川場村との縁組協定締結40周年を迎えて~記念式典・シンポジウムを開催しました

最終更新日 令和3年12月2日

ページ番号 194718

記念式典の様子
連携・協力して取り組んでいきます
シンポジウムの様子
都市と農山村のありかたが
話し合われました

世田谷区は、昭和56年11月に群馬県の川場村と相互協力協定(縁組協定)を締結し、小学校の移動教室や区民と村民の協働事業をはじめ、様々な形で交流を積み重ねてきました。

令和3年11月16日に協定締結40周年を迎えたことを記念し、11月28日(日曜日)、東京農業大学で記念式典とシンポジウムを開催しました。

記念式典では、世田谷区長と川場村村長が40周年記念宣誓書に署名を行い、これからも未来に誇れる交流を続けることを宣誓しました。

シンポジウムでは「都市と農山村の交流」をテーマに、NPO法人 共存の森ネットワーク理事長の澁澤 寿一さんによる基調講演やパネルディスカッションが行われ、自然環境の保護、地域資源を活かしたエネルギー活用といった様々な課題に、都市部と農山村の交流や自治体間の連携によって取り組むべきといった意見が交わされました。

世田谷区は、これからも川場村との交流の絆を深めるとともに、互いに連携・協力した取り組みを進めていきます。

このページについてのお問い合わせ先

区民健康村・ふるさと・交流推進課

電話番号 03-6304-3593

ファクシミリ 03-6304-3714