平和資料館企画展「戦中・戦後の暮らしを支えた代用品」

最終更新日 令和元年5月6日

ページ番号 165758

平和資料館では、企画展「戦中・戦後の暮らしを支えた代用品」を開催します。

開催期間

令和元年5月25日(土曜日)から令和元年7月21日(日曜日まで)

内容

今回の企画展では戦中から戦後の混乱期の物不足のなか、戦後スクラップとなった兵器(軍艦や飛行機)の再利用などを中心に植井氏が半世紀にわたり収集した代用品を紹介します。ご覧いただくことで、苦しい時代を生き抜く民衆の知恵を紹介するとともに、今の豊かな生活を振り返り平和について考える機会としていただければと思っております。また当時の生活を支えた物も紹介します。

また、6月23日(日曜日)午後2時からは、同氏による「戦中・戦後の暮らしを支えた代用品」の講演会も行います。(注意)参加者の事前申込は不要。先着35名。ぜひ、ご来場ください。

添付ファイル添付ファイルの閲覧方法

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

生活文化部 平和資料館

電話番号 03-3414-1530

ファクシミリ 03-3414-1532