世田谷区における新型コロナウイルス感染者数等の公表について【8月7日18時30分更新】

最終更新日 令和2年8月7日

ページ番号 185379

新型コロナウイルス感染症にかかる情報の公表について、引き続き区民・事業者への注意喚起や感染予防の取組みへの協力をいただくため、これまでの公表に加えて、区内事業所等において感染者が発生した際の区の公表基準を明確にするとともに、区内の感染状況等の統計データ(一定期間の累計数)を随時公表することとします。

区内の新型コロナウイルス感染症の検査陽性者数について

公表の目的

区は、新型コロナウイルス感染症に関して、正確な情報を発信することにより、誤った情報による地域の混乱を避けるとともに、危機感を区民の皆さま、事業者の皆さまと共有し、お一人おひとりにご協力をいただき、感染症予防の取り組みをより強固なものとする必要があるとの考えのもと、検査陽性者数等を公表します。

個人のプライバシーの保護と人権への配慮等

次の観点から、陽性者個人の氏名、住居地、職業等の情報につきましては、公表はしません。

  1. 個人のプライバシーの保護と人権への配慮
  2. 医療機関や企業の活動への配慮

公表の範囲

  1. 検査陽性者の状況(累計数、入院中、宿泊療養中、自宅療養中、退院等(療養期間経過を含む)、死亡)
  2. 男女別人数
  3. 年代別人数
  4. PCR検査数
  5. 検査陽性者数の推移
  6. 日ごとの感染者数

(補足1)1.検査陽性者、及び5.検査陽性者の推移、6.日ごとの感染者数は、日毎(15時現在)の合計、累計を17時までに区ホームページに掲載します。

(補足2)2.男女別及び3.年代別人数は、月曜日から日曜日の合計を翌月曜日17時までに区ホームページに掲載します。

(補足3)4.PCR検査数については、前日の検査数を翌日17時までに区ホームページに掲載します。

区内事業所等において新型コロナウイルス感染症が発生した場合の公表

  1. 区は、次に掲げる事例に該当し、事業の全部または一部を休止する場合、施設種別や職員・利用者の感染者数等を公表します。
    (1)世田谷区が事業主として雇用する職員が感染した場合
    (2)区立の小中学校、幼稚園、保育園など、世田谷区が設置者である区立施設において感染者が発生した場合
    (3)世田谷区が指導・助言等を行う立場にある保育施設や福祉施設等において感染者が発生した場合には、区立施設に準じて当該施設と調整を行う。
    (4)その他、広く区民に公表することにより、感染拡大防止に寄与すると認められるもので、事業者の同意を得た場合又は事業者が区からの公表を希望する場合
  2. 区は、上記1.(3)及び(4)に該当する事業者が自ら公表を行う場合には、事業者からの申し出に基づき、区のホームページにリンクをはることにより、公表します。
  3. 上記に関わらず、区内で集団感染(5人以上の患者発生)が発生し、誰が出入りしたか特定できず、当該事業所やイベントに参加した方々に感染の可能性の注意喚起を行う必要がある場合は、個人のプライバシーの保護と人権に十分配慮したうえで、迅速に事業所名やイベント名を公表します。
  4. 上記の場合も、感染者個人の氏名、住居地、職業等の情報については、個人のプライバシーの保護と人権への配慮から、公表はしません。

区内感染状況等の統計データの公表

個人のプライバシーや人権、医療機関や企業の活動に配慮しながら、引き続き区民・事業者への注意喚起や感染予防の取組みへの協力をいただくため、以下の区内感染状況等の統計データ(一定期間の累計数)を、随時公表します。

  1. 感染者の累計数
  2. 感染者数の推移
  3. 男女別の感染状況
  4. 年代別の感染状況
  5. 地域別の感染状況
  6. 重症等の患者の状況
  7. 死亡者の状況
  8. 感染源の状況
  9. 濃厚接触者の状況 

このページについてのお問い合わせ先

広報広聴課

電話番号 03-5432-2014

ファクシミリ 03-5432-3001