世田谷区水害・土砂災害に関する避難情報発令時の警戒レベルの運用開始について

最終更新日 令和元年7月15日

ページ番号 180489

平成30年7月豪雨を教訓とし、内閣府は避難情報等の発令基準や伝達方法について参考とする「避難勧告等に関するガイドライン」を平成31年3月に改定しました。今回の改定では、5段階の「警戒レベル」が導入されました。世田谷区においても、水害・土砂災害の避難情報発令時に「警戒レベル」を付した情報発信を開始します。世田谷区が発令する避難情報と警戒レベル及び区民の皆さんがとるべき行動は以下の表のとおりです。

世田谷区が発令する避難情報と警戒レベル及び区民の皆さんがとる行動
警戒レベル 避難情報等 区民の皆さんがとるべき行動
警戒レベル5 災害発生情報 命を守るための最善の行動をとる
警戒レベル4

避難指示(緊急)

避難対象地域の方は、

速やかに避難行動を開始する

避難勧告

警戒レベル3

避難準備・

高齢者等避難開始

高齢者等、避難に開始時間がかかる方は、

避難行動を開始する。

その他の人は避難行動の準備をする。

警戒レベル2

注意報(気象庁発表)

避難行動を確認する

警戒レベル1

警報級の可能性(気象庁発表)

心構えを高める

(補足)

  • 必ずしも、警戒レベルの順番に避難情報が発令されるとは限りません。また、【警戒レベル5】は、必ず発令されるものではありません。
  • 災害発生情報及び避難指示(緊急)は必ず発令されるものではありません。避難勧告が世田谷区の避難情報発令対象となる水害・土砂災害は、関連リンク「世田谷区水害・土砂災害に関する避難勧告等の判断基準について」をご覧ください。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

危機管理室 災害対策課

電話番号 03-5432-2262

ファクシミリ 03-5432-3014