実施しています。

  1. 水質源や緑地に関連する東京都市大学の研究分野の知見を活用し、地域社会への貢献と等々力渓谷清流化による小魚の生育回帰を目指します。
  2. 環境保全の取り組みを通して世田谷区との相互理解を深めることにより、大学連携プロジェクトとしての価値を高めながら世田谷区の観光地としての魅力発信や地域社会への発展に寄与します。

なお、このプロジェクトでは、等々力渓谷保存会とも意見交換や情報を共有して取り組んでいます。

取組み内容の詳細 

等々力渓谷の水質状況の調査研究(平成27年度)
流量、水深、河道の状況、水質および臭気等のデータ収集を行い、環境状態の調査研究を継続的に行いました。(定点観測5ヶ所)

河川水採取の様子
河川水採取の様子
実験室における水質分析
実験室における水質分析

水質状況の調査研究の継続実施と藻などの生息環境調査研究(平成28年度)
平成27年度の水質状況の調査結果を基に、魚類、水生昆虫、浮遊プランクトン、付着藻類、真菌類、細菌類および周辺の植物、鳥類等の生態系の調査や石などへの藻の付着状況の観察、豪雨時の生態系に与える影響について分析しました。

水生生物の調査を行った結果、モツゴ、ドジョウ、スミウキゴリ、ヒブナ、オイカワ、サワガニの生息が確認されました。サワガニは環境省の水質等級1級に相当する指標生物であり、サワガニが生息することは等々力渓谷の水質が生物学的に良好であることを示しています。(平成28年度)

モニタリング籠設置作業の様子
モニタリング籠設置作業の様子
  • 水質状況の調査研究と藻・菌類などの生息環境調査研究の継続実施および河川水を用いた魚類の生育実験(平成29年度)
    等々力渓谷の水を使ってメダカの生育実験を行った結果、等々力渓谷の水質は魚類の生育に適していることが確認されました。また、等々力渓谷の水質、水量の調査に加えて、上流にあたる仙川の水質、水量の調査を行い、等々力渓谷の良好な水質を定常的に維持する方策を検討しています。(平成29年度)
実験室における魚類の生育実験
実験室における魚類の生育実験
調査用の藻の採取の様子
調査用の藻の採取の様子

参加メンバー

世田谷区、東京都市大学

メッセージ

等々力渓谷は,都内唯一の自然豊かな渓谷です.都会のオアシスとして,四季折々の自然を感じることができます。
等々力渓谷のさらなる魅力アップのために頑張っています。気軽にお立ち寄りください!

問合わせ先

東京都市大学 研究推進部 地域連携センター 電話番号 03-5707-0104

このページについてのお問い合わせ先

交流推進担当部 交流推進担当課

電話番号 03-5432-2952

ファクシミリ 03-5432-3047