世田谷区民の皆さんへ 区長からのメッセージ(1月17日)

最終更新日 令和4年1月17日

ページ番号 195478

区民の皆さんへ

区長メッセージ動画をYouTubeにアップしました。(令和4年1月17日配信)

動画は、こちらからご覧になれます新しいウインドウが開きます

メッセージの全文は以下をご覧ください

世田谷区長の保坂展人です。

オミクロン株の拡大が止まりません。

今回は、区民の皆さんへ世田谷保健所の辻所長と一緒にメッセージをお届けします。

区内においても、直近である1月14日の感染者数は、330人と、1週間前より3倍以上の感染者数となっています。特に心配なのは、高齢者施設、子ども達の通う保育施設、そして学校でも感染が広がっています。1月17日現在で、高齢者施設・事業所は17か所、保育施設は17施設、幼稚園・小学校・中学校19施設と、先週末から急激に感染が拡大しています。また、1つの施設で5人以上が感染するクラスターも、4箇所となっています。

報道によると、この感染状況を踏まえ、1都3県で「まん延防止等重点措置」を国に要請すると伝えられています。

オミクロン株の感染拡大は、まだまだ勢いが止まりません。この感染拡大防止について、後ほど辻所長から、これまでの対策をやはり徹底してくださいと具体的に要請をしてもらうおうと思っています。

世田谷区では2つ、1つは3回目のワクチン接種をできる限り加速します。高齢者施設、高齢者から始めていき、前倒しをできる限り進めてまいります。もう一つは無料の検査体制です。東京都の体制も始まります。区でも準備しています。この2点については、それぞれ別の動画でご説明します。

それでは、感染防止対策について、辻所長からお話していただきます。

(辻保健所長)

世田谷保健所長の辻でございます。

区民の皆さまには、日頃より感染症対策にご協力いただき誠にありがとうございます。

皆様のご協力もありまして、昨年の第5波以降患者発生少ない状態でお正月を迎えることができたのですが、年明けから患者さんが急増し第6波に入ってきました。今回の第6波は、感染力が強いとされますオミクロンという変異株が主流となってきています。

変異株であっても、感染予防の対策は従前と変わりません。

ついては皆さまには今一度、感染予防策の徹底をお願いできればと存じます。

まずはマスクの着用を徹底し、手洗いや手指の消毒をこまめにしていただくこと、3密をさけること、具体的には密閉に対しては換気を良くし、密集に対しては人込みを避け人との距離、できれば2m最低でも1mを取っていただき、密接に関しては、会話はマスクをするなど気を付けていただきたいと思います。

コロナは症状が出る2日前からうつることが分かっています。誰もがうつる可能性がある現在、大切な人と会う場合も、もしその人が患者であってもうつらない、また万が一ご自分が患者さんであっても自分からうつさないという意識で、換気や会話の時のマスク着用、マスクを外す食事時等は会話をせずに、向かい合って座らないことなど、引き続き注意をお願いいたします。

皆様にはもう2年間もお願いばかりしていますが、この第6波が過ぎるまで、今しばらくのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。

このページについてのお問い合わせ先

広報広聴課

電話番号 03-5432-2014

ファクシミリ 03-5432-3001