新型コロナウイルス感染症拡大に伴う認可保育園等の保育料等の取扱い【3月31日15時更新】

最終更新日 令和2年3月31日

ページ番号 184972

項目 内容
保護者の都合により園を休園する場合(出張、里帰り出産、子どもの疾病等による場合)

休園できる期間は最長2ヶ月まで(4月入園予定の方は5月末まで休園可能)。
ただし、新型コロナウイルス感染予防のため、4月以前より継続して休園している場合は、2ヶ月を超えて5月末まで休園することが可能です。

【3月31日15時更新】

職場復帰

※4月入園予定者のみ

現在育児休業中で4月入園予定の皆様について、復職期限を1ヵ月延長し、5月中の復職でも可とします。職場復帰ができないことを証明する書類(会社の証明書等)の提出は不要です。

復職時期については、育児休業を取得した勤務先が作成する復職証明書で確認します。(復職についても実際の勤務の有無は求めません(年次有給休暇も勤務とみなします))

【3月25日9時更新】

(参考)3月24日以前は、復職期限を延長する場合、会社の証明書等の提出を必要としていましたが、取り扱いを変更し、不要としました。

保育料及び

区立園の延長保育料

新型コロナウイルス感染症予防のため、お子さんが保育園を欠席した場合、欠席日数に応じて保育料(3月、4月、5月分)、区立園の延長保育料(4月、5月分)を減免します。なお、減免にあたっての手続き等は、詳細が決まり次第ご案内いたします。

※ 認証保育所、保育室・保育ママの対応については現在検討中です。

【3月31日15時更新】

(参考)3月30日以前は、「徴収する」としていましたが、取り扱いを変更し、減免いたします。

副食費 徴収します(区立保育園の場合、休園する月の前日末日までに申請があれば免除となる場合があります)
なお、副食費の徴収免除の対象となっているお子さん(0歳児~2歳児クラス及び年収760万円未満相当世帯)は、副食費のお支払いは不要です。
≪現行どおり≫

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

保育認定・調整課入園担当

電話番号 03-5432-1200

ファクシミリ 03-5432-1506