令和元年9月8日(日曜日)より接近した台風15号に伴う被害等のお問い合わせについて

最終更新日 令和元年9月18日

ページ番号 181503

令和元年9月8日(日曜日)より接近した台風15号に伴う被害等のお問い合わせについて

お問い合わせが多い事項について、以下のとおりご案内いたします。

り災証明書の発行について(一定の条件あり)

住所地を管轄するまちづくりセンターでは、「り災証明書」を発行します。り災証明書は各種公的融資や租税、保険料の減免を受ける際に必要な場合があります。また、災害見舞金が支給されることがあります。
→関連ページ り災証明、災害見舞金、支援制度について

ごみの処理について

住所地を管轄する清掃事務所では、天災その他の災害により発生したごみの処分が必要な場合、り災証明書が発行された方については、処理手数料を減免する場合があります。 
→関連ページ 粗大ごみ・臨時ごみ処理手数料等の減免

 ※ただし、建築物の一部である屋根瓦や壁など、区では処理ができないものは、ごみとして収集できないため、処理手数料の減免の対象外となります。


また、今回の暴風により、ご自身の所有物ではないごみが飛んできた場合のお問い合わせが多くございます。その場合、一般的なごみ処理手順で対応できないものや私有地に飛んできた物については、お住まいを管轄している各清掃事務所(世田谷 03-3425-3111、玉川 03-3703-2638、砧 03-3290-2151)へご相談ください。

消毒について

家屋が浸水被害にあった場合、通常、洗浄や拭き取りにより汚れを十分に除去して、乾燥することで対応が可能です。もし気になる場合は、洗浄・乾燥後、家庭用塩素系漂白剤を製品裏面の説明書とおりに水で薄め、タオルを浸して絞って拭いてください。食器等は洗浄後、家庭用塩素系漂白剤を製品裏面の説明書のとおりに水で薄めた液で消毒してください。世田谷保健所では必要に応じて、対応可能な範囲で消毒作業を行います。詳しくはお問い合わせください。

→お問い合わせ先 世田谷保健所生活保健課(電話番号03-5432-2903)

税の減免について

台風や水害などにより家財に一定以上の損害を受けた場合は、申請により、その状況に応じて税負担の軽減や免除を行っています。申請には、り災証明書などの書類が必要なため、詳しくは納税課納税相談係までご相談ください。

→お問い合わせ先 納税課納税相談係(電話番号03-5432-2208)

保育料の減免について

被害の程度や所得額によって、保育料が減額又は免除される場合があります。詳しくは、保育認定・調整課までお問い合わせください。

→お問い合わせ先 保育認定・調整課入園担当(電話番号03-5432-1200)

災害応急資金融資あっせんについて(事業者向け)

一定の地域に集中して発生した自然災害により損失を受けた中小企業者のための応急資金の融資あっせんを行っています。申し込みには、り災証明書などの書類が必要なため、詳しくは、世田谷区産業振興公社までお問い合わせください。

→お問い合わせ・申し込み先 公益財団法人世田谷区 産業振興公社 商業・ものづくり・経営支援係(電話番号03-3411-6603)
→関連ページ災害応急資金あっせん制度新しいウインドウが開きます(公益財団法人世田谷区産業振興公社のページです。)

緊急援護金支給について

災害、その他緊急に援護を必要とする方へ支給します。詳しくは、世田谷区社会福祉協議会までお問い合わせください。

→お問い合わせ先 世田谷区社会福祉協議会(電話番号03-5429-2200)

災害ボランティアについて

家屋の片付けなどをお手伝いする災害ボランティアをご希望の方は、せたがや災害ボランティアセンターまでお問い合わせください。※内容によってはご希望に添えない場合もあります。なお、ボランティアへの報酬は、必要ありません。

→お問い合わせ先 せたがや災害ボランティアセンター(社会福祉法人世田谷ボランティア協会内)(電話番号 03-5712-5101)

→関連ページ 災害ボランティアについて新しいウインドウが開きます(せたがや災害ボランティアセンターのページです。)

台風第15号により被害のあった災害ボランティアの募集状況について

全社協 被災地支援・災害ボランティアのページ新しいウインドウが開きます新しいウインドウが開きます

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

危機管理室 災害対策課

電話番号 03-5432-2262

ファクシミリ 03-5432-3014