応急危険度判定スキルアップセミナーVol.7(オンライン)を開催しました。

最終更新日 令和4年2月1日

ページ番号 180842

応急危険度判定スキルアップセミナーVol.7(オンライン)

「応急危険度判定スキルアップセミナーVol.7」(オンライン)を開催しました。

(世田谷区・東京建築士会世田谷支部 主催)

「応急危険度判定スキルアップセミナー」は、判定員が応急危険度判定を要請された際に、迅速な判定をするためのスキルを磨くことを目的として、講師による講演や、建物の被害写真による判定調査表の記入の仕方、下げ振りによる柱傾斜測定方法など、現場で必要なスキルを学ぶセミナーです。

コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、今年度もオンライン(Zoomウェビナー)にて開催とし、31名の方にご参加いただきました。
今後も年1回の予定で引き続きセミナーを開催していく予定です。判定員の皆様にはぜひご参加ください。
(セミナー概要) 


(セミナー資料)※一部抜粋して掲載しています。

  1. PDFファイルを開きます応急危険度判定制度と世田谷区の取り組み
  2. PDFファイルを開きますRC造建築物の判定方法
  3. PDFファイルを開きます「RC造判定演習の解説」
  4. PDFファイルを開きます熊本地震での被害、判定活動とRC建築物の被害状況

セミナー事前演習

(参考)昨年のセミナーの資料(抜粋)および質疑応答

PDFファイルを開きます「木造建築物の判定方法および判定演習の解説」(スキルアップセミナーVol.6)

PDFファイルを開きます木造建築物の判定演習と判定例(スキルアップセミナーVol.6)

PDFファイルを開きますセミナー質疑応答(スキルアップセミナーVol.6)

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

都市整備政策部 建築調整課

電話番号 03-6432-7162

ファクシミリ 03-6432-7985