世田谷公園のSLがクラウドファンディングで国鉄色に蘇る!~おひろめ会を開催しました

最終更新日 令和3年11月15日

ページ番号 194473

おひろめされたSLの写真
運行当時の姿に蘇りました
特別運行されたミニSLの写真
ミニSLの特別運行を満喫!

世田谷公園のSL・D51は、昭和のものづくりを学ぶ近代化産業遺産として、昭和48年から世田谷公園に静態保存しているもので、現在も展示用として多くの区民に親しまれています。

令和元年8月、D51が80歳を迎えたのを機に、経年劣化によるサビなどが目立つ車体を塗装し、SL本来の姿を鑑賞してもらおうと、クラウドファンディングによる塗装費用の募集を開始しました。令和3年10月31日現在、約507万円(230件)の寄附が集まり、令和3年の夏から秋にかけて塗装工事が行われました。

11月13日(土曜日)、世田谷公園で、塗装完了した車両のおひろめ会が行われました。運行時と同等の国鉄色で塗装され本来の姿を取り戻したSLを一目見ようと、多くの来場者が集まりました。

(注釈)国鉄色とは、日本国有鉄道が昭和30年代に制定した色見本に掲載された色を指します。SLなどに使用された黒は、明度と彩度が定められています。

おひろめ会では寄附者の銘板が公開されたほか、公園内を走り、四季折々に子どもたちを楽しませているミニSLの特別記念列車の運行も行われ、来場者はSLの魅力を満喫していました。

世田谷公園展示SLの塗装への寄附は、令和4年1月31日まで募集中です。ぜひ応援をお願いします。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

公園緑地課

電話番号 03-5432-2295

ファクシミリ 03-5432-3083