介護事業所等を対象としたPCR検査(社会的検査)の実施について【10月19日17時更新】

最終更新日 令和2年10月19日

ページ番号 188032

9月28日(月曜日)の世田谷区第3回区議会定例会におきまして、「令和2年度第3次補正予算」が成立しました。新型コロナウイルス感染症対策として、介護事業所等の社会的インフラを継続的に維持するため、この間、区として検討を進めてきましたが、この度、以下のとおりPCR検査(社会的検査、以下「検査」といいます。)を実施します。

新型コロナウイルスに関する状況は、日々、目まぐるしく変わっています。今後の新型コロナウイルスの感染状況や、国や都の新たな取組みや基準が示された場合は、事業内容を最適なものへと変更していきます。

財源については、区が行う社会的検査が、国の通知により行政検査となることから、全額、国の負担となる見込みです。

区民の皆様には、このページにて内容の詳細を順次、お知らせいたします。

なお、発熱等の症状のある方は、本事業に該当する方であっても、これまでどおり、区内診療所(かかりつけ医)や、帰国者・接触者相談センターにご相談ください。

1 検査の目的

  • 介護事業所や障害者施設等を利用されている感染へのリスクが高い入所者等への感染を未然に防ぎ、重症化を避けること
  • 介護事業所や障害者施設等において、感染者または感染疑いのある方に接触した可能性が高い場合に早期に対応すること
  • 介護事業所や障害者施設等の現場におけるクラスターを抑止すること

上記を目的とした検査を実施することで、施設内感染を防ぐための迅速な対応に繋げ、職員が安心して業務に従事できるように、福祉サービスを止めない環境を築いてまいります。

2 対象者 ※対象者には施設を通じてご案内します。

以下の方が対象です。

なお、検査の申込みは、原則として施設を通じて行っていただきます。

  • 介護事業所の職員(特別養護老人ホーム等の施設入所(居)予定者を含む)
  • 障害者施設の職員
  • 一時保護所の職員(入所予定者を含む)
  • 児童養護施設等の職員(入所予定者を含む)
  • 保育園の職員
  • 幼稚園の職員
  • 上記の施設のうち、感染者が発生した際に施設を利用されている方

3 実施概要

検査は、随時検査と定期検査の2つに分類して実施します。

zissigaiyou

随時検査 

随時検査は、上表の(2)または(3)を対象に、下記「定期検査」で示すスケジュールによらず、最優先で実施するものです。

上表の(3)については、同居の家族が濃厚接触者となった場合や新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)により陽性者との接触の確認の通知を受けた方などを想定しています。

    定期検査 ※対象となる事業所には改めてご案内します。

上表(4)の定期検査は、下記の第1段階~第4段階までの区が示すスケジュールに基づき、検査を希望する事業所の職員等に対して実施します。

なお、定期検査は高齢者等への感染に伴う重症化を避けるため、介護事業所と障害者施設を優先に実施します。

定期検査で示すスケジュールにかかわらず、上記「随時検査」に該当するケースについては、最優先で実施していきます。

第1段階(介護事業所の職員等)

予定時期:令和2年10月

以下に該当し、希望する方を対象に実施します。

対象となる事業所には、改めてご連絡いたします。

(1)介護事業所の職員

 ただし、病院・診療所が運営する事業所の職員は除きます。

(2)特別養護老人ホーム等に新しく入所(居)を予定されている方

第2段階(介護事業所の職員等)

予定時期:令和2年11月~令和3年1月

以下に該当し、希望する方を対象に実施します。

対象となる事業所には、改めてご連絡いたします。

(1)介護事業所の職員

 ただし、病院・診療所が運営する事業所の職員は除きます。

(2)特別養護老人ホーム等に新しく入所(居)を予定されている方

※第1段階で検査を受けている方を除きます。

第3段階(障害者施設の職員)

予定時期:令和2年12月~令和3年1月

障害者施設で希望する職員を対象に実施します。

対象となる事業所には、改めてご連絡いたします。

第4段階(一時保護所・児童養護施設等・保育園・幼稚園の職員等)

予定時期:令和2年12月中旬~令和3年1月

これまで施設内で感染者が発生したことに伴い休所(園)となった事業所で、以下に該当し、希望する方を対象に実施します。

(1)一時保護所・児童養護施設等・保育園・幼稚園の職員

(2)一時保護所・児童養護施設等に新しく入所を予定されている方

4 実施内容

第1段階 PDFファイルを開きます※詳細はこちら

  • 予定検査件数 延べ2,000件
  • 検体採取の実施方法
  1. 委託医療機関が対象施設(介護事業所)に出向き、事前に検査を申し込んだ当該施設の職員・利用者から採取する。(1日100件程度)
  2. 事前に検査を申し込んだ当該施設の職員が、委託医療機関に出向き採取する。(1日10件程度)
  • 予定金額 約4,000万円
  • (内訳)検査料(検体採取含む)、施設巡回料、事務費用 など

第2段階以降 PDFファイルを開きます※詳細はこちら

  • 予定検査件数 延べ21,000件
  • 検体採取の実施方法
  1. 採取方法 医師の指示をうけた看護師、臨床検査技師の監視の下での鼻腔(前鼻孔)ぬぐい液及び唾液の自己採取とする。ただし国が認める検体及び採取方法の提案も可とする。
  2. 検体検査 国が認める核酸検出検査(PCR検査)を実施。
  • 予定金額 約3億7,339万6千円(令和2年度補正予算(第三次)4億1,339万6千円から第1段階の経費を減じた額)
  • (内訳)検査料・事務費・コールセンター運営費 など

5 手続きイメージ(案)

tetsuduki

6 新型コロナウイルス接触確認アプリについて

厚生労働省が、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に資するよう、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)を開発しました。

区民の皆様も、ご自身のスマートフォンにインストールして、ご活用ください。

詳しくはこちら(厚生労働省ウェブサイト)新しいウインドウが開きます

7 Q&A

PDFファイルを開きますこちらをご覧ください。

準備が整い次第、追加します。

8 その他

その他、新型コロナウイルス感染症に関する情報は、以下のページからご覧ください。

新型コロナウイルス感染症に関するまとめ

9 週ごとの検査数の推移

介護事業所等を対象としたPCR検査(社会的検査)の実施実績は次のとおりです。

各週

延べ施設数(か所) 検査数(人) 陽性者数(人)
随時検査 定期検査 随時検査 定期検査 随時検査 定期検査
10月2日~4日 3 0 110 0 1 0
10月5日~10月11日 3 8 7 151 0 1
10月12日~10月18日 2 1 2 1 0 0
合計 8 9 119 152 1 1

(補⾜)月曜日から日曜日までの合計を翌月曜日に毎週更新します。

(補足)上記の実績数には、保健所や医師会等で行っている従来型のPCR検査の実績数は含まれていません。従来型のPCR検査の実績数については、こちらのページ新しいウインドウが開きますをクリックしてご覧ください。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

保健福祉政策部 保健医療福祉推進課

電話番号 03-5432-2939

ファクシミリ 03-5432-3017