イベントの中止等によるチケット払戻請求権を放棄した場合の寄附金税額控除について

最終更新日 令和2年8月11日

ページ番号 186766

新型コロナウイルス感染症に関する政府の自粛要請を受けて、中止等された文化芸術・スポーツイベントについて、チケット払戻しを受けない(放棄する)ことを選択した場合、その金額分(年間20万円が上限)を「寄附」と見なし、特別区民税において寄附金税額控除を受けることができます。

対象となるイベント

  1. 文化芸術またはスポーツに関するもの
  2. 令和2年2月1日から令和3年1月31日までに開催されたまたは開催する予定であったもの
  3. 不特定かつ多数の者を対象とするもの
  4. 日本国内で開催されたまたは開催する予定であったもの
  5. 新型コロナウイルス感染症及びそのまん延防止のための措置の影響により、現に中止・延期・規模縮小されたもの
  6. 5の場合に払戻しがされたもしくはされる予定であること
  7. 1から6に該当するイベントとして主催者が文化庁・スポーツ庁に申請し、文部科学大臣の指定を受けたもの

文部科学大臣が指定するイベントの詳細については文化庁またはスポーツ庁のホームページでご確認ください。

文化庁ホームページ新しいウインドウが開きます

スポーツ庁ホームページ新しいウインドウが開きます

控除を受けるには

主催者から交付される払戻請求権放棄証明書及び指定行事証明書の写しを添付して確定申告もしくは住民税申告が必要です。所得税が課税されている場合は税務署に確定申告すると、所得税が還付される場合があります。所得税がかからず住民税のみ課税となる場合は、区役所に住民税申告をしてください。

寄附金税額控除額の計算

(対象寄附金の合計額 - 2,000円) × 6%(区民税6%)

(注意)対象寄附金の合計額は総所得金額等の30%が限度になります。

お問い合わせ先

下記の住所地担当係までお願いします。

問い合わせ先
係名 担当地域 電話番号
課税第1係

池尻(1~3丁目、4丁目1~32番)、上馬、経堂、駒沢(1・2丁目)、桜、桜丘、

三軒茶屋、下馬、世田谷、太子堂、弦巻、野沢、三宿、宮坂、若林

03-5432-2169
課税第2係

赤堤、池尻(4丁目33~39番)、宇奈根、梅丘、大蔵、大原、岡本、鎌田、

北沢、喜多見、砧、砧公園、豪徳寺、桜上水、成城、祖師谷、代沢、代田、

千歳台、羽根木、船橋、松原

03-5432-2174

課税第3係

奥沢、尾山台、粕谷、上北沢、上祖師谷、上野毛、上用賀、北烏山、給田、

駒沢(3~5丁目)、駒沢公園、桜新町、新町、瀬田、玉川、玉川台、

玉川田園調布、玉堤、等々力、中町、野毛、八幡山、東玉川、深沢、

南烏山、用賀

03-5432-2184

ファクシミリはいずれも03-5432-3037

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

上記お問い合わせ先参照

電話番号 上記お問い合わせ先参照

ファクシミリ 03-5432-3037

このページは課税課が作成しました。