令和4年7月10日執行参議院議員選挙特集ページ

最終更新日 令和4年6月28日

ページ番号 196384

【投票日】
   令和4年7月10日(日曜日)

【投票時間】
   午前7時から午後8時まで

参院選の投票方法について※YouTubeが開きます新しいウインドウが開きます

目次

  1. ピックアップ
  2. 参議院議員選挙の概要
  3. 世田谷区で投票できる方
  4. 投票所のご案内 
  5. 期日前投票及び不在者投票の受付期間・方法
  6. 期日前投票・不在者投票所のご案内 
  7. 日別期日前投票者数の状況
  8. 新型コロナウイルス感染症により療養中の方の投票(特例郵便等投票制度)
  9. 新型コロナウイルス感染症対策 
  10. 投票所入場整理券の配達
  11. 選挙公報の配布
  12. 立候補者等情報
  13. 選挙公報 
  14. 在外投票について
  15. 選挙運動に関する注意事項
  16. 選挙運動・寄附に関するQ&A
  17. 投票・開票速報

※更新準備中の情報については、内容が確定次第、順次公開してまいります。

1 ピックアップ

投票所入場整理券が届かない。

選挙人名簿で確認ができれば投票できます。投票所(または期日前投票所)で係員にお申し出ください。

詳しくは、投票所入場整理券の配達をご覧ください。

選挙公報はいつ届くか?

6月28日火曜日~6月30日木曜日の間で配達します。

※荒天等の状況によっては配布期間に変更が生じる場合があります。

詳しくは、選挙公報の配布をご覧ください。

期日前投票の受付期間・場所が知りたい。

世田谷区役所では6月23日木曜日から、各まちづくりセンターでは7月3日日曜日から受付を開始しています区役所と各まちづくりセンターでは受付期間が異なりますので、ご注意ください。

詳しくは、期日前投票及び不在者投票の受付期間・方法をご覧ください。

受付場所・期間・時間

6月23日木曜日~
7月2日土曜日

7月3日日曜日~
7月9日土曜日

世田谷区役所第三庁舎3階
ブライトホール

受付できます

各まちづくりセンター

×
(受付不可)

受付できます

受付時間/午前8時30分~午後8時(土・日曜も同じ)

長期出張で区外にいるため、選挙期間中に区内の投票所へいくことができない。投票するにはどのようにしたらよいか?

出張や転出などにより、公示日の翌日から投票日当日までに区内の投票所へ行くことができない方は、6月23日木曜日から7月9日日曜日までに、滞在先の区市町村で不在者投票をすることができます。

滞在先で不在者投票をする場合は、事前に名簿登録地の選挙管理委員会へ投票用紙等を請求する必要があります。詳しい手続きは、期日前投票及び不在者投票の受付期間・方法をご覧ください。なお、PDFファイルを開きます不在者投票宣誓書兼請求書(PDF)はこちらからダウンロードできます。

2 参議院議員選挙の概要

参議院議員選挙は、選挙区選出と比例代表選出の2つの選挙で議員を選びます。議員の定数は248人で、選挙区選出が148人、比例代表選出が100人です。議員の任期は6年ですが、3年ごとに議員定数の半数が改選されるため、選挙が執行されます。

選挙区選出(東京都選出)

「選挙区選出」は、都道府県の単位で選挙区が設けられ、「東京都選出」で今回選挙で選ばれる議員は6人です。
※鳥取県及び島根県、徳島県及び高知県はそれぞれ2県の区域が選挙区となります。

  1. 「東京都選出」の投票用紙には、候補者1人の氏名を記載して投票します。
  2. 得票数の最も多い候補者から順に、当選人を決定します。

比例代表選出

全都道府県(全国)の区域を通じて行われる「比例代表選出」 で今回選挙で選ばれる議員は50人です。 

  1. 各政党等は、候補者とする者の一部について、優先的に当選人となるべき者(特定枠)を除き、当選順位をつけないで候補者名簿(非拘束名簿)を届け出ます。 
  2. 「比例代表選出」の投票用紙には、「候補者1人の氏名」または「政党等の名称」のどちらかを記載して投票します。
  3. 各政党等の当選人の数は、その政党等の総得票数(候補者の氏名が記載された票数+政党等の名称が記載された票数)に基づいてドント式により比例配分されます。 
  4. 各政党等に配分された数の中で、特定枠の候補者があるときは、特定枠に記載されている候補者を上位とし、その他の名簿登載者については個人の得票数の最も多い候補者から順に当選人とします。

(参考)ドント式による当選人数決定例

無効票とならないために

大切な一票が無効票とならないために、次のことにご注意ください。

1.余分なことを書かない

候補者の氏名または政党等の名称をを正しく書いていながら、それ以外のことが書かれているために、無効票となってしまうことがあります。

2.候補者の氏名を間違えて書いた場合は訂正する

間違えて書いたものは、二本線で消して、横に正しいものをお書きください。

(補足)新しい投票用紙に交換することもできます。投票所係員にお申し出ください。

投票所へお越しのみなさまへ

投票所へのお車での来場、ペットを連れての来場はご遠慮ください。

(補足)補助犬は入場することができます。選挙人のみなさまに気持ちよく投票していただくため、ご理解・ご協力をお願いします。

代理投票

疾病等によりご自分で投票用紙に書くことができない方は、お申し出により投票所係員が代筆します(ご家族等が代筆することはできません)。なお、投票の秘密は堅く守られます。

お身体の不自由な方等へ

各投票所には、車いす、点字器、虫めがね、老眼鏡、文鎮、コミュニケーションボード(イラストを指し示すことで自分の意思を伝えることができるボード)を用意していますので、投票所係員にお申し出ください。また、いずれの投票所も車いすでお越しいただくことができます。

投票所における本人確認について

投票所では、受付の際、ご本人であるか、また、入場整理券がご本人のもので間違いないか確認するため、お名前をお呼びしています。お名前を呼ばれたくない方は、入場整理券表面右下の□にチェック☑をしていただければ、お名前を読み上げずにご本人確認を行います。

3 世田谷区で投票できる方

原則、次の全てを満たす方が世田谷区で投票できます。

  1. 平成16年7月11日までに生まれていること
  2. 世田谷区の選挙人名簿に登録されていること(※)

※日本国民で、世田谷区において住民票を作成した日(転入の届出をした日)から、令和4年6月21日現在までに引き続き3ヵ月以上住民登録がある方

最近住所を変えた方、変える予定の方

世田谷区に転入の届出をした方

令和4年3月21日までに転入の届出をし、令和4年6月21日現在、引き続き世田谷区に住民登録がある方は、世田谷区で投票できます。
 令和4年3月22日以降に転入の届出をした方は、前住所地の選挙管理員会へお問い合わせください。 

投票する日までに世田谷区外へ転出した方、する予定の方

世田谷区の選挙人名簿に登録されている方で、まだ新住所地の選挙人名簿に登録されていない方は、世田谷区で投票(または期日前投票)するか、新住所地で不在者投票をすることができます。詳しくは、世田谷区選挙管理委員会へお問い合わせください。

4 投票所のご案内

住所別投票所一覧(令和4年6月現在)

上記リンク先よりお住まいの町名をクリックしてください。

当日投票所の混雑状況

次のグラフは過去の選挙における投票日当日の区全体の時間別投票状況です。

グラフを参考に込み合う時間帯を避けて投票所へお越しください。

※7時から10時までの時間帯は比較的空いています。

投票日混雑グラフ

投票日混雑グラフ2

5 期日前投票及び不在者投票の受付期間・方法

期日前投票の受付期間

仕事や用事などで投票日当日に投票所へ行けない方は、期日前投票をご利用ください。世田谷区における期日前投票の受付場所及び期間は次のとおりです。また、他の区市町村の選挙人名簿に登録されている方の世田谷区における不在者投票は各期日前投票所で受け付けています。

受付場所・期間・時間

6月23日木曜日~
7月2日土曜日

7月3日日曜日~
7月9日土曜日

世田谷区役所第三庁舎3階
ブライトホール

受付できます

各まちづくりセンター

×
(受付不可)

受付できます

受付時間/午前8時30分~午後8時(土・日曜も同じ)

※世田谷区役所とまちづくりセンターでは受付期間が異なるためご注意ください。
 ※最終日は大変混雑します。お待ちいただくこともありますので、あらかじめご了承ください。特に烏山まちづくりセンターは大変な混雑が予想されます。

期日前投票及び不在者投票の方法

  • 世田谷区の選挙人名簿に登録のある方の期日前投票及び不在者投票の方法は以下のとおりです。

(1)世田谷区内で期日前投票をする場合

(2)指定された病院等で不在者投票をする場合

(3)指定病院等の長が不在者投票を代理請求する場合

(4)転出先または滞在先の不在者投票所で投票をする場合

 (1)世田谷区内で期日前投票をする場合

投票所入場整理券の裏面に印刷されている期日前投票宣誓書にあらかじめ必要事項を記入(自書)のうえ、ご本人がお近くの期日前投票所へお持ちください(各期日前投票所にも期日前投票宣誓書を用意しています)。

投票所入場整理券を紛失した場合や届いていない場合でも、期日前投票所において選挙人名簿で確認できれば投票できます。

 (2)指定された病院等で不在者投票をする場合

都道府県選挙管理委員会により指定された病院、老人ホーム、身体障害者支援施設等に入院・入所している方は、その施設内で不在者投票ができます。指定施設に該当するか等、詳しくは施設にお問い合わせください。

(補足)世田谷区内の指定病院等一覧は、こちらをクリックしてください。

 (3)指定病院等の長が不在者投票を代理請求する場合

入院・入所している選挙人から依頼があったときは、指定病院等の長は、選挙人に代わって投票用紙等を請求してください。
 様式はPDFファイルを開きますこちらからダウンロードできます。

 (4)転出先または滞在先の不在者投票所で投票をする場合

転出先または滞在先の区市町村の不在者投票所で投票する場合は、下記の手順で行ってください。なお、この方法は郵便によるため日数がかかります。お早めに手続きをしてください。
対象となる方の例

  • 出張、仕事等で宿泊先や寮などに滞在している。
  • 旅行で公示日の翌日から投票日当日までに世田谷区に戻れない。
  • 世田谷区外に引っ越した。
  • 震災、天災等で一時的に区外に仮住まい、避難をしている。
  • 配偶者やその他親族からの暴力(DV)等で避難をしている。
    手続き
    1. 投票用紙等を請求するために、不在者投票宣誓書兼請求書を世田谷区選挙管理委員会へ次のいずれかの方法により提出してください。
      (1)郵送または持参
      (注意)ファクシミリは不可
      (補足)所定の用紙は、PDFファイルを開きますこちらからもダウンロードできます。また、総合支所くみん窓口・出張所・まちづくりセンターにも備え置きますのでご利用ください。
      (2)電子申請(電子申請を行う場合の注意事項)
      ・電子申請により投票用紙等を請求される方は、公的個人認証サービスによる電子証明書が記録されたマイナンバーカードまたは住民基本台帳カード、ICカードリーダライタが必要です。
      ・システムトラブルが発生した場合は、電子申請ができませんので、不在者投票宣誓書兼請求書を郵送または持参してください。
      電子申請について詳細は【電子申請】参議院議員選挙における不在者投票の投票用紙等の請求をご覧ください。
    2. 世田谷区選挙管理委員会から、ご本人の希望送付先に投票用紙等を郵送します。
    3. 投票用紙等が届いたら、転出先または滞在先の不在者投票所にご本人が出向き、不在者投票をしてください。
    送付先

    〒154-8788(今回の選挙での世田谷区選挙管理委員会あて専用)
     世田谷区世田谷4丁目21番27号 世田谷区選挙管理委員会 行

     他区市町村の選挙人名簿に登録のある方

    世田谷区で不在者投票をする場合
    1. 不在者投票宣誓書兼請求書を選挙人名簿登録地の選挙管理委員会に至急郵送または持参してください。
      (補足)所定の用紙は、PDFファイルを開きますこちらからもダウンロードできます。
      また、総合支所くみん窓口、出張所、まちづくりセンターにも備え置きますのでご利用ください。
    2.  選挙人名簿登録地の選挙管理委員会から、ご本人の希望送付先に投票用紙等を郵送します。
    3. 投票用紙が届いたら世田谷区の不在者投票所にご本人が出向き、不在者投票をしてください。

     便せん等による不在者投票宣誓書兼請求書の作成方法

    便せんなどを利用して不在者投票宣誓書兼請求書を作成することもできます。ご利用の場合は、次のとおり記載してください。

    不在者投票宣誓書兼請求書

    ○○○○年○○月○○日

    私は、令和4年7月10日執行の参議院議員選挙の当日、下記の事由に該当する見込みです。以上、事実であることを誓い、併せて投票用紙等の交付を請求します。

    1. 氏名(フリガナ)
    2. 生年月日
    3. 名簿登録地の住所
    4. 投票日当日、投票所へ行けない理由(事由)
      例 仕事、用事、転出など
    5. 投票用紙等の希望送付先の郵便番号・住所(アパート等の名称及び部屋番号まで正確に)・連絡先の電話番号(自宅と携帯)

6 期日前投票・不在者投票所のご案内

期日前投票・不在者投票所一覧

上記リンク先より施設名をクリックしてください。

※前回選挙(令和3年執行衆議院議員選挙及び令和元年執行参議院議員選挙)の期日前投票所の混雑状況は、PDFファイルを開きますこちらのグラフをご覧ください(グラフのサイズが大きいため、PDFファイルにしています)。

7 日別期日前投票者数の状況

令和4年7月10日執行の参議院議員選挙の期日前投票の状況を下記PDFにてお知らせいたします。

PDFファイルを開きます期日前投票所別投票者数(6月27日までの状況)

8 新型コロナウイルス感染症により療養中の方の投票(特例郵便等投票制度)

特例郵便等投票制度とは、新型コロナウイルス感染症で宿泊・自宅療養している方が郵便等を利用して自宅等において投票できる制度です。詳しい内容はPDFファイルを開きます「特例郵便等投票制度のご案内」をご覧ください。
 ※濃厚接触者の方は、特例郵便等投票制度の対象ではありません。投票のために外出することは不要不急の外出には当たらず、投票所等において投票することができます。
 (参考)総務省ホームページ新しいウインドウが開きます

9 新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症への対応として、各投票所及び期日前投票所において消毒液の設置、従事職員のマスク着用、飛沫防止シートの設置等感染症対策を講じます。また、持参した鉛筆により投票用紙に記入することもできます(ボールペン(特に水性)は、インクがにじむため推奨しませんが、ご使用いただいても構いません)。 

  • マスクの着用や咳エチケット、来所前後の手洗いにご協力下さい。
  • 周りの方との距離を保つようにお願いします。

10 投票所入場整理券の配達

6月22日(水曜日)から、1人1枚の投票所入場整理券を配達します。ご自分のものであることを確認して、投票所へお持ちください。紛失した場合や、届いていない場合でも、選挙人名簿で確認がきれば投票できますので、投票所(または期日前投票所)で係員にお申し出ください。
 なお、全ての投票所入場整理券の送付用封筒の裏面に、活字読み上げ機能をもった機器を使用することにより、選挙に関する情報を音声で聴くことができる音声コードを印刷しています。

投票所では、受付の際、ご本人であるか、また、入場整理券がご本人のもので間違いないか確認するため、お名前をお呼びしています。お名前を呼ばれたくない方は、入場整理券表面右下の□にチェック☑をしていただければ、お名前を読み上げずにご本人確認を行います。

11 選挙公報の配布

参議院議員選挙では、「東京都選出」と「比例代表選出」の2種類の選挙公報を、各世帯の郵便受け等に直接お届けします。

配布日程

6月28日(火曜日)~6月30日(木曜日)の間に順次各世帯の郵便受けなどにお届けする予定です。

6月28日(火曜日)以降、区役所、総合支所くみん窓口・出張所・まちづくりセンター、区民センター、図書館等にも備え置きます。
 また、東京都選挙管理委員会のホームページ新しいウインドウが開きますにも掲載される予定です。


 参議院議員選挙の選挙公報は、公職選挙法に基づき、都道府県の選挙管理委員会が発行します。
 選挙公報には、候補者の氏名、経歴、政見など、候補者から出された原稿がそのまま掲載されます。

音声版「選挙のお知らせ」

音声版「選挙のお知らせ」(選挙公報の掲載文全文を音声化したもの)を、視覚障害があり希望される方へ送付します。
 希望される方は、選挙管理委員会までお早めにお申し込みください。
 既に以前の選挙で申込済みの方は申込不要です。

12 立候補者等情報

東京都選挙管理委員会のページ新しいウインドウが開きますよりご覧になれます。
(注意)公開予定日については、リンク先よりご確認ください。

13 選挙公報

選挙公報は東京都選挙管理委員会のページ新しいウインドウが開きますをご覧ください。

14 在外投票について

在外投票の手続等はこちらをご覧ください。

15 選挙運動に関する注意事項

選挙運動は、18歳以上の方が公示日から投票日の前日まで行うことができますが、いくつかの禁止事項があります。

主な禁止行為例

  1. 一般の有権者が電子メールを使って選挙運動をすること
    選挙運動のための電子メールの送信は、公職の候補者および政党等に限られます。
  2. 選挙運動用のホームページや電子メール等を印刷して配ること
  3. 公職選挙法によって選挙運動が禁止されている者(18歳未満の方等)が、選挙運動を行うこと

このほか、インターネットを使った選挙運動についても、いくつかの注意事項があります。

詳しくはPDFファイルを開きます「インターネットを使った選挙運動について」(平成25年~)をご覧ください。

16 選挙運動・寄附に関するQ&A

Q1

選挙運動の期間になると、連日、選挙運動用自動車からスピーカーで候補者の名前が連呼され、とてもうるさくてたまりません。何とかならないでしょうか?

A1

選挙運動は「公職選挙法」という法律により、期間や方法が限定されています。候補者が、選挙運動用自動車から拡声機(スピーカー)を使い名前を連呼したり、拡声機を使用して街頭で演説をしたりすることは、法律で認められた選挙運動の方法のひとつであり、音量については特に規制されていません(午前8時から午後8時までの間に限る)。

騒がしいと感じることもあるかとは思いますが、候補者にとっては、法律の範囲内で、自身の政策や主張を有権者に訴えようとして行っていることであるため、選挙運動期間中はご理解くださいますようお願いします。

Q2

選挙運動期間中に候補者の選挙事務所から電話で投票を依頼されたが、法律違反ではないのですか?

A2

電話による選挙運動は、公職選挙法上制限されていません。選挙運動期間中、18歳未満の方等を除き、誰でも自由に行うことができます。

Q3

候補者の選挙事務所に陣中見舞いとして、弁当やお酒、果物を持っていきたいのですが、問題はありますか?

A3

誰であっても、選挙運動に関して飲食物を提供してはいけません。飲食物を陣中見舞い等として候補者に届けることも禁止されています。

(注意)

お茶や通常お茶うけとして用いられる程度のお茶菓子や果物及び選挙運動員に渡す一定の範囲内の弁当を提供することは除かれます。

Q4

選挙に関し、政治家から金銭をもらうと法律に違反すると聞きましたが、具体的にはどのようなことが違反になりますか?

A4

選挙に関係なく、政治家(現職や公職の候補者等)が選挙区内の方に寄附、贈り物、町内行事(お祭り等)・会合への差し入れ等をすることは禁止されています。金銭だけでなく、物品等をもらう側にとって財産上の利益となるものすべてが対象となります。寄附の約束をすることも禁止されています。また、政治家に寄附や差し入れ等の勧誘や要求をすることも禁止されています。

罰則をもって禁止される政治家の寄附の例

  • お祭り等の地域行事への寄附や差し入れ
  • 落成式・開店祝いの花輪やお祝い
  • 葬式の花輪や供物
  • 病気見舞い
  • お中元やお歳暮
  • 入学祝いや卒業祝い
  • 秘書や家族が代理で出席する場合の結婚祝いや香典
  • 町内会の集会や旅行等の催物への寸志や飲食物の差し入れ

17 投票・開票速報(7月10日更新予定)

投票・開票の状況及び開票結果は、随時お知らせします。
 開票は7月10日(日曜日)午後9時から、総合運動場体育館(大蔵4-6-1)で行います。世田谷区の選挙人名簿に登録されている方は、開票を参観することができます。

※投票所及び開票所における「投票の秘密の確保」及び「秩序の保持」を図るため、世田谷区投票所・開票所秩序保持方針を定めています。

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

選挙管理委員会事務局

電話番号 03-5432-2751

ファクシミリ 03-5432-3045