普通救命講習会を実施しました(深沢地区)

最終更新日 令和元年8月2日

ページ番号 180388

心配蘇生法を行う様子
気道確保と心臓マッサージを行う様子
講習会の様子

令和元年7月31日(水曜日)深沢まちづくりセンターにおいて普通救命講習会を実施しました。

これは深沢地区身近なまちづくり推進協議会安全部会が主催するもので、深沢管内の在住者を対象に、玉川消防署、玉川消防団の協力を得て行っている講習会です。

救命技能の習得は、万一の事故や病気に備えて、大切な命を守るために大変重要で、今回は15名の方が受講されました。

講習会は午前9時から正午までの3時間コースで、東京防災救急協会の指導員と消防団の方の丁寧な説明、指導を受け、参加者全員が順番に実習を行うことで、

心肺蘇生法やAED(自動体外式除細動器)の使用方法等について学ぶことができました。講習に参加された方には後日、救命技能認定証が交付されます。

事故や災害は、いつ、どんな状況で起こるか分かりません。そのためにも、一人でも多くの方に救命技能を身に付けていただきたく、今後もこうした機会を設けて

いきたいと考えておりますので、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

玉川総合支所 深沢まちづくりセンター

電話番号 03-3422-8391

ファクシミリ 03-5486-7670