世田谷区における元号の取扱いについて

最終更新日 令和元年5月1日

ページ番号 165293

世田谷区における元号の取扱いについて

世田谷区におきまして、改元に伴う元号の取扱いについては、次のとおりとします。

  1. 過去に作成した文書には、その中に本年5月1日以降の日付を「平成」を使用しているものがありますが、改元があったことのみでその文書の効力が失われるものではありませんので、訂正等は行わずにそのままで有効なものとして扱います。
  2. 世田谷区における会計年度は、当年度全体を通じて「令和元年度」として取り扱います。
    ただし、税や保険料など、各業務で使用しているシステムにより作成した文書では、本年5月1日以降も「平成31年度」と表記した文書を使用する場合があります。その場合は、「令和元年度」に読み替えていただきますようお願いします。
  3. 各業務で使用しているシステムの改修が本年4月30日までに終わらない場合や、事前に大量に作成した文書で、本年5月1日までの間に訂正が困難である場合等は、本年5月1日以降も「平成」により日付を表記した文書を使用する場合があります。その場合は、新元号による応当日に読み替えていただきますようお願いします。

このページについてのお問い合わせ先

総務部 区政情報課

電話番号 03-5432-2085

ファクシミリ 03-5432-3007