新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う認可保育園等の保育料等の取扱い【令和3年5月10日20時00分更新】

最終更新日 令和3年5月10日

ページ番号 184972

認可外保育施設の保育料については「新型コロナウイルス感染症の影響による認可外保育施設等の保育料の取扱い」をご確認ください。

項目 内容

保育料等の減免及び日割り計算について

令和3年4月25日に緊急事態宣言が発出されたことにより、4月26日(月)から保育対応レベル2:縮小保育を実施し、それに併せて、登園自粛の協力のお願いをしており、以下のとおり認可保育園等の保育料、区立園の延長保育料・給食費を登園日数に応じて日割り計算いたします。

今後、感染状況等によって再度取り扱いが変わる場合は改めて周知いたします。

1 日割り対象期間

令和3426日~531日(緊急事態宣言に合わせて延長しました)

※対象期間のみの日割り計算となります。425日以前及び61日以降は欠席しても日割り対象となりません。

2 登園日数に応じた保育料、区立園の延長保育料・給食費の算定方法

(1)保育料≪0~2歳児クラス≫

1日分の保育料を【月額の保育料÷25日】で計算し、対象期間の登園日数と対象期間外の施設開所日数の合計日数に応じて各月の保育料を算定します。

【1日の保育料×(対象期間の登園日数と対象期間外の施設開所日数の合計)=当該月の保育料】。

<参考>

●4月分日割り算定日数の計算方法

4月26日~4月30日までの登園日数+21日(4月1日~4月24日までの施設開所日数)=4月日割り保育料算定日数

●5月分日割り算定日数の計算方法

5月1日~5月31日までの登園日数=5月日割り保育料算定日数

(2)区立園の延長保育料

保育料と同様の計算方法(利用日数に応じて)にて金額を算定します。

(3)区立園の給食費≪3~5歳児クラス≫

保育料と同様の計算方法(利用日数に応じて)にて金額を算定します。

3 保育料等の納付について

(1)4月分

緊急事態宣言発出時に、既に口座振替手続きを進めていたため、通常の保育料等額を一度振替させていただきました。4月分日割り保育料等額が確定しましたら、差額を後日還付します。納付書にて納付済みの方も同様に差額を後日還付します。還付日程は詳細が決まり次第別途ご案内します。

(2)5月分

従来の当月末の口座振替は行わず、登園日数等(利用日数等)に応じた保育料等が確定しましたら、事前に通知した後、徴収いたします。納付書払いの方には、別途、登園日数等(利用日数等)に応じた新たな保育料等納付書を送付します。

※5月分の保育料等をすでに納付済みの方は、4月分同様に保育料等の金額が確定した後、還付手続きのご案内をします。

※詳細な納期限(口座振替日)については、決まり次第改めてお知らせいたします。

4 手続きについて

登園日数に基づく保育料等の計算結果は、各ご家庭に個別に通知いたします。詳細は、お送りする通知をご確認ください。

5 その他

(1)世田谷区外にお住まいのご家庭については、お住いの市区町村の対応をご確認ください。

(2)世田谷区外の保育施設をご利用しているご家庭については、施設所在地の市町村が決定した取り扱いとなりますので、ご注意ください。

(3)登園日数の確認は区が各施設に直接行います。そのため保護者の皆様から区にご連絡いただく必要はありませんが、ご利用の施設から登園日数について、確認等があった場合は、ご協力をお願いいたします。

(4)施設に直接保育料をお支払いいただいている、認定こども園及び地域型保育事業をご利用のご家庭の詳細な手続き等については、ご利用の施設にお問い合わせください。

【令和3年5月10日20時00分更新】

職場復帰

育児休業からの復職を前提にお子さんの入園が決定したご家庭におきましては、入園月中に復職していただきますようお願いいたします。

復職後、2週間以内に「復職証明書」を入園担当あて郵送にてご提出ください。

【令和3年5月10日20時00分更新】

求職要件の再認定

求職要件で入園した方、または求職要件以外で入園し、その後求職要件に変更となった方で、90日間のうちに就職できなかった場合は、求職の要件を再認定し、お子さんの在園期間を90日延長します(令和2年度に引き続き、令和3年5月10日現在においても同じ対応をしております)。

【令和3年5月10日20時00分更新】

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

保育認定・調整課入園担当

電話番号 03-5432-1200

ファクシミリ 03-5432-1506