令和4年度 狂犬病定期予防注射のお知らせ

最終更新日 令和4年3月22日

ページ番号 197006

令和4年度は、新型コロナウイルス感染症の拡大予防のため、狂犬病定期予防注射を4月~6月中に実施します。

定期狂注ポスター

狂犬病は犬のほか、他の動物や人もかかる感染症です。発症すると現代でも治療法はなく、100%死に至ります。

この病気を防ぐため、狂犬病予防法が定められ、飼い犬の登録と毎年の予防注射が義務づけられています。犬を飼っている方は、飼い犬に毎年必ず予防注射を受けさせてください。

令和4年1月31日までに犬の登録をされた方には、3月下旬に「狂犬病定期予防注射のお知らせ」(申請書等を含む)を送付しています。通知の内容をご確認の上、会場へ必要書類を持参してください。

実施期間

令和4年4月1日(金曜日)~令和4年6月30日(木曜日)

区では、例年4月中に狂犬病定期予防注射を実施しています。

令和4年度は、会場となる動物病院での人の密集を避けるため、4月~6月までの3か月間で実施します。注射を打つ際は、マスクの着用・手指の消毒等の感染対策にご理解とご協力をいただきますよう、よろしくお願いします。

実施会場

東京都獣医師会に所属する世田谷区内の動物病院

詳しくは「PDFファイルを開きます令和4年度 狂犬病定期予防注射会場・日程一覧表」をご確認ください。

※診療日、休診日等は会場となる動物病院によって異なります。

※日程表は4月現在のものです。5月~6月の休診日等については、動物病院に直接お問い合わせください。

※備考欄に「要予約」「要連絡」と表記のある病院は、事前にご連絡が必要です。

 料金

3,750円(注射料金3,200円 注射済票交付手数料550円)

  • 令和元年10月からの消費税増税に伴い、注射料金が改定されました。
  • 支払方法は現金のみ受付しております。釣銭のないようご用意ください。
  • ご案内の注射料金は、狂犬病定期予防注射の実施期間に限った共通料金です。定期予防注射期間以外の料金については動物病院にお問い合わせください。

注意事項

  • 会場では、この期間に限り、共通料金(3,200円)で予防注射を行い、同時に注射済票の交付(手数料550円)を行います。
  • 狂犬病予防注射以外の診療をご希望の方は、あらかじめ獣医師に相談した上で受診してください。
  • 犬の登録は、実施会場ではできませんのでご注意ください。
  • 上記実施会場以外の動物病院等で狂犬病の予防接種を受けた場合は、注射済票の交付は受けられません。獣医師より「狂犬病予防注射済証」の交付を受け、下記の受付窓口に提示の上、注射済票の交付を受けてください。
  • 獣医師の診断により、当年度中の予防注射が受けられない場合は、6月30日(木曜日)までに延期(猶予)届の提出をお願いします。お手続きは、獣医師発行の「狂犬病予防注射実施猶予認定書」または「猶予診断書」を下記の受付窓口で提示もしくは飼い犬の届出(オンライン手続き)についてよりオンライン手続きをしていただけます。
  • 飼い主の住所・氏名等や飼い主の所在地などに変更がある場合、変更届の提出が必要です。下記の受付窓口で手続きもしくは飼い犬の届出(オンライン手続き)についてよりオンライン手続きをしていただけます。

受付窓口

世田谷保健所および各総合支所くみん窓口・各出張所

※土曜日の窓口開設の総合支所・出張所であっても、土曜日は犬の登録関係業務は取り扱っておりませんので、ご注意ください。

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

世田谷保健所 生活保健課 生活保健

電話番号 03-5432-2908

ファクシミリ 03-5432-3054