新型コロナウイルス感染症に係る区内の社会経済状況について【11月11日22時更新】

最終更新日 令和2年11月11日

ページ番号 188939

区ではこの間、新型コロナウイルス感染症への緊急対策として、PCR検査体制の拡充、社会的検査の実施、営業に影響を受けた中小事業者や商店街のための緊急融資、業態転換や新ビジネス創出支援の補助、アーティスト支援、生活困窮世帯の子どもの生活を応援する給付事業など、数次にわたる補正予算により様々な対策を講じてきました。

緊急事態宣言解除後、社会経済活動等のレベルは徐々に引き上げられ、区としても、10月1日から、徹底した感染防止対策を講じることを前提に、区主催イベントや区民利用施設の制限を緩和したところです。

一方、区内の感染者数は依然として高い水準で推移しており、引き続き感染症対策に万全を期すともに、社会経済活動との維持・両立を図るため、さらなる戦略的な施策を実行していくことが求められています。

令和2年10月23日に開催された「新型コロナウイルス感染症対策本部」における有識者との意見交換において、区内の実態を把握したうえで対策を講じるべきとのご意見をいただいたこともあり、これまでの新型コロナウイルス感染症が地域経済や区民生活に与えた影響を今一度把握し、今後、実態を踏まえたより効果的な取組みを進めていくため、「新型コロナウイルス感染症に係る区内の社会経済状況について」を取りまとめました。内容は添付ファイルをご覧ください。

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

政策経営部 政策企画課

電話番号 03-5432-2032

ファクシミリ 03-5432-3047