新型コロナウイルス感染症の影響による後期高齢者医療保険料(令和4年度分)の減免について

最終更新日 令和4年7月15日

ページ番号 198617

昨年度に引き続き、新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入の減少が一定程度見込まれる世帯等の後期高齢者医療保険料(以下「保険料」といいます。)の減免申請の受付を開始します。減免対象は令和4年度に発生した保険料です。

新型コロナウイルス感染症の影響による後期高齢者医療保険料(令和4年度分)の減免について

後期高齢者医療制度は、保険者である東京都後期高齢者医療広域連合により運営されています。この度、新型コロナウイルス感染症の影響による保険料の減免制度について、ご案内いたします。

保険料の減免条件と対象者

世帯の主たる生計維持者(以下、世帯主といいます。)が、次の1又は2の減免条件に当てはまる場合の、その世帯の被保険者。

  1. 新型コロナウイルス感染症により、世帯主が死亡、又は重篤な傷病(1か月以上の治療を有すると認められるなど)を負った世帯の被保険者。
  2. 新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯主の令和4年中の事業収入等(事業収入、給与収入、不動産収入、山林収入)が減少見込みで、かつ、下記の3つの条件すべてに該当する世帯の被保険者。
  • 世帯主の事業収入等のいずれかの減少額(保険金、損害賠償等により補填されるべき金額を控除した額)が、令和3年分の当該事業収入等の額の3割以上であること。
  • 世帯主の令和3年分の合計所得金額が、1,000万円以下であること。
  • 世帯主の減少することが見込まれる事業収入等に係る所得(3割以上減少する収入に係る所得)以外の令和3年分の所得の合計額が、400万円以下であること。

対象となる保険料

令和4年度分保険料:令和4年4月期分から令和5年3月期分の保険料

(注意)令和4年3月中に新たに東京都後期高齢者医療制度の対象となった方は、令和4年度分保険料と合わせて令和3年度分保険料も減免となる場合があります。

また、転入届けの遅れや所得修正による保険料の変更決定等が理由で、過年度分の保険料の納期限が令和4年4月1日以降に設定されている方は、保険料が減免となる場合があります。

詳細については、下記の問い合わせ先までご連絡をお願いいたします。

保険料減免額

保険料減免額と減免後の保険料は、東京都後期高齢者医療広域連合で決定されます。

  1. 減免条件1に該当する方

世帯主と同一世帯の被保険者の保険料額全部

  1. 減免条件2に該当する方

以下の算出方法により、保険料減免額を決定いたします。

(注意)世帯主の事業収入等が、令和3年に比べ3割以上の減少が見込まれても、次の場合は保険料減免額の計算上、減免額が0円になります(結果的に減免されません)。

・3割以上減少が見込まれる収入に係る令和3年の所得が0円の場合(下欄のBが0円)。

・世帯主及びその世帯の全ての被保険者の令和3年の合計所得金額の合計が0円(下欄のCが0円)。

保険料減免額 = 対象保険料額(A×B/C) × 減免割合(D)

(注釈)

対象保険料額(A×B/C)

A:世帯主の世帯に属する被保険者の保険料額(申請する被保険者1人分の保険料額)

B:世帯主の事業収入等のうち、令和4年に比べ3割以上減少が見込まれる収入に係る令和3年の所得額(3割以上減少が見込まれる事業収入等が2以上ある場合はその合計額)

C:世帯主及びその世帯の全ての被保険者の令和3年の合計所得金額の合計

減免割合(D) 世帯主の令和3年の合計所得金額により下表の減免割合となります。

減免割合

世帯主の令和3年の

合計所得金額

減額又は免除の割合(D)

世帯主の令和3年の

合計所得金額

減額又は

免除の割合(D)

世帯主の事業等の廃止または失業(補足)

10分の10

400万円超550万円以下

10分の6

550万円超750万円以下

10分の4

300万円以下

10分の10

750万円超1000万円以下

10分の2

300万円超400万円以下

10分の8

1000万円超(基準非該当)

減免なし

(補足)新型コロナウイルス感染症の影響とは無関係の懲戒解雇や離転職は除きます。

申請方法

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、事前にお電話でお問い合わせ、ご相談をいただいた上で、申請書類をお送りしますので、同封の返信用封筒にて、返信してください。または申請書類を下記「添付ファイル」から印刷し、必要事項をご記入の上、確定申告書等の必要書類を添えて、郵送で申請してください。

(注意)新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ご来庁はお控えください。なお、申請の受付・相談等は、くみん窓口・出張所・まちづくりセンターでは取り扱っておりません。

郵送先 〒154-8504 東京都世田谷区世田谷4丁目21番27号

世田谷区 国保・年金課 後期高齢者医療 保険料担当

提出書類

申請理由に応じて提出していただく書類が異なります。「PDFファイルを開きます新型コロナウイルス感染症の影響による後期高齢者医療保険料の減免について」の4ページをご確認の上、漏れなくご提出ください。

申請期間

令和4年7月15日~令和5年3月31日(区必着)

注意事項

  • 被保険者がお亡くなりになっている場合は、相続人が申請することができます。
  • 減免の可否決定がされるまでの間、保険料は納期限までに一旦お支払いください。
  • 減免の申請をしてから決定までの間に納期限が到来した保険料について、納付いただいていない場合は、法令上督促状が交付されます。ご不快な思いをさせてしまい申し訳ありませんが、何卒ご理解ください。

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

国保・年金課 後期高齢者医療担当

電話番号 03-5432-2390

ファクシミリ 03-5432-3005