ペットと新型コロナウイルス感染症について

最終更新日 令和2年5月18日

ページ番号 185958

新型コロナウイルス感染症について、ペットから人に感染したという例は、現時点(5月12日現在)では報告されていません。

  • 海外では、飼い主からペットへ感染した例が数例報告されています。
  • ペットがヒトの感染に重要な役割を担う証拠はないとされています。

飼い主の方へのお願い

ペットを飼育されている方は、以下の点にご注意ください。

  • アルコール消毒液等を使用した際、ペットが消毒液を舐めてしまわないようご注意ください。
  • ペットの具合が悪いように見受けられる場合や、万が一消毒液等を誤飲してしまった場合は、早急に動物病院を受診してください。
  • 家族や知人など、もしもの時のペットの預け先を決めておきましょう。(預け先が見つからない場合は、かかりつけの動物病院などに相談しましょう)
  • 動物との過度な接触は控え、動物に触れた際は手洗い等をしっかりと行いましょう。
  • まずは飼い主の方が新型コロナウイルスに感染しないことが重要です。三密を避け、手洗い・うがいや部屋の換気等の予防策を励行してください。

 関連サイト

ペットと新型コロナウイルス感染症に関する詳しい情報については、次のサイトをご参照ください。

環境省「ペットを飼っている皆さま、ペット関連事業者の皆さまへ」新しいウインドウが開きます

公益社団法人日本獣医師会新しいウインドウが開きます

公益社団法人東京都獣医師会新しいウインドウが開きます

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

世田谷保健所 生活保健課 生活保健

電話番号 03-5432-2908

ファクシミリ 03-5432-3054