世田谷区立教育総合センター運営計画

最終更新日 令和3年4月12日

ページ番号 191052

世田谷区立教育総合センター運営計画

グローバル社会の到来や環境問題、AI革命など急速な社会の変化が、一人ひとりの生活を質的にも変化させています。

新型コロナウイルス感染症に伴う長期間の学校休業から、オンラインによる授業や学校と家庭のネットワーク化の必要性が改めて認識されました。予測不能な時代を生きるためには、課題解決型の協働的な学び(探究的な学習)へと教育の質的変換が求められています。

教育の転換期において最も重要なのは、世田谷の教育の質の転換を担う教員や、乳幼児期の教育・保育を担う幼稚園教諭や保育士の人材育成だと教育委員会は考えます。

予測できない社会を生きる子どもたちに主体的にその変化に向き合い、一人ひとりが自分の可能性を信じ、夢や希望を持ちたくましく生きてほしいという願いのもと、子ども支援、保護者支援、教員支援の機能をもつ「学びのステーション」として、令和3年12月に教育総合センターを開設する予定です。世田谷の教育を新しい時代に必要な教育へと転換していくにあたり、世田谷区立教育総合センター運営計画を策定しました。

詳しくは、下記の添付ファイルをご覧ください。

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

教育政策部 乳幼児教育・保育支援課

電話番号 03-6453-1531

ファクシミリ 03-6453-1534