松沢児童館「じどうかんこどもまつり あそびの宝島」を実施しました

最終更新日 令和元年10月26日

ページ番号 182537

子どもの店。ゲーム屋。宝島大賞メンバー

子どもの店。手作り屋。エンディングの様子

10月20日は松沢児童館こどもまつり「あそびの宝島」でした。

雨、工事が続き、2年間児童館の室内でおまつりを実施していましたが、今年は気持ちのいい天気の中、3年振りに赤松公園でおまつりを行うことができました。

この日のために、こつこつとゲームや手作り小物を作ってきた子ども実行委員の子ども達。当日は、「いらっしゃいませ!」「〇〇ゲームはこちらです!」と、大きな声でお客さんを呼び込んでいました。大人実行委員会の皆さんのゲーム屋、食べ物屋さんも大繁盛でした。

お客さんは子どものお店で遊んだり、大人のお店でおいしいものを食べ、工作したりとおまつりを楽しんでいました。

今年は、当日来場したお客さんに、自分のお気に入りの店に1票入れる、「あそびの宝島大賞」を選んでもらいました。箸置きと小皿の陶芸の店、「山元店長とゆかいな仲間たち」が選ばれました。

協力してくださった皆さん、近隣の皆さん、ありがとうございました。

このページについてのお問い合わせ先

子ども・若者部 松沢児童館

電話番号 03-3328-9266

ファクシミリ 03-3328-9374