感染拡大防止へのご協力のお願い【7月9日19時更新】

最終更新日 令和2年7月9日

ページ番号 186172

7月9日

ここ数日、東京都で100人を超え、本日は224人となる新型コロナウイルス感染症の陽性者発生がありますが、世田谷区でも7月に入り、一日の陽性者発生数が10人を超える日がある等、予断を許さない状況となっています。

世田谷区では、緊急事態宣言解除後から若い世代の陽性者が増加する傾向ではありましたが、7月に入ってからは夜間接客業関係の方(いわゆるキャバクラやホストクラブなどの関係者)の陽性者が確認されることも多くなりました。

7月8日には、新たに16人の陽性者が確認されました。このうち半数弱の方は、夜間接客業関係の方(いわゆるキャバクラやホストクラブなどの関係者)や夜の会食等に参加した方です。

ついては、区民の皆さんには、これからの行動には細心の注意を払い、特に飲食を伴う会合には十分に気を付けていただき、「自ら感染しない」ことと「他者に感染させない」ことに留意してください。

気を付けていただいていても、なお発熱や咳など、新型コロナウイルス感染症の感染を疑う症状がでたら、かかりつけ医やかかりつけがない場合は保健所の帰国者・接触者相談センターにご相談ください。

区も、医師会や医療機関等関係者の皆さんのご協力を頂きながら新型コロナウイルス感染症対策を強化していきます。

区民の皆さんも、感染予防や体調不良時の早めの受診など、ご協力をお願いいたします。 

6月16日

5月25日に国の緊急事態宣言が解除され、都の休業要請も段階的に緩和されているところですが、区内でも引き続き1日数件程度、発生が続いています。

6月上旬に区内の飲食店において、狭い空間を集団で長時間共有し、参加者の多くが新型コロナウイルス感染症に感染した事例が発生していましたが、濃厚接触者については全員特定し、健康観察は終了いたしました。

飲食店に従事する皆様には改めて感染予防の取組みを徹底いただくとともに、区民の皆様には、自らの健康を守るために、飲食店を利用される際も、知人を招いて自宅等で会食される際も、「三密」を避けるよう、十分注意いただくよう重ねてお願いします。

また、引き続き不要不急の外出や混雑を避け、手洗いの徹底・マスクの着用、人との距離を十分に保つなど感染拡大を防止するための「新しい日常」の定着にご理解、ご協力をお願いします。

このページについてのお問い合わせ先

広報広聴課

電話番号 03-5432-2014

ファクシミリ 03-5432-3001