新庁舎における新型コロナウイルス感染症等の対策の検証について

最終更新日 令和2年6月26日

ページ番号 186313

新型コロナウイルス感染拡大に伴う臨時窓口の開設や応援職員の執務室設置など、この間、現庁舎における緊急対応を実施する中で明らかになった様々な課題を踏まえ、新庁舎における新型コロナウイルス感染症等対策について検証、まとめを行ったのでお知らせします。

検証結果について

 保健所の独立性の確保

  • 保健所とその他の庁舎利用者の動線の分離 (PDFファイルを開きます資料1

 3密(密集、密閉、密接)の回避

  • 職員の一人当たり面積、距離の確保(PDFファイルを開きます資料2
  • フロア内での分散配置が可能なオープンフロア、ユニバーサルレイアウト(PDFファイルを開きます資料3
  • オンライン会議に対応した環境(PDFファイルを開きます資料4
  • 待合スペースとして活用可能な共用スペース(PDFファイルを開きます資料5
  • 計画的かつ柔軟な換気システム(PDFファイルを開きます資料6PDFファイルを開きます資料7PDFファイルを開きます資料8

 緊急な窓口開設や応援職員増等への柔軟な対応

  • 臨時窓口の開設や応援職員の執務室の確保(PDFファイルを開きます資料9PDFファイルを開きます資料10
  • 来庁者動線の分散(PDFファイルを開きます資料11

 その他

工事期間中を含め、感染症拡大の際には、感染症対策業務を着実に執行し、その他の関連業務の継続を図る観点から、モバイル端末等を活用し、在宅勤務や職場分散の実施により、職場の低密度化を図ります。

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

庁舎整備担当部 庁舎整備担当課

電話番号 03-5432-2088

ファクシミリ 03-5432-3061