10月1日からお使いいただく国民健康保険証をお送りします

最終更新日 令和元年9月1日

ページ番号 181231

国民健康保険証の、2年に一度の一斉更新を行います。

お手元の国民健康保険証の有効期限が令和元年(平成31年)9月30日までとなっていますので、 10月1日からお使いいただく新しい国民健康保険証をお送りします。

世帯主の方あてに、簡易書留郵便でお送りしますので、お受取りください。

お送りする保険証について

一般被保険者の保険証(一般証)はサーモン色、退職者医療制度該当者(被扶養者含む)の保険証(マル退証)は若草色となっています。

有効期限について

新しい保険証の有効期限は令和3年9月30日(2年間)です。

ただし、後期高齢者医療制度へ移行になる方、退職者医療制度該当から一般証へ変更になる方、外国籍で在留期限が切れる方等の有効期限は、2年より短くなっています。

臓器提供意志表示欄について

保険証の裏面に臓器提供意思表示欄を設けています。

詳しくは「公益社団法人日本臓器移植ネットワーク新しいウインドウが開きますのホームページをご覧ください。

有効期限切れの保険証について

有効期限切れの保険証(一般証は濃クリーム色、マル退証は空色)は、返却の必要はありません。

10月1日以降、ハサミで裁断するなどして処分をお願いします。

配達期間と方法

配達期間について

9月4日(水曜日)から9月18日(水曜日)の間に、郵送されます。

約15万世帯に配送するため、日数がかかります。事前に配達日時の指定はできませんので、ご了承ください。

配達方法について

世帯主の方あてに、簡易書留郵便でお送りします。

宛名は世帯主の方となっておりますが、世帯員のうち、国民健康保険に加入している全員の方の保険証が同封されています。必ず保険証に記載のお名前をご確認ください。

(世帯主の方が国民健康保険に加入していない場合も、宛名は世帯主の方となります。)

ご不在の場合は「不在連絡票」が投函されます

郵便局での保管期間は、不在連絡票投函から7日間です。

保管期間内に郵便局へ再配達の連絡をするか、指定の郵便局の窓口でお受取り下さい。(窓口で受取りの際には、本人確認が必要です。詳しくは、郵便局へおたずねください。)

保管期間を経過した場合は特定記録郵便で再度郵送しますが10月1日を過ぎる可能性もありますので、不在連絡票が届いた場合は保管期間内に郵便局へ再配達の連絡をしてお受け取りください。

転居や脱退手続きをしたのに保険証が届いたとき

お送りした保険証は、令和元年8月16日(金曜日)現在の状況で作成し、8月19日(月曜日)以降に届け出をされた方にも、届出前の内容でお送りしています。

お手数をおかけしますが、すでに新しい保険証をお持ちの方、世田谷区外への転出や脱退により国民健康保険の資格がない方は、保険証の返却をお願いします。

返却場所 : 国保・年金課、各総合支所くみん窓口、各出張所、各まちづくりセンター

勤務先の健康保険に加入したのに保険証が届いたとき

勤務先の健康保険に加入された場合(扶養家族を含む)は、ご自身で、国民健康保険の脱退手続きが必要です。(令和元年8月16日(金曜日)の時点で届出がなかった方には、保険証をお送りしています。)

脱退の届出については、「国民健康保険脱退の届出」のページをご参照ください。

添付ファイル添付ファイルの閲覧方法

このページについてのお問い合わせ先

国保・年金課/資格賦課

電話番号 03-5432-2331

ファクシミリ 03-5432-3038