せたがやの地場野菜「大蔵大根」

最終更新日 令和2年11月1日

ページ番号 19122

大蔵大根の写真
大蔵大根

大蔵大根とは

大蔵大根は、昭和40年代までは世田谷の至るところで栽培されていましたが、昭和49年に誕生した病気に強く栽培しやすい青首大根の普及に伴い、白首系の大蔵大根は次第に姿を消していきました。「区内の農産物をPRするためにも、地元“大蔵原”ゆかりの野菜である大蔵大根を見直そう。」と、区内農家の方々が平成9年度から再び栽培をはじめ、今では「せたがやそだち」の地場野菜の一つとして親しまれています。下記の添付ファイルPDFファイルを開きます「せたがやの地場野菜「大蔵大根」で、大蔵大根を使った料理レシピなどを紹介しています。どうぞご覧ください。

販売場所

大蔵大根は、区内の農産物直売所等で、11月中旬から12月中にかけて販売されます。

大蔵大根販売先

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

経済産業部 都市農業課

電話番号 03-3411-6658

ファクシミリ 03-3411-6635