青少年喜多見地区委員会

最終更新日 平成30年1月15日

ページ番号 145165

青少年地区委員会とは

未来を築き、次代を担っていく子どもの健やかな成長を願い、地域の子どもたちを見守っている組織です。世田谷区内の各まちづくりセンターごとに設置されています。

委員は、地域の青少年の健全育成に携わる団体の代表、町会・自治会、PTA関係者、小中学校の校長などから区長が委嘱(任期は2年)し、活動を行います。

主な活動内容

地域の大人たちが知恵や情報を出し合いながら、子どもたちにとって安全で安心な環境づくりに取り組むとともに、地域全体での子育て支援、子どもの居場所づくりなどを目指した活動を行っています。

青少年喜多見地区委員会の活動

青少年喜多見地区委員会では、主に以下の活動を行っています。

委員向け研修会

毎年7月ごろ、子育てや子どもへの接し方の知識を向上させるために、青少年喜多見地区委員を対象に、 研修会を行っています。過去のテーマでは“子どものアレルギーについて”“発達障害・要支援・要配慮児童の現状と課題”などを行いました。

委員向け研修会
委員向け研修
委員向け研修会

多摩川であそぼう

「多摩川であそぼう」は、毎年9月下旬に多摩川河川敷の二子玉川緑地運動場内ピクニック広場にて、開催する“自然豊かな多摩川で、思いっきり遊べる、主に子どもたちを対象にした”野外イベントです。

子どもたちに「多摩川であそぼう」に来てもらい、多摩川の河川敷であそび、自然のすばらしさを認識するとともに、自然の大切さ・環境の保全への関心を高め、行動するきっかけを作ることを目的としています。

各コーナーでは、多摩川の自然を活かした遊びや手作りの道具を使用した遊びなど、スタンプラリー形式で自由に体験することができ、子どもたちには大変人気なイベントとなっています。

(注意)年によって、各コーナーの内容が異なることがございますので、あらかじめご了承ください。

多摩川であそぼう
多摩川であそぼう
多摩川であそぼう
多摩川であそぼう
多摩川であそぼう
多摩川であそぼう
多摩川であそぼう
多摩川であそぼう
多摩川であそぼう

喜多見地区区民まつり(主催:喜多見地区区民まつり実行委員会)での手作りコーナー

喜多見地区(喜多見・宇奈根・鎌田)で一番大きいおまつり「喜多見地区区民まつり」では、青少年喜多見地区委員会のコーナーとして“フェイスペイント・ペンシルバルーン・キラキラバッチ ”などを行っております。

子どもたちの長蛇の列ができるほどに大盛況で、コーナー周辺はいつも混雑しています。

喜多見地区区民まつり
喜多見地区区民まつり
喜多見地区区民まつり
喜多見地区区民まつり
喜多見地区区民まつり
喜多見地区区民まつり

ボウリング大会

毎年3月上旬に、主に管内小中学生を対象に大人(青少年喜多見地区委員)との交流を深めるために、ボウリング大会を開催しています。

ボウリング大会では司会・進行を管内中学校から応募してくれた中学生に行ってもらい、企画・運営等を青少年喜多見地区委員と協力して行ってもらっています。

子どもたちがボウリングを楽しめるだけでなく、委員の皆さんも子どもたちとふれあえるいい機会となっているので、大変好評なイベントです。

ボウリング大会
ボウリング大会
ボウリング大会
ボウリング大会
ボウリング大会
ボウリング大会

その他にもこんな活動を行っています

町会自治会・児童会主催イベントへの協力 など

このページについてのお問い合わせ先

砧総合支所 喜多見まちづくりセンター

電話番号 03-3417-3401

ファクシミリ 03-5494-7015