平成30年度「共生社会ホストタウン」推進事業 せたがや 障害者・まち!交流塾を開催しました

最終更新日 平成31年3月29日

ページ番号 180566

世田谷区は、「ユニバーサルデザインのまちづくり」及び「心のバリアフリー」に向けた取組みを進める国の「共生社会ホストタウン」に選定されています。4年目の交流塾では、「共生のまち世田谷」を実現していくために、商店街とともに、皆さんで学び、考えました。

内容の詳細は、PDFファイルを開きます報告書をご覧ください。

概要

日時・場所

平成31年(2019年)1月18日(金曜日) 午後6時30分~午後9時15分(午後6時開場)

成城ホール(東京都世田谷区成城6丁目2番1号) 

障害者と商店街の交流事例発表

  • 「しもきた商店街」の交流事例の発表

共生社会ホストタウンとしての取り組み発表

  1. 「川崎市」の取り組みの発表
  2. 「世田谷区」の取り組みの発表

商店街における障害理解促進にむけたワークショップ(会場参加型)

6班に分かれ意見交換を実施。

【テーマ】アメリカ合衆国の共生社会ホストタウンとして、オール世田谷で「共生のまち世田谷」を実現していくために私たちができること

【コーディネーター】朝日 雅也 氏(埼玉県立大学教授)

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

障害施策推進課 計画担当

電話番号 03-5432-2958

ファクシミリ 03-5432-3021