新BOP指導員の魅力と、常勤職員へのステップアップについて(福祉職:新BOP勤務)

最終更新日 平成27年11月1日

ページ番号 142426

平成27年度採用 児童指導(新BOP配属)

1 簡単な自己紹介と、新BOP指導員の仕事内容

私は新BOPの児童指導として働いている、福祉職1年目の職員です。昨年度までは、非常勤職員の新BOP指導員として働いていました。

新BOP指導員の仕事内容は、児童の健全育成のために、生活の一部である放課後の時間や学校の長期休業中の時間を使い、様々なイベントの企画・運営や間食の提供、環境整備、事務作業、日々の遊びの提供などがあります。

2 新BOP指導員での一番の思い出(やりがいがあったこと)

新BOPの毎日は、新鮮なことで溢れています。子どもたちの成長や葛藤、喜びに携わることが出来たのが一番のやりがいでした。昨日出来なかったことが、今日は少し出来るようになっていたり、話しかけて中々意思疎通が出来なかった子からある時言葉が返ってきたり、子どもたちはそれぞれのスピードで一歩一歩成長していることを教えてくれました。

新BOP指導員は、子どもにとても近い存在ではありますが、先生でもなく、近所のお姉さんお兄さんでもない曖昧な立場でもあります。その中で、身近な大人として子どもたちの手本となるように接し、働く。そして、子どもたちの成長や喜びを一緒に分かち合い、課題に取り組む日々は、とてもやりがいを感じられる日々でした。

3 常勤職員を目指したきっかけと、採用選考の中で指導員経験を活かすことが出来た点

常勤職員を目指したきっかけは、新BOP指導員として働く中で、新BOP事業にやりがいを感じ、世田谷区の子どもたちと長く関わっていきたいと思ったことでした。

世田谷区の子どもたちを直接見ていることが、採用選考の中でもとても活かされました。論文や面接では新BOP指導員の立場で感じていること、常勤職員である児童指導になった際に意識していきたいことを具体的に述べられたと思います。

また、働いていた新BOPの児童指導をはじめ、多くの職員の方が採用選考を受けることを応援して下さいました。身近に先輩方がいてくれてとても心強かったです。

4 応募者へのメッセージ

今、世田谷区の新BOPでは、皆さんのように指導員という職に少しでも興味をもってくださった方々のご応募をお待ちしております。新しい指導員の皆さんと一緒に過ごすことを楽しみにしている子どもたちや、共に働くことを心待ちにしている職員も沢山おりますので、是非ご応募ください。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

児童課

電話番号 03-5432-2583

ファクシミリ 03-5432-3016