自主保育

最終更新日 令和元年9月19日

ページ番号 162187

自主保育とは

「野外保育や豊富な生活体験を通じて、子ども一人ひとりの個性やよいところを存分に伸ばしたい」そんな願いから生まれたもう一つの保育の形です。身近な自然の中で、就学前のお子さんを子育て中の親同士が集まり、お子さんを交代で見守り合いながら、自分たちで子どもを育てていく活動です。

活動団体

平成30年4月1日発行のPDFファイルを開きます情報誌「せたがやの子育て」45号で、自主保育団体が紹介されています。

「せたがやの子育て」45号に掲載団体以外にも自主保育を行っています。詳細は「新しい保育を考える会 しんぽれん」新しいウインドウが開きますをご覧ください。

お話会 「自主保育って、なあに?」開催について

幼稚園でもない、保育園でもない、もうひとつの保育のカタチ「自主保育」。

小学校に入る前まで、母たちを中心に交代で預け合いをしながら、自然の中で子どもたちの成長を共に見守っていきます。世田谷区では現在4つの自主保育グループがあり、たくさんの子どもたちがここから巣立っています。

もっとたくさんのお母さん、お父さんに「自主保育」を知ってもらえたら。世田谷の自主保育で子どもたちと過ごしたお母さんたちのお話会です。

もちろんお子さんとご一緒にどうぞ!

日時

令和元年10月7日(月曜日)

10時30分~11時30分

会場

子ども・子育て総合センター3階研修室(宮坂3-15-15)

※キッズスペースあります

参加費

無料

申込方法

10月6日(日曜日)までに下記のメールにお申込ください。

メール:s.jisyuhoiku@gmail.com

主催

  • 自主保育 駒沢おひさま会
  • 自主保育 てんとう虫
  • 自主保育 野毛風の子
  • 自主ようちえんひろば

協力

狛江おひさま会

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

子ども家庭課 子育て支援担当

電話番号 03-5432-2569

ファクシミリ 03-5432-3081