児童館対抗ドッジボール大会

最終更新日 令和元年11月1日

ページ番号 136437

児童館対抗ドッジボール大会とは

区内25の児童館が一堂に会し、児童館で親しまれているドッジボールを通じて、地域や学校・学年を超えた子どもたち同士が交流します。

各児童館の小学生で1チームを編成し、優勝を目指して練習の成果を発揮します。毎年とても盛り上がります。がんばっている子どもたちの姿を、ぜひ応援してください。 

応援するチアリーダーの発表もあります。

対象

児童館で選手の申し込みをした小学校1年生から6年生

今年度の大会について

日程

令和元年12月1日(日曜日)

場所

世田谷区立総合運動場体育館

昨年度の様子

開会式の写真
開会式。全員でお互いの健闘を祈りました。
試合の写真
会場内は熱気で包まれました
チアリーダーの写真
チアリーダーからの選手への応援

決勝戦の写真
決勝戦。緊張が走ります
優勝カップ贈呈
区長より優勝カップ贈呈
集合写真
544名の選手が参加しました。

第33回ドッジボール大会

優勝 山野児童館 準優勝 祖師谷児童館 3位 船橋児童館・松沢児童館

子どもが参加した保護者の声(実施後アンケートから抜粋)

ドッジボール大会や、児童館での練習に参加して良かった事はどんな事ですか

  • 学校をこえて一つのチームとなり、戦うところにとても魅力があると思います。上の兄が中学で他校の子と話した際、ドッジボール大会で共に闘った仲間と分かり、お互いに親近感を抱いたようです。縦割りでのチームもふだん交流できないので、とても良いと思います。
  • ドッジボール大会のおかげで放課後の過ごし方がとても充実しました。家でテレビを見たりゲームをするだけの日が多かったので、身体を動かすことが出来てよかったです。
  • 運動不足の解消、同学年だけではなく他学年の子どもとも練習を通して仲良くなれたこと。職員さんも熱心に取り組んでくれているのがよくわかりました。子どもにとって、目標を持ってみんなで協力し合って物事に取り組む素晴らしさ、楽しさに気付かせてくれる一大イベントだったなと思いました。

ドッジボールをとおしてお子さんに変化はありましたか

  • 練習の日程や時間や場所を自分でプリントを壁に貼って確認して行くなど、親が言わなくても行動する様子に成長を感じました。好きな事を通して伸びる力はすごいですね。
  • 高学年のボールの早さやキャッチのすごさに感動しているらしく、家でもずっとその話をしていました。チーム競技の習い事をしていないので、よほど新鮮だったのだと思います。良い所をマネして自分もうまくなりたいという気持ちになってくれていることが嬉しいです。 
  • 1人で何かをするよりも、皆で力を合わせて頑張るスポーツが好きになりました。

その他、ご感想をお聞かせください。

  • 仲間と遊んだり、話ができたり、時にはケンカもありで、学校以外で過ごせる貴重な場所。児童館は子にとっても親にとってもなくてはならない存在だと思います。
  • 学年や力量によって役割があり、子ども達がわかってやっているところが良いなと思いました。応援も燃えました!親子共々楽しかったです。ありがとうございました!
  • 試合を見ると、他の児童館も含めて、子どもの成長や可能性が感じられ、このような大会があるのが本当にすごいと思います。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

子ども・若者部 児童課

電話番号 03-5432-2254

ファクシミリ 03-5432-3016