令和2年国勢調査の調査員を募集しています

最終更新日 令和2年5月9日

ページ番号 181881

キャンペーンサイトバナー

令和2年国勢調査の調査員を募集しています

国勢調査とは

5年ごとに行われる国の最も基本的で重要な統計調査で、令和2年で実施100年目の節目を
迎えます。調査対象は、国内に常住するすべての人(外交官等を除く)です。

調査の結果は、都道府県・区市町村議会の議員定数の決定や、地方交付税の算定基準等に
活用されるほか、保育所の整備など少子化対策の基礎資料等としても幅広く利用されます。

国勢調査員とは

身分

総務大臣が任命する、非常勤の国家公務員です。

要件

  1. 原則として20歳以上の方
  2. 秘密の保護に関し信頼のおける方
  3. 選挙・税務・警察に直接関係のない方
  4. 暴力団員その他の反社会的勢力に該当しない方
  5. 指定された日に、調査員説明会への出席や調査書類等の提出が可能な方
  6. 下記の調査員業務を、責任を持って遂行できる方

調査員の主な業務内容

調査スケジュール(予定)

調査スケジュール
項目 内容

8月下旬

調査員説明会への出席

調査についての説明を聞き、調査の方法や調査内容等を理解します。

9月上旬

担当調査区の確認

名簿・地図の作成

担当調査区を巡回して調査区を確認し、名簿や地図を作成します。

9月中旬

調査書類等の配布

担当調査区内の全世帯を訪問し、調査書類等を配布します。

10月上旬

調査書類等の配布

インターネットでの回答を促す書類等を配布します。

調査票の直接回収を希望する世帯への訪問、調査票回収

世帯は原則インターネットもしくは郵送により回答しますが、直接回収を希望した場合は約束した日時に訪問し、調査票を回収します。

10月中旬

区へ調査書類提出

調査書類を確認・整理して、世田谷区に提出します。

※新型コロナウイルス感染症における対応については、現在総務省で感染防止に配慮した非触の調査方法等を検討中です。調査スケジュールは変更する場合があります。

担当調査区

世田谷区内でご希望の地域を伺って決定します。

調査員1人あたり2調査区以上をお願いする予定です。(1調査区60~100世帯ほど)

報酬

2調査区担当で7万円程度(前回平成27年調査時実績)

※調査員事務説明会および調査中の交通費等を含みます。

※調査員報酬は給与所得となります。税法上の扶養控除と税額、健康保険の扶養限度額等に
影響を及ぼす可能性のある方はご注意ください。

募集について

募集人数

おおむね100人

※状況により変動します。

募集から選考までの流れ

  1. 「調査員応募票」に必要事項を記入する。

添付ファイル「調査員応募票」を印刷し、太枠に囲まれた項目を記入します。

※摩擦でインクが消えるペンは使用しないでください。

  1. 「調査員応募票」を担当へ直接提出する。

記入済の「調査員応募票」を、統計調査担当課の窓口まで直接お持ちください。案内図は「調査員応募票」裏面にあります。

※お持ちいただく日時を、前日までに担当へご連絡ください。受付時に10分から15分程度の
面談を行います。

  1. 結果通知

結果は令和2年5月頃より、面談を終えた方から順次送付予定です。

募集期間

令和2年6月中旬頃まで

※人数の状況に応じて終了または延長することがあります。

募集概要等

ホームページ下部「添付ファイルのダウンロード」から印刷できます。

また、5月19日(火曜日)より区内のまちづくりセンター、出張所でも配布しています。

添付ファイル

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

政策経営部 統計調査担当課

電話番号 03-3425-6125

ファクシミリ 03-3425-6895