東京2020公認プログラム「馬!ふれあい出張授業」を開催!

最終更新日 令和元年5月31日

ページ番号 166259

5月30日(木曜日)、日本中央競馬会の協力のもと、区立小学校に馬が出張し、馬と触れ合う東京2020公認プログラム「馬!ふれあい出張授業」を、池之上小学校と代沢小学校で開催しました。

区では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、区と区民が一体となって大会を盛り上げていくための様々な取り組みを進めており、「馬!ふれあい授業」は、JRA馬事公苑(東京都世田谷区上用賀2丁目1番)を会場に開催される「馬術競技」を馬との触れ合いを通じて身近に感じてもらおうと、平成29年度から実施しており、これまでに10校で開催しました。

代沢小学校で授業に参加した3、4年生約150名は、体育館でJRA担当者から馬の特徴や分類、人とのかかわりなどについての講義を聴いた後、校庭に移動し、実際の馬と対面しました。サラブレッドが校庭内を力強く疾走する様子や、調教師と息のあった愛らしいホースショーには大きな歓声が上がり、ほかの学年の子ども達も、授業を一時中断して校庭や教室の窓から見学しました。

このほか、馬運車内の見学や、ミニチュアホースとの触れ合いを体験し、子ども達は楽しみながら馬術競技への理解を深めたようでした。

参加した児童は、「初めて馬に触ったけれど、すべすべしていて気持ちよかった」「可愛くて癒された」「走っている姿がかっこよかった」などと笑顔で感想を話してくれました。

授業
馬に関する
クイズに答える児童たち
ホースショー
ホースショーには
大きな歓声が上がりました
ふれあい
馬とのふれあいの様子

このページについてのお問い合わせ先

オリンピック・パラリンピック担当課

電話番号 03-5432-2743

ファクシミリ 03-5432-3080