希望丘青少年交流センターオープニングイベント「アップスフェス」を開催

最終更新日 平成31年3月25日

ページ番号 165171

区はこれまで、若者が主体的に活動できる場所や、気軽に立ち寄れる居場所、そして、若者たちが地域とつながり、世代を超えた交流を推進する拠点として、「野毛青少年交流センター」、「青少年交流センター池之上青少年会館」の2か所の青少年交流センターを運営してきました。

この度、旧希望丘中学校(船橋6丁目25番1号)の跡地を活用した「希望丘複合施設」内に、区内3か所目の青少年交流センターとなる「希望丘青少年交流センター(愛称 アップス)」を2月1日に開設しました。開設にあたっては、公募による若者(26名)と地域の関係団体の代表者(22名)による「運営準備委員会」を設置し、若者が地域の中で、生き生きと活動・交流できる施設となるよう、利用ルールやプログラム、地域ネットワークの構築、施設愛称の公募などの検討を行いました。

3月23日(土曜日)、施設のスタートを記念したオープニングイベント「アップスフェス」を開催しました。区内で活動する12バンドのライブや5つのダンスチームによるパフォーマンス等が行われたほか、世田谷にゆかりのあるゲストとして、露木一博氏(和太鼓奏者・俳優)、MayuAina(デュオユニット)、世田谷ボーイズ(バンド)が登場し、会場を大いに盛り上げてくれました。

躍動感あふれるダンスパフォーマンスを披露した高校生は、「照明が本格的でとても良かった。他の高校生のダンスも格好良かった。これからもアップスを利用していきたい。」と笑顔で話してくれました。

また、隣接する地域体育館で同時開催されたフットサル大会「アップス杯」では、小学生や女性も楽しめるオリジナルルールが用いられ、スポーツを通じて、世代を超えた交流も行われていました。

希望丘青少年交流センターは、地域の中で、若者の成長と自立に寄り添い、「若者が力を発揮する地域づくり」を担う中核的な拠点として、今後も様々なイベントを開催していきます。

バンドパフォーマンスの写真
これぞプロの迫力!
若者の真剣な表情が新鮮でし
ダンスパフォーマンスの写真
息の合ったパフォーマンスに
会場中から声援が送られまし
フットサル大会の様子
世代を超え、
みんなでフットサルを
楽しみました♪

このページについてのお問い合わせ先

世田谷区

電話番号 03-5432-1111

ファクシミリ 03-5432-3001

所在地 〒154-8504 東京都世田谷区世田谷4丁目21番目27号