感染拡大防止へのご協力のお願い【10月6日20時更新】

最終更新日 令和2年10月6日

ページ番号 187991

【10月6日】

家庭内や会食での感染にご注意ください

世田谷区内の新型コロナウイルス感染症の感染状況については、依然として一日の感染者数が20名を超える日もある等、予断を許さない状況となっています。

ここ最近(令和2年9月)の傾向としては、感染源判明と区分している方のうち、家庭内感染が約38%、飲食店での会食等による感染が約28%と、合わせて6割を超える状況となっており、身近な人から感染している事例が多く見受けられます。

こうした状況を踏まえ、密閉、密集、密接といった3つの密を避け、「自ら感染しない」ことと「他者に感染させない」ことに十分留意してください。

また、以下のような、感染拡大を防止する細やかな配慮とリスクを最大限回避する習慣を一人ひとりが実践することが大切です。

 <家庭内での日ごろからの感染予防策>

  • 家に帰ったらまず手や顔を洗う。普段からまめに手洗いをする。
  • こまめに換気を行う。
  • 密接をさけ、距離をとる。
  • 料理を取り分け、同じ皿に複数人が箸をつけないようにする。
  • 一人ひとりが健康チェックをして、症状があるときは無理せず自宅で療養する。

 <会食の際の感染予防策>

  • 実際に感染症対策を講じていることが確認できる店舗等を利用する。
  • 参加人数は少人数とし、大人数での会食は避ける。
  • 可能な限り正面を避けて互い違いに、空間を開けて座る。
  • 大声や至近距離での会話は控える。
  • 回し飲みやグラスの共有はしない。
  • 料理を取り分け、同じ皿に複数人が箸をつけないようにする。
  • 食事中以外、特に会話を楽しむ時にはマスクを着用する。

なお、発熱や咳など、新型コロナウイルス感染症の感染を疑う症状が出た場合は、かかりつけ医もしくは保健所の帰国者・接触者電話相談センターにご相談ください。

【9月27日】

東京都の陽性者発生数は4連休後に再び100名を超える日が続き、世田谷区内においては、9月に入ってからも一日の陽性者発生数が20名を超える日もある等、予断を許さない状況となっています。

9月25日(金曜日)に、区内の飲食店において利用者の多くが新型コロナウイルス感染症に感染した事例を確認しました。濃厚接触者については、全員特定し、健康観察中です。

飲食店に従事する皆様には改めて感染予防の取り組みを徹底いただくとともに、区民の皆さんには、引き続き、密閉、密集、密接といった3つの密を避け、「自ら感染しない」ことと「他者に感染させない」ことに留意してください。

なお、発熱や咳など、新型コロナウイルス感染症の感染を疑う症状がでたら、かかりつけ医もしくは保健所の帰国者・接触者電話相談センターにご相談ください。

区も、医師会や医療機関等関係者の皆さんのご協力を頂きながら新型コロナウイルス感染症対策を強化していきます。

このページについてのお問い合わせ先

世田谷保健所 健康企画課

電話番号 03-5432-2432

ファクシミリ 03-5432-3022