非自発的失業者の保険料軽減制度

最終更新日 平成28年4月1日

ページ番号 32018

解雇や雇止め等、非自発的な理由による離職をされた方の保険料を軽減する制度があります。

軽減制度の対象者

次の全てに該当する方

  • 離職日時点で65歳未満の方
  • 雇用保険の特定受給資格者または特定理由離職者
    (注意)雇用保険受給資格者証の離職理由に次のコードが記載されていることをご確認ください。
該当理由・該当コード
該当理由 該当コード
特定受給資格者 11・12・21・22・31・32
特定理由離職者 23・33・34

軽減の対象期間

離職日の翌日の属する月から翌年度末までです。対象期間内に国民健康保険の資格を喪失される方は資格喪失までとなります。
(補足)就職などにより、一度国民健康保険の資格を喪失しても、その後軽減対象期間内に再加入された場合、残った期間の軽減を受けられることがあります。詳しくはお問い合わせください。

軽減方法

対象者の前年の給与所得を100分の30とみなして保険料を計算します。
対象者に前年給与所得が無い場合や、住民税未申告の場合などは減額にはなりません。

なお、この算定額は高額療養費の所得区分判定にも適用されます。

届出方法

雇用保険受給資格者証(原本)と国民健康保険証をお持ちのうえ、区役所国保・年金課資格賦課(世田谷区役所第2庁舎2階26番)の窓口にお越しください。

国民健康保険の加入手続きと同時に軽減制度の申請をされる方は、加入に必要な書類と雇用保険受給資格者証(原本)をお持ちのうえ、区役所国保・年金課資格賦課の窓口にお越しください。

加入に必要な書類は国民健康保険加入の届出をご覧ください。

このページについてのお問い合わせ先

国保・年金課 資格賦課

電話番号 03-5432-2331

ファクシミリ 03-5432-3038