政治家の寄附は禁止されています~有権者の心がけ~

最終更新日 令和元年7月1日

ページ番号 143193

政治家(公職の候補者、公職の候補者となろうとする者及び現に公職にある者)が、自分の選挙区内の人(有権者でない人を含む)や団体にお金や物を寄附することは、時期や理由を問わず、法律で禁止されています(親族や政党に対するもの等一定の場合を除く)。

政治家(公職の候補者等)に対する寄附の勧誘や要求は禁止されています。
政治家は贈らない!有権者は求めない!

また、政治家に対し、選挙区内の人や団体に対して寄附をするように求めたり勧めたりすることも禁止されています。

罰則の対象となる寄附の事例

  • お祭り等の地域行事やスポーツ大会への寄附や差し入れ
  • 町会の集会や旅行等の催し物への寸志や差し入れ
  • お歳暮やお中元
  • 入学や卒業、就職のお祝い
  • 落成式や開店祝いの祝儀や花輪
  • 秘書等が代理で出席する場合の結婚祝いや香典
  • 葬式への供花、花輪
  • 病気見舞い

そのほか、慣行として従来から行われているものであっても、法律に違反する寄附となることがありますのでご注意ください。

なお、政治家は自分の選挙区内の人や団体に対し、あいさつ状(暑中見舞い等)を出すことも禁止されています。ただし、答礼のための自筆によるものは除かれます。

添付ファイル添付ファイルの閲覧方法

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

選挙管理委員会事務局

電話番号 03-5432-2751

ファクシミリ 03-5432-3045